ピクシブ百科事典

戦場ヶ原ひたぎ

せんじょうがはらひたぎ

戦場ヶ原ひたぎとは、『化物語』および〈物語〉シリーズのメインヒロインである。
目次[非表示]

「キスをしましょう、阿良々木くん」

概要

CV. 斎藤千和
ひたぎクラブ」、「ひたぎエンド」のメインキャラクター。
蟹に行き遭った少女。

解説

身長165cm。誕生日は7月7日。 学業はトップクラスで、教科書を全て暗記している。
儚げな美貌、難病をかかえている身の上ゆえに、学校では「深窓の令嬢」とみなされている。
同級生や教師とは、ほとんど会話しない。ただし、気心の知れた友人の前では毒舌家と化す。
自他共に認めるツンデレキャラだが、デレの「デ」の字も見せなかった最初期には阿良々木暦から「ツンデレというよりツンドラ」と評されていた。

仇名は「ガハラさん」。(命名は暦)
中学時代は陸上部に所属。(現在は未所属)その際、バスケ部に所属する下級生だった神原駿河(かんばる・するが)と合わせ、ヴァルハラコンビ(神の「ばる」と戦場ヶの「はら」、更に北欧神話の「の聖地」を意味する「ヴァルハラ」をかけたもの)と呼ばれていた。(広めたのは神原本人)

「蟹」に行き遭い、その鋏によって『体重』を切り取られ、元の体重からなんと5kgという異常に軽い体となってしまう。そのため、服の下にはバラスト代わりに無数の文房具を仕込んでおり、ときに飛び道具の要領で武器として扱ったりもする。

まよいマイマイ」で自分から暦に告白し、付き合うことに。

かれんビー」では、かつて自分を騙した詐欺師、貝木泥舟と対峙する。それにより、自分の過去にけじめをつけることができた。
更に「つきひフェニックス」では暦に対し徹底的にデレるようになった。暦曰く、「ツンドロ」。ただし、その後の話では、若干元に戻っている。

上記2作の時期には、人を遠ざける態度を改めようとした羽川翼によって、更生指導をされていたのだが、当の戦場ヶ原は彼女に対して恐怖心を抱いていた。
しかしいざ更生が完了し、「猫物語(白)」の頃になってみると、羽川をして「ちょっとウザくなった」と言わしめるようになっている。
それでも友人同士として、まっとうな人間関係を築けるようになったらしく、羽川家が火災により全焼した際には、しばらく彼女を家に泊めていた。

高校卒業後は、毒舌が復活し内容もR18化していることが、『花物語』で語られている。



















ネタバレ注意
『結物語』では社会人として海外の企業に勤務しており、暦とは遠距離恋愛という形になっているが、大学生になった頃から些細な喧嘩がたえなくなったことが明らかになっており、2回程口論の末の大喧嘩により破局、後に復縁するという事態を繰り返しており、劇中では3度目の破局の危機に直面している。









『化物語』のメインヒロイン達の中では、怪異である八九寺真宵を除いて、唯一語り手を務めたことがない。(怪異は語り手を務めることができないというルールがある)
羽川翼は『猫物語(白)』、神原駿河は『花物語』、千石撫子は『囮物語』でそれぞれ語り手を務めた。


関連イラスト

祝!化物語アニメ化!
ひたぎさん


戦場ヶ原
戦場ヶ原 ひたぎ


関連タグ

化物語 恋物語 阿良々木暦
ツンデレ  ホッチキス 蕩れ
ガハラ ガハラさん ひたぎ 戦場ヶ原したぎ

ついに某アニメの二次創作設定から生まれたネタの餌食に
変態ひたぎさん 戦場ヶ原ほむら
しかも中の人繋がり。更に両方ともアニメーション製作がシャフト

他の記事言語

Hitagi Senjougahara

pixivに投稿された作品 pixivで「戦場ヶ原ひたぎ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16159765

コメント