ピクシブ百科事典

ねんどろいど

ねんどろいど

『ねんどろいど』とは、グッドスマイルカンパニーの販売するフィギュアシリーズの一つ。
目次[非表示]

概要

主に漫画アニメから、多種多彩なキャラクターを二頭身にデフォルメした可動フィギュア、またはそれを模したオリジナルフィギュア。略称「ねんどろ」。
名前の由来は粘土で出来ているから……ではなく、「ねんどろん」という原型チームが制作しているため。

2006年にワンダーフェスティバルにて限定販売された「ネコアルク『換装!ブーブー顔』編」が記念すべきシリーズ第1弾の商品であり、最初の一般販売もそれの仕様変更品。現在は限定販売・受注生産・発売予定のものも含めると実に1,000体以上が展開されている。

初期は2千円台後半から3千円台と、フィギュアの中では安価な値段で売られており、フィギュア入門のような位置づけであった。
2010年代からは、オプションの増加や人件費・原材料費の値上がりを受けて5千円を超える事も珍しくなくなったが、完成済みフィギュア全体で定価が軒並み高騰しているので、相対的に安いのは変わらない。

また、二等身フィギュアという独自の商品スタイルを取っているためか、他の企業(バンダイなど)にフィギュアの主な販売権があるキャラクターも展開されることがある。

購入する際の注意点

ここに書いてあることは、ねんどろいどに限らずフィギュア全般、引いては収集系の趣味全体に当てはまることなのを念頭に入れてもらいたい。

可動範囲

パッケージ等の記述ではアクションフィギュアと銘打ってはいるものの、可動させられるのは基本的に首・腕・脚の付け根に限られ、可動も1軸のみとなっており、さらに2頭身な事もあって大してダイナミックなポーズがとれるワケではない。

それを実現させた商品は一応あるが、全体のごく一部でしかない。これについてはバリエーションと余談を参照。
結局のところ、アクション性を求めるなら他所を当たれということである。

品薄・高騰

基本的に多く売れる商品ではないため、予約を受け付けた上でそれと同数+不良品対応等の予備だけ作るという「受注生産」に近い売り方をしている。

よほどの人気商品、新作アニメ決定、版権元が再販に積極的といった理由がなければ追加生産はされないので、ものによっては定価の2倍以上のプレミアがつくことも。
確実に欲しい場合は発売前の予約が安定である。もし予約し損ねたとしても、発売日(発送日)を覚えておいて、オークションやフリマアプリのチェックは欠かせない。

かといって思考停止して全部予約していると、発売後に数年経っても定価、あるいは値崩れした光景を見て「無理して買わなくてもよかったじゃん」と後悔することもあるので難しいところ。

メンバー欠員

いくら低価格とはいえ、主要人物全員がラインナップしているわけではない。つまり定番のメンバーのうち誰かが足りないということが起こる。
残念ながら大抵は揃わず、ヒロインや女主人公だけで商品展開が終了してしまう。特に男の主人公も欲しいと思っている人には辛いものがある。

好きなキャラだけあればいいというなら問題ないが、全員揃えたいなら下調べは欠かしてはいけない。それを補完するため、「ガレージキット」という形態の商品もあるが、販売方法が特殊なうえ、プラモデルの数段上の工作技術を要求されるためハードルは高い。

自分で作る強者もいるのだが、工作の素人からすれば現実的ではない。

その他

これはあくまで特殊事例だが、『ストライクウィッチーズ』のメイン11人は全員揃うまで約8年かかってしまった。そのせいで、並べると体のバランスが微妙に違う。こういった「発売時期のズレによる違和感」も注意したい。
もともと人数が少ないおかげで結果的に早く揃ったり、多くても商品展開が早いのであれば、ほぼ心配はいらない。

