ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ネタそのものはちらほら存在していたにもかかわらず、長らく『ラブライブ!』及び『プリキュア』両シリーズの全体的なコラボタグは存在しなかった。

パンダイナムコグループによるアイドル三部作の他二つ、『アイドルマスター』及び『アイカツ!』両シリーズと『ラブライブ!』の関係にも共通するのだが、実はメインキャラクター同士の中の人繋がりが皆無であったため、まとまったネタが作り辛い、というのも要因の一つであっただろう(逆に『プリキュア』と『アイマス』『アイカツ!』の被りは結構多い)。


ゆえに、コラボネタの肝は必然的に双方のキャラクター性という事になる。


以下、コラボが成立した順に列挙する。

先述した中の人繋がりで最も古い事例は日高のり子氏である。


名前繋がり

下の名前繋がり

「ほのか」描いてみた

名前繋がりという事でネタにし易いのだが、共に物語の起点となった「始まりの存在」である、というのも忘れてはいけない事実。

これで穂乃果のルックスが相方・美墨なぎさ似であったなら「一人ふたりはプリキュア」状態だったのだが、実際の穂乃果はむしろ山吹祈里似だったりする。


こちらも名前繋がりのネタだが、視点を変えると他にも希に当てはめられるキャラが存在する。例えば「生徒会長の親友」なら、秋元こまち(癒し系担当)・日野あかね(大阪弁使い)・菱川六花(自らも生徒会役員としてサポート)等。

しかし実は「イメージカラーが紫」「占いのスキル持ち」「最後の加入メンバー」…と、氷川いおなとの共通点が最も多かったりするのだが。


三たびの名前繋がりにして、カラーリングやボーイッシュなイメージ、サッカーが得意…というところまで一致。前二者と併せてこんなイラストも…。

のぞみ、りん、ほのか、さんにんはプリキュア!【キュアμ's!】


4人目の名前繋がり。放送時期も一致。

魔法つかいスクールアイドル梨子ちゃん HappyBirthday 2021


名前繋がりでは珍しい、プリキュアとラブライブ!シリーズのサブキャラの組み合わせ。


せつな

イメージカラーが赤であること、愛称に「せっちゃん」があること、その名前は偽名であることなど、共通点も多い。

なおアニメ好きのせつ菜はニチアサも愛好しているらしく、仮に放映内容が現実世界と同じであれば、プリキュアシリーズを視聴していてもおかしくない。

それゆえか、こんなネタも。

虹ヶ咲4コマ第1話


名前の読みは異なるが、正式な表記はどちらも「愛」。


以下は、プリキュア以外のキャラと名前が同じラブライブ!シリーズキャラ。


※逆の関係で春野はるか(同2015年)と近江遥があり、両作とも「はるか」「かなた」のカップリングが成立している。

先述のせつな/せつ菜、マナ/愛含め、ニジガクメンバー7人が登場年の2017年にコラボ成立となった。



KU-RU-KU-RU_Cruller!のMVに登場したドラゴンのキャラクターの名前が公募で決定されたが、同時期のプリキュアの登場人物と被ってしまうことになってしまった。


名字繋がり

名字繋がり。イラストは2015年末になってようやく出現した。

なお、ニコニコ静画ではかなり前から確認されている(外部リンク)。


奇しくも登場年が同じで、クール系キャラというのも共通している。


外国人留学生という共通点があるが、ブライアンはイギリス人で金髪なのに対して、ミアはアメリカ人で銀髪。またミアは14歳にも拘わらず、飛び級で高校3年生である。


戦士名繋がり

まさに『キュアμ's』である。この発想しかなかった、その1。


キュアAqours

まさに『キュアAqours』。この発想しかなかった、その2。


ラブライブ!(キュア)サンシャイン!!

タイトル名とプリキュア名の一致。


★ふたりはサニーパッション☆

ユニット名が2人のプリキュアの名と重なっている(イラストは当該プリキュアのコスではないが)。上記のようにサニーの中の人はスクールアイドルも演じている。


また、現状イラストは無いがAqoursのメンバー黒澤ダイヤは完全一致でこそないものの菱川六花の変身後の名「キュアダイヤモンド」、魔法つかいプリキュア!ダイヤスタイルに掛かっている(やや強引ではあるが、妹黒澤ルビィルビースタイルに掛かっている)。

黒澤ダイヤ  ダイヤスタイル黒澤ルビィ  ルビースタイル

ちなみに、ダイヤ役の小宮有紗は『スマイルプリキュア』と同時期に放送していた『特命戦隊ゴーバスターズ』で宇佐見ヨーコ/イエローバスター役を演じており(⇒ダイヤイエローバスター)、今後の『プリキュア』出演にも期待が掛かる

