ピクシブ百科事典

シンフォキュア

しんふぉきゅあ

シンフォキュアとは『プリキュア』シリーズと『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズのコラボタグである。
目次[非表示]

概要

「変身戦闘美少女もの」という基本分野が共通している事もあって、『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズは『プリキュア』シリーズ全般と一定の親和性を持つ。

スイートプリキュア♪とシンフォギア

特筆すべきは、双方ともに音楽をモチーフにしている『スイートプリキュア♪』とのシンクロ度の高さである。

  • ヒロインに「響」「奏」の名の付くキャラがいる(加えて、名字下の名の違いはあるが「しらべ」も)。
  • ヒロインの敵となる存在の名前が、雑魚首領の違いはあれどどちらも「ノイズ」である。
  • 共通の出演者として大久保瑠美キュアミューズ / 響が助けた子供)が居る。
逆に相違点としては、
  • 『シンフォギア』組は高校生以上、『スイート』組は中学&小学生。
  • 第1話でいきなり天羽奏が戦死、一般市民も情け容赦なく死にまくる(いわゆる「モブ厳」)深夜帯の『シンフォギア』に対し、ニチアサの『スイート』では味方及び一般人には一切の死者が出ておらず、敵側の死亡(消滅)者も劇場版のみ。
……等がある。

プリキュアシリーズ全般とシンフォギア

もちろん『スイート』に限定されない共通要素も存在。

また、プリキュアのみならずニチアサ変身ヒーロー全般の要素を多く備えているのがシンフォギアである。「司令官枠・博士枠があるチームヒーロー」「バイク、人外化、敵と同質の力を根源としている」といった要素にも着目すると、より双方を楽しめることだろう。

『スイート』以外での共通出演者は?

ここでは以下の表で『プリキュア』シリーズ全体を見渡してみよう。十年以上に渡る長寿作品であるプリキュアと、4期に渡って続編が制作された『シンフォギア』という組み合わせにより、少なくない数の名前が並ぶことになる。

声優名シンフォギアでの役名プリキュアでの役名(作品名)
悠木碧立花響クックプリアラ劇場版
水樹奈々風鳴翼花咲つぼみ/キュアブロッサム(ハートキャッチ)
高垣彩陽雪音クリス天宮かえで(スター☆)
沢城みゆき櫻井了子アリサ(MaxHeart)、トワイライト/紅城トワ/キュアスカーレット(Go!プリンセス)
高山みなみ天羽奏ダークプリキュア(ハートキャッチ)
堀江由衣セレナ・カデンツァヴナ・イヴリコ/キュアマジカル魔法つかいプリキュア!)、織原つむぎハピネスチャージ劇場版
日笠陽子マリア・カデンツァヴナ・イヴシンデレラスマイル劇場版
水瀬いのりキャロル・マールス・ディーンハイムキラリン/キラ星シエル/キュアパルフェキラキラ☆プリキュアアラモード
寿美菜子サンジェルマン菱川六花/キュアダイヤモンド(ドキドキ)
小松未可子安藤創世香久矢まどか/キュアセレーネ(スター☆)
井澤詩織ミカ・ジャウカーンストップ(Go!プリンセス)、エリHUGっと!
木野日菜ティキフワ(スター☆)
井上喜久子ナスターシャ教授番慶子(ハートキャッチ)、ベニーギョ(魔法つかい)、庵野たんぽぽ(HUGっと!)
久野美咲エルフナインパンGo!プリンセス劇場版
東山奈央寺島詩織パフ(Go!プリンセス)
赤﨑千夏板場弓美緑川はる寺田るな岡田まゆ木角まゆみ他(スマイル
三木眞一郎アダムリストル(HUGっと!)
山路和弘風鳴八紘ベール(ドキドキ)
関俊彦立花洸星空博司(スマイル)
麦人風鳴訃堂桃園源吉フレッシュ)、四葉一郎(ドキドキ)

主役級の戦闘要員(プリキュアは妖精も)は太字敵側は斜体字

作品としては『スイート』の前作『ハートキャッチ』の出演者が多く、また正規のプリキュア担当声優は水樹・寿・沢城・堀江・水瀬の5人。この内、『シンフォギア』で生存している役を演じているは水樹ただ一人・・・だったのだが(後述)。