このほか、『NARUTO』は2021年現在のところ国内販売の予定がない。日本発祥のコンテンツなのに日本で発売されないということも極まれにある。

ラインナップ

ほとんどがアニメ(いわゆる2次元)からだが、ドラマや実写映画のキャラクター、ごくわずかに実在の人物までも商品化されている。

主なシリーズ

同一人物や付属品のわずかな違いなどを除いて、計5種(5人)以上を基準とする。

以下の表は第1弾の通し番号順に並べている。一部で通し番号の大きい方が先に発売されるのは、生産・発送の日程が違ったり、延期されたりといった事情がある。

作品・シリーズ第1弾初版発売備考
Fateシリーズ001 ネコアルク「換装!謎のジェット飛行」編2006年4月
涼宮ハルヒシリーズ009 涼宮ハルヒ2007年6月
VOCALOID033 初音ミク2008年3月
ストライクウィッチーズ057 宮藤芳佳2009年3月
東方project074 博麗霊夢2009年8月
けいおん!082 秋山澪2009年11月
ブラック★ロックシューター106 ブラック★ロックシューター2010年8月
クイーンズブレイド114 レイナ2010年8月
魔法少女まどか☆マギカ174 鹿目まどか2011年8月
ペルソナシリーズ238 天城雪子2012年7月
アベンジャーズ284 アイアンマン マーク7 ヒーローズ・エディション2013年3月
インフィニット・ストラトス306 篠ノ之箒2013年8月
ガールズ&パンツァー310 西住みほ2013年6月国内生産
物語シリーズ335 戦場ヶ原ひたぎ2013年11月
進撃の巨人360 超大型巨人&進撃のプレイセット2013年12月
艦隊これくしょん371 島風2014年3月
ポケットモンスター425 レッド2014年9月ファイアレッド・リーフグリーン』でのデザイン
ラブライブ!シリーズ444 矢澤にこ2014年11月僕らは今のなかで」の衣装
ハイキュー!!461 日向翔陽2015年1月
スター・ウォーズ501 ストームトルーパー2015年10月「502 ダース・ベイダー」との同時発売
刀剣乱舞511 三日月宗近2015年8月
アイドルマスターシンデレラガールズ512 渋谷凛2015年9月
ご注文はうさぎですか?558 チノ2015年12月
おそ松さん623 松野おそ松2016年8月
この素晴らしい世界に祝福を!630 アクア2016年11月
Re:ゼロから始める異世界生活663 レム2017年1月
NARUTO682 うずまきナルト2017年4月日本未発売
僕のヒーローアカデミア686 緑谷出久 ヒーローズ・エディション2017年4月
オーバーウォッチ730 トレーサー クラシックスキン・エディション2017年8月
けものフレンズ752 サーバル2017年10月
家庭教師ヒットマンREBORN!912 沢田綱吉2018年12月「913 雲雀恭弥」との同時発売
黒子のバスケ1032 黄瀬涼太2019年5月
アークナイツ1145 アーミヤ2019年12月
犬夜叉1300 犬夜叉2020年10月
ツイステッドワンダーランド1478 リドル・ローズハート2021年6月

実在の人物(通し番号順)


バリエーション

ねんどろいどぷち

オプションのパーツや梱包を省いて小型化された身長約65mmのトレーディングフィギュア(いわゆる「箱ガチャ」)。1カートンにつきシークレットが1つ同梱されている。
集めやすさもさることながら、DEATH NOTE』のワタリなどという単体商品化は絶望的なキャラクターがラインナップしているのも見どころ。

実在のアーティストであるClarisLinKinPark、さらに新日本プロレスの所属プロレスラーも発売された。
しかし残念ながら、2019年の『刀剣乱舞』でラインナップが止まっている。

ねんどろいどもあ

着せ替え用の衣装やアフターパーツ、ねんどろいどを室内に飾る時に重宝する吸盤などのサブライン商品。

ねんどろいどぷらす

ねんどろいどをモチーフとしたラバーストラップやぬいぐるみ等を展開している。

ねんどろいどこ~で

ヘッド・トップス・アンダー・シューズの4つの部位で構成されたパーツを自由に交換可能。完全な固定フィギュアとなっており、通常のねんどろいどとはパーツの入替はできない。しかし交換用の手脚パーツや付属品が省かれている分、従来に比べて低価格となっている。

ねんどろいどど~る

2.5等身の着せ替えフィギュア。通称『ねんど~る』。
本家とは違ってフル可動素体を基にしており、その素体も別売りされているので好きなねんどろの頭部を接続することができる。
髪のない頭部も別売りで発売しているため、5インチ径のウィッグをかぶせてドールのような仕様にすることも可能(それに関してはねんど~る独自の仕様)。

素体仕様は先行して発売しているキューポッシュと似通っており、着せ替え可能な点と靴底のマグネットで自立で来る点も同様だが体格はこちらのほうが細身かつ長身。ついでにスタンドもポッシュと似通っているため競合商品と見ていい。
しかしポジションの食い合いになりそうな矢先、ねんど~る発売2年目を迎えた2020年にキューポッシュ側が展開を終了したため、結果的にだが、ねんど~るがキューポッシュのポジションを奪う形となってしまった。

ねんどろいどSwacchao!

プレイバリューを椅子に座らせるに抑えて、オプション類を一切省いた低価格路線。
一部のキャラクターは、本家に座らせるポーズをさせられるオプションとして、下半身と椅子を別売りしている場合もある。
そのため、コレクションしやすさ(手軽さ)に重きを置いていても、「ぷち」の後継というわけではない。

pixivにおいて

既に商品化されたキャラクターを撮影した写真はもちろん、商品化希望の意味を込め、未だ企画されていないキャラクターをねんどろいど風にデフォルメさせた想像画も投稿されている。

センシティブな作品センシティブな作品


5.年度ろいどマトイ
ねんどろいど ベル


ねんどろいど風シャドームーン
ねんどろいど オカリナ 好評発売中!