黒澤ダイヤ


その他の共通・類似例

本来の意味でママキュアかつママライブ!な唯一の組み合わせ。

片や女王、片や理事長と、陣営の拠点における「えらいひと」である点も共通している。しかも前者の娘・調辺アコが変身するのは「キュア“ミューズ”」だったりと、このコラボの影の「核」とも言える存在。


当人同士もさる事ながら同士にも共通性が無く、かなりネタにし辛いであろう組み合わせ。

『プリキュア』世界における「ピアノを弾く良家のお嬢様」と言えば思い出されるのは四葉ありすなのだが、結局台詞の無かった母・祥子を井上が演じていれば、その方が絡め易かったかも知れない。


既に母親でも無い。それどころか人間ですら無い。激しくネコライブ!である

どちらかと言えばにこママは『プリキュア』よりもそのルーツとなった美少女戦士セーラームーンとの関わりがクローズアップされる事が多く、それがにこの正体に関する憶測を呼んでいたりもする(が、最新版で演じたのはプリキュアの星空さん中の人だったり……)。


人外ふたたび。そして唯一のババライブ!であるが、後にママライブ!ともなった。

『プリキュア』世界には色々と規格外なババキュアが多く、「高性能ばあちゃん最強伝説」の温床として知られているのだが、こちらのババライブ!の正体も往年の国民的キャラクターを務めたラムライブ!である事を忘れてはいけない。

センシティブな作品

絵里にも電撃のスキルが隔世遺伝しているとすれば、黄瀬やよいとはいい勝負になりそうである。


ここまでは両作品でメインキャラ(プリキュア、スクールアイドル)を演じた共通出演者はいなかったが、2015年になって、プリキュアを演じた共通出演者も出てきた。


本来浅野は大人の役がメインだがママキュアではない。正真正銘の、正規のプリキュアなのである。

みなみはマーメイド!

ハピネスチャージプリキュア!』のメンバーが全員平成生まれの若いチームだった事もあり、ある意味サプライズ人事と言えなくもないが、実は『スマイルプリキュア!』の時点で、キュアサニーこと日野あかねの母・正子を演じていた雪野五月(ゆきのさつき)が、

日野あかねのお母さん 正子さん

同時進行で『聖闘士星矢Ω』のアクィラのユナとして自らも最前線で戦う、という似たような事が起こっていた。

Aquila


プリキュア役としての待望論も少なくなかった東山であるが、今回は妖精役としての起用となった。因みに東山と同い声優次々プリキュアに…。

パフ~!

奇しくもパフ、雪穂共に立ち位置が「」である。


さて、思いがけず親子での起用となったわけだが、こうなると立場が微妙になってくるのが一人あぶれた形の穂乃果の中の人で…

「穂乃果はー? ねえ穂乃果はー!?」

だって可能性感じなかったんだ

…まあ、ここは「次作以降へのフラグが立った」と思うが吉、か。

だが穂乃果の悲劇はこれだけなかった

Go!ムーンデュエラーズプリキュア


コラボとしては直接絡めたものというより、名探偵絡めたネタの方が圧倒的。(そして、ことりママと真姫ママを合わせて、TSFを取り扱った恋愛・格闘漫画ヒロイン三姉妹と見ることもできる)


また、ヒープリに出演した降幡愛は、ラブライブ!シリーズの主役グループスクールアイドルとしては初めて、プリキュアシリーズに出演した声優となった。

また共通出演者ではないが、渡辺月を演じた黒沢ともよは、ドキドキ!プリキュアのオープニングテーマ「Happy_Go_Lucky!ドキドキ!プリキュア」を歌っていた。


そして2020年6月22日…

アースちゃんと海未ちゃん

2020年から放送の『ヒーリングっど♥プリキュア』の夏に登場する新プリキュアのキュアアース/風鈴アスミ三森すずこが演じることが公式から発表された。外部リンク


ちなみに、これまでスクールアイドルとプリキュアの両方を務めたことがあったのは『サンシャイン!!』のライバルキャラ・鹿角聖良を演じた田野アサミのみであり、事実上今回が主役グループ所属のスクールアイドルとプリキュアの両方を演じる初のケースということになる。


更にその後、2020年9月30日、『スクフェスALL_STARS』に実装されたメインストーリー第19章で、初代の一人であるキュアホワイト/雪城ほのかを演じたゆかな演じる虹ヶ咲学園理事長が登場。

