ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「そう。貝塚の貝に、枯れ木の木だ」

概要

CV. 三木眞一郎
忍野メメと同じ怪異の専門家で、かつて戦場ヶ原ひたぎを騙した詐欺師。
黒い喪服の様なスーツに身を包んだ「不吉」な男。初出は『偽物語』。

解説

金銭のためなら、子供でさえ騙すことも厭わない。「命より金が大事」を本気で信条にしている
詐欺師であるが、ひたぎを騙した時は「ゴーストバスター」を名乗っていた。
「嘘の怪異」ならぬ「偽物」の使い手。
『偽物語』では、「おまじない」と言う形で町一つの中学生を対象に大掛かりな詐欺を行なっていた。かつて千石撫子が苦しめられた「蛇」も、このおまじないの一種であることが判明する。
阿良々木火憐に捕捉された時は、偽物の怪異「火蜂」によって回避するなど、「荒事は専門外」と言いつつそれなりの実力はある。むしろデリケートな対応を要する怪異に関しては、臥煙伊豆湖からは「メメか泥舟が居てくれれば」と戦闘特化の影縫余弦より頼りにされている。元陸上部で脚力も神原駿河を凌駕するほど。
何かをするからには自分にとって何らかのメリットがあるなど納得力のある理由が必要なのか、やるべきと思ったことに対して納得力のある理由があるか自問自答を繰り返しながら探したりするなど、彼なりに筋を通している。
意外と魅力的な一面があるらしく、ファンも少なくない。
セカンドシーズン最終作『恋物語』では語り手を務めた。

初登場した『偽物語』では黒い喪服の様なスーツに身を包んだ不吉な男と描写されたが、必要とあらばアロハだって着る



忍野メメ影縫余弦、そして臥煙とは同じ大学でオカルト研究会に所属していた。
また臥煙の姉である神原遠江(旧姓:臥煙遠江)について昔世話になった、憧れていたと話しており、その関係から遠江の娘である神原駿河を気にかけているようである。

時系列的には『恋物語』の後になる『花物語』にも少しばかり登場する。こちらでは銀縁メガネを付けるなど少しスタイルが変わっている。

肉



貝木三段活用

彼は時折熟語の如く対価として金を要求してくる。
その一例が
「知りたいか? 教えてやろう 金を払え」である。

関連イラスト

古い木
貝木泥舟
貝木 リア充モード



関連タグ

化物語 偽物語 恋物語
戦場ヶ原ひたぎ 神原駿河
忍野メメ 影縫余弦 臥煙伊豆湖
化物語CP

関連記事

親記事

偽物語 にせものがたり

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「貝木泥舟」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「貝木泥舟」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4183034

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました