ピクシブ百科事典

つきひフェニックス

つきひふぇにっくす

「つきひフェニックス」とは、西尾維新の小説『偽物語』のうち、阿良々木月火を扱ったストーリーである。
目次[非表示]

概要

「つきひフェニックス」とは、西尾維新小説偽物語』のうち、阿良々木月火を扱ったストーリーである。

解説

主人公阿良々木暦の下の妹である阿良々木月火を巡るストーリーである。が、彼女の核心に迫る部分は本の後半になってからであり、前半は主人公である兄、阿良々木暦のセクハr…ゲフンッ!これまでに登場した女の子との触れ合いがメインとなっている…と、言えなくもないのである。
アニメでは、第8話から第11話にあたる。

あらすじ

夏休みも残すところ約一週間となった8月14日。

早朝、一悶着あって、阿良々木暦は妹の火憐神原駿河に紹介するべく彼女の家に行く事になった。

その行きと帰りに、京都弁の女性―――影縫余弦と、キメ顔の童女―――斧乃木余接に、道を訊ねられる。

暦はなぜか、彼女たちの正体が気になるのだった。

関連タグ

偽物語
阿良々木暦 阿良々木月火 阿良々木火憐
影縫余弦 斧乃木余接 貝木泥舟
ホトトギス 不死鳥
白金ディスコ

pixivに投稿された作品 pixivで「つきひフェニックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16531

コメント