登場時点で最新のプリキュア(アース)と最古のプリキュア(ホワイト)がラブライブ!シリーズに揃った。


父親直伝!学校のアイドル学校偶像

トロピカル〜ジュ!プリキュア』では矢澤にこ役の徳井青空桜川咲を演じており、μ'sメンバーからは2人目の出演となる。上記の浅野とは逆に、徳井は本来未成年役の方が多い上に本作のプリキュア役の一部とは年が近いのだが、プリキュア役ではなく今のところプリキュアに深く関わらない大人の役での起用であった(容姿もロリ教師ではなく普通の成人女性)。第25話登場の父親に至ってはドルオタとどこかラブライバーとの親和性を感じる。


他の類似

奏とことりは名字が似ていて、髪色を含めて容貌もかなり似ており、なおかつお菓子作りが得意という共通点もある。


9月12日は何の日?

またきららとことりは誕生日が同じ9月12日である。⇒天ノ川きらら生誕祭南ことり生誕祭


今日は穂乃果誕生日!明日はマナ誕生日!

誕生日が一日違い(マナ:8月4日、穂乃果:8月3日)である他、小学生の頃のエピソードが似ている(どちらも遊びの傾向が男の子とほとんど変わらない)、メンバーを引っ張っていく行動力とリーダー気質、実家が食物関連の自営業(マナ:洋食屋、穂乃果:和菓子店)、生徒会長(穂乃果は二学期以降)、一級フラグ建築士

もっとも、学業成績・運動能力も抜群のハイスペックリーダーであるマナに対して、「特別秀でた面が無いにもかかわらずリーダーとしては比類なき資質を持つ」という穂乃果のリーダーシップはどちらかと言えば夢原のぞみのそれに近い。

なお、それぞれの幼馴染達にも共通点がある(菱川六花園田海未イメージカラーが青の参謀役&ロングヘアー四葉ありす南ことり⇒おっとりした性格&幼少の頃は病弱または体が弱かった)が、セットとなったイラストは一つのみである。

ことりちゃんとありすさん


キングフォームケンジャキ西木野真姫ングフォーム

直接的なコラボは編集当時存在していない(左のイラストも真琴と真姫のコラボと言えるか怪しい)が、どちらもツンデレで名前に「真」の字が入るアイドルである。

しかし、どちらも仮面ライダーブレイドこと剣崎一真のコラボは存在しており(真琴の方は剣崎兄妹ケンジャキ参照)、真姫の発端は剣崎一真の演者・椿隆之真姫推しである事を発言していたからである。ついでに真琴についても本人自らがネタにしてしまった

ラブライダーキュアライダーも参照。


お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。

2014年当時の「」とも言えるコラボ。劇中において共に炸裂させるお米への情熱と愛情は半端ではない(⇒ラブライス!)。そして共に「歌う」キャラクターでもある。

また、絵柄の違いで気付きにくいのだが、何気に外の人繋がりの組み合わせでもあったりする。


うみの日

みなみとは海の日海未の日)が結んだ縁である。

学年上は3つも離れているにもかかわらず、みなみがほとんど年下には見えないのは何故だろう……。


海未については、必殺技(?)のラブアローシュートドキドキ!プリキュアラブハートアローの名前が似ているところから、過去にこんなイラストも投稿されていた。

ラブハートアローシュート!ばぁん♥

海未は古風な家庭、弓道部所属(アニメ版)、ですます調で話す、生徒会副会長、イメージカラーが青、と青木れいかとも共通点が多い。2人とも真面目すぎる故のネタキャラ性があり、ともに山にまつわるネタがあることまで共通点かもしれない。⇒海未れい

Snow halation 01れいかと海未

中の人・三森すずこが類似作品『結城友奈は勇者である』で演じた東郷美森のポジションは『プリキュア』に当てはめるなら奇しくもみなみ・れいかと同じく青キュアであり、即戦力としての期待も掛かる。

東郷美森は勇者で東郷さんと海未ちゃんセンシティブな作品

ちなみに三森は2016年の「ANIMAX MUSIC」で『スマイル』のOP「Let'sgo!スマイルプリキュア!」を熱唱している。

また、後述の通り2020年には中の人繋がりも実現している。


キュアカスタードとまいんちゃんりぴりん

キャラクター自体と言うより中の人の共通性が高いパターン。

凛役の飯田里穂は『天才てれびくん』、ひまり役の福原遥は『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん!』…と、NHK教育テレビの人気番組で活躍した元子役同士。

飯田は後にμ's名義で『第66回NHK紅白歌合戦』に出場、堂々のNHK凱旋を果たしたが、福原も連続テレビ小説2022年度後期の『舞いあがれ!』ヒロインに抜擢され、NHKに凱旋する日が来た。

