ピクシブ百科事典

蛞蝓豆腐

なめくじどうふ

蛞蝓豆腐は、物語シリーズに登場する怪異のひとつ。
目次[非表示]

※一部恋物語、愚物語のネタバレを含みます

概要

蛞蝓豆腐は、恋物語及び愚物語に登場する怪異(正確には、この二体は違うものである)。
囲い火蜂同様元は貝木泥舟の作った偽物の怪異。貝木が使ったものと、後にとある事情で「千石撫子が作ったものがある。

恋物語での蛞蝓豆腐

貝木が、蛇神と化した撫子を人間に戻す際に使った。蛞蝓なのは、「三竦み」において蛇を食む存在であるため。偽の怪異のため蛇神を封じるほどの力はないが、撫子本人に「ぬらりと生きる蛞蝓を受け入れる気持ち」があったため作用したらしい。

愚物語での蛞蝓豆腐

斧乃木余接が、阿良々木月火を、自身が「魔法少女である」と騙すために、何かと戦う場面を演出する際に使用。
撫子の中に残っていた蛞蝓豆腐の残滓を再利用する形で、撫子が蛞蝓の絵を描くことにより紙に存在を写し取った。それを巨大な蛞蝓として具現化させ、月火の目の前で戦って見せた(この際、撫子に式神を作る能力がある伏線が張られている→撫物語)。
実は蛞蝓豆腐は「体表から炎を吹き出す」ことができた。死体である余接にとって火は天敵であるため、彼女は「貝木がいざと言う時のために、自分を始末できる手段を日常的に有していたのではないか」と考察している。
こちらは紙に描かれた存在に過ぎないため、描かれた紙そのものを折りたたんでしまえば封じられる。

関連タグ

物語シリーズ
妖怪

関連記事

親記事

物語シリーズ ものがたりしりーず

兄弟記事

コメント