日笠については番組改編時の新キャスト予想・要望で名が挙がったりはするものの、未だゲスト出演止まりというのが実情である。次いで2017年度と2019年度はプリキュアとターゲットがほぼ同じ女児向けアイドルアニメにてマリアと何もかもがそっくりなアイドル役にレギュラー出演があるため、現段階では両立は難しいのかもしれない。

一方、雪音クリス役の高垣彩陽は所属するユニット「スフィア」から、『ドキドキ!プリキュア』に寿美菜子、『ハピネスチャージプリキュア!』に戸松遥が相次いで起用された事で、気の早いファンからは「2015年の新作出演があるのでは?」という声も挙がっていたが、それから4年後の2019年放送の『スター☆トゥインクルプリキュア』において天宮えれな/キュアソレイユの母親かえで役で出演することになり先の二人の前例によりプリキュア役での出演を期待したファンも少なくない中、まさかのママキュアでの出演となった。
こうなると残りの一人・豊崎愛生にも同等に可能性は残っており、また寿とは『けいおん!』繋がりでもある……という、「音楽モチーフ」というキーワードをめぐる背景が存在しているのもファンの期待を地味に煽っている。

神戸屋でアルバイトをする菱川六花とサンジェルマン
また出てほしかったなぁ。


2017年、キュアパルフェ役が水瀬いのりである事が発表されファンが盛り上がったのと同じ頃、プリキュア経験者かつ「スフィア」のメンバーである寿が『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』にて敵側のサンジェルマン役に。これによりキャロルが光落ちしたのと入れ替わりでキュアダイヤモンドが敵に回る形となった。そのサンジェルマンは終盤で共闘するも最終的に死亡と、未だにプリキュアの変身者を演じてシンフォギアでメインキャラを演じると死亡しやすいと言うジンクス(※)からは抜け出せずにいる。

朝と夜のバトルヒロイン


そして主人公・立花響役の悠木碧

……等の背景から、待望論が根強い。
そして2017年秋。遂にプリアラ劇場版にてゲストキャラ・・・どころか本映画の敵キャラであるクック役に抜擢。めでたくプリキュアシリーズ初出演を果たした。奇しくも映画のメインがキュアパルフェと、シンフォギアGXでは敵同士だった者での逆の立場としての共演となる。また過去のプリキュシリーズには劇場版ゲストから後のTVシリーズのレギュラーになったあるため、ファンの期待は大いに高まっていると言えよう。
余談だが主人公役という事もあり、水樹以来の「シンフォギアで生存したキャラかつプリキュアの変身者を演じた声優2人目」という可能性(※)も一部では期待されているようだ。

その後、スター☆トゥインクルプリキュア小松未可子キュアセレーネ役に抜擢されたことにより、こちらで演じている安藤創世は戦闘メンバーではないがようやくシンフォギアシリーズで存命中のキャラとプリキュア役の兼任2人目が実現したのだった。

そしてシンフォギアシリーズの歴代のラスボスの内、2018年に三木眞一郎HUGっと!プリキュアリストルを演じた事から、これでプリキュアシリーズ未出演がシンフォギアGでのラスボスであるウェル博士役の杉田智和のみとなった(杉田は東映作品には何回か出演経験あり)。

※……アプリ版『戦姫絶唱シンフォギアXD』では「風鳴翼が死亡した並行世界」も登場するので、それを含めた場合は更に生存率が低下する。

関連タグ

戦姫絶唱シンフォギア 戦姫絶唱シンフォギアG 戦姫絶唱シンフォギアGX 戦姫絶唱シンフォギアAXZ
スイートプリキュア
キュアキャロル:上記の理由により本来の意味から変わってしまったタグ
つぼひび/つばひび:一文字違いの各作品のカップリングタグ
超時空要塞プリキュア:同様に歌要素で用いられる事が多いネタタグ

関連記事

親記事

プリキュアシリーズのコラボタグ一覧 ぷりきゅあしりーずのこらぼたぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンフォキュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12492

コメント