ちなみに、ニチアサ繋がりで仮面ライダースーパー戦隊に出演していた俳優が連続テレビ小説に出演した事例は多々ある


サンシャイン!!第二期よりポニーテール姉御肌、運動神経・身長が高い、高所恐怖症、怖がるとに抱きつく(確実に分かっている範囲)といった共通点が多くみられる(ハグゥ!も参照)。


ともにチームに深く関わった協力者でありながら、自身は最後までプリキュア/スクールアイドルになることはなかったというのが共通している。ゆいがプリキュアたちの正体を知っていたように、侑もスクールアイドル仲間以外で優木せつ菜の正体を知っていた。ちなみに両者の登場作品のシリーズ構成を担当したのはともに田中仁である。

また、「笑いの沸点が低く、ダジャレで大ウケしてしまう」点では侑は活躍時期も重なる沢泉ちゆと共通する。


ローラ・ラメールに清き一票を!選挙すみれローラ&すみれダイオウグソクムシ

ともにプライドが高く目立ちたがりだが空回りしやすいという点が似ており、またプリキュア/スクールアイドルを当初は自身の目的のための手段と考えていたことも共通。さらに放映上ごく近い時期にどちらも生徒会長選に立候補したが、落選に終わっている。

『トロプリ』の超絶カオス回だった第33話「Viva!10本立てDEトロピカれ!」にも登場したグソクムシを見てすみれのネタを思い出して反応した視聴者も多かった。


ぱんだ軒とのコラボ

片や中華料理店の看板娘、片や中国からの留学生にして共に名前っ娘。らんの方は一人称は「らんらん」なので可可と響きが近くなる。


おいでなさい!優木せつ菜似ている人達

「ヒーローへの憧れ」「前向きでまっすぐな性格」「敬語口調」といった点で雰囲気が似ているという指摘がTwitter 上で盛んに語られており、直接的な関係はないにもかかわらず『ひろプリ』第1話放映日に「優木せつ菜」がトレンド入りするという事態まで起こっている。それゆえにせつ菜推しのラブライバーが『ひろプリ』を視聴するようになったという話もちらほら。

そして、上記イラストのように似たポーズまである。

それに伴ってか、虹ヶ丘ましろ上原歩夢のキャラも似ているという声も挙がっている。


作品全般の共通性

  • 両シリーズは「ポンコツ」ネタが盛んに語られる場であり、とりわけ追加戦士生徒会長キャラが「加入前はクールなのに仲間になったらポンコツ化する」パターンがほとんど呪いのように付き纏っている。



劇中劇

『虹ヶ咲』2期5話ではせつ菜たちが『銀河SHO☆JO隊 トキメキレインボー』なる変身ヒロインのショーを見に行っている。せつ菜としずくによる声援の「ジャッカル」「コスモスフラッシュ(お面の子供も叫んでいた事から、多分必殺技名)」という台詞は、1期第4話でせつ菜と璃奈が語り合ったアニメの登場人物「ジャッカル」と「コスモス」と対応することから、このアニメのことを指している可能性が高い。

そして紫色の半獣人(狼男に近い。どうやら外見に反して、味方の様子)がジャッカル、3人の少女戦士のいずれか(あるいは「コスモス○○」のような全員の共通名称)がコスモスだと思われる。

仮にそのアニメだとした場合、璃奈が子供の頃からずっと見ているシリーズもので、「前作」と言っていることから次々と新作が作られており、ショーの主要な観客からして(恐らく)子供向け、せつ菜や璃奈のような大人(学生以上)のファンもいる、前作は29話や47話が放送されている(通年作品)、激熱な展開といった要素から、どう見てもプリキュアシリーズのパロディと考えられる(悪役のように見える風貌の狼男も多分ウルフルンがモチーフ)。アニガサキはおふざけ全開ではないとはいえよくこんなに攻めたアニメが放送できたものである


部活系アイドル


※1...魔法少女に変身したキュアパルフェで出てくる。

※2...実際には宇佐美いちかがいちごの着ぐるみ(イチゴン)、相田マナが人参の着ぐるみ(まなっしー

※3...実際には武道


共通出演者

無印


サンシャイン!!


虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会


スクールアイドルフェスティバルALL STARS

(※はアニメ版虹ヶ咲にも同役で出演した)


スーパースター!!


蓮ノ空女学院スクールアイドルクラブ

声優名プリキュアラブライブ!
前田玲奈日下織江えな
松井菜桜子ミズ・シタターレリボン花帆の母

幻日のヨハネ

声優名プリキュアラブライブ!
久野美咲パンネギーナミ&ミキ
飛