類似商品

バンダイ

  • chibi-arts(チビアーツ)

顔の雰囲気以外はほぼ同じバランス。2013年のトニートニー・チョッパーを最後に商品展開は停止。
プリキュアワンピースTIGER&BUNNYなどはchibi-artsでしかデフォルメ可動フィギュアがない。
ちなみに第1弾は仮面ライダーWサイクロンジョーカー

  • 魂バディーズ
ねんどろいどより等身が高い。背景パーツと台座が付属する。
差し替えパーツもなく、全身が一切動かないという割り切った内容。
低コストを活かしてマイナーキャラも揃えようというわけでもなく、初音ミクを最後に消えた。

  • ぷちゅあらいず
プラモデルの「フィギュアライズ」の流れを汲むシリーズ。ロゴの下には「Petiture-rise」と書かれている。
例によって雰囲気は違うものの、ねんどろいどのプラモデルバージョンといった方向性で表情付けもできる。頭部が大きく見えるため等身はねんどろより大きく感じる。

第1弾はAqoursラブライブ!サンシャイン!!)が選ばれ、9人を3組に分けて、3人1組で発売された。
商品1箱で組み立てられるのは1人だけで、残り2人は胴体が足らない(生首)状態になってしまう。商品紹介では「1人を選べる」と掲げられており、コンパーチブル仕様と言えば聞こえはいいが、その実態は3人揃えたければ3箱買う必要があるという複数個買いを強いる内容。
もし我慢して揃えた場合、余り2人×3箱=余り6人、9人全員なら18人分の生首が転がるという意味不明な状況を覚悟しなければいけない。

第2弾のあんこうチームガールズ&パンツァー)では人数分のボディを用意しているため改善されたものの、前回の失態が売り上げに響いたのかここで打ち切られた。

  • ぷちりっつ
ぷちゅあらいずの後継。
表情パーツが無く、等身を上げて腕を可動するようにしている。
集めやすかったのか売れ行きは良好だったが、塗装のハードルが高いためお手軽とは言えないのが欠点。
これまでに『Fate/GrandOrder』から計8人発売されたが、やはりというべきか、2020年のセイバーにて1年という儚い命を散らした。

  • Figuarts mini
chibi-artsの後継。『鬼滅の刃』のをコンプリートしている。
ぷちりっつと同じく表情パーツは無いが、chibi-artsや魂バディーズでは果たされなかった「低価格を活かして、大人数のメンバーを全員揃える」という偉業を成し遂げる。

バンダイ以外

2.3頭身(公式情報)のため腰と肘、膝が動く。また、ねんどろいどもあに相当するオプション群の「キューポッシュえくすとら」も展開されている。
フレームアームズ・ガールガールズ&パンツァーが主なシリーズ。ダージリン西住まほなど、ねんどろいどでは未商品化のキャラクターもいる。
『ねんど~る』の項にて述べたとおり、それと入れ替わるように展開が停止している。

  • パルフォム(ファット・カンパニー)
およそ3~3.5頭身とキューポッシュよりさらに頭身が高い。

  • ナノリッチ(グリフォンエンタープライズ)
ねんどろいどと同じぐらいの頭身。ナノリッチVC(ボイスコレクション)という派生商品もある。

余談

  • 『ねんどろいどじぇねれ~しょん』なるクロスオーバー作品がある。
  • シリーズNo.500「桜ミク」より生産拠点が中国から国内の鳥取倉吉工場へと移転しているが、この製品は倉吉市への「ふるさと納税」の1万円以上納税記念品としても配布されている。
  • 概要にて「大胆なアクションポーズはとれない」と書いたが、シリーズNo.121「セイバー・スーパームーバブルエディション」という21箇所可動を実現した例外もある。
  • 単に名前が似ているだけだが、『ドラえもん』に登場するアイテムネンドロンなんてものがある。なお、ドラえもんのねんどろは未だに発売していない。


関連タグ

グッドスマイルカンパニー
アクションフィギュア デフォルメ ちびキャラ SD 2頭身 2.5頭身
Project_mirai
ミクダヨー - ねんどろいどの着ぐるみ。
ネオ・ジオングハルユニット) - ねんどろいどの器として降臨した新たなる刺客。
キューポッシュ

関連リンク

関連記事

親記事

グッドスマイルカンパニー ぐっどすまいるかんぱにー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ねんどろいど」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ねんどろいど」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7040740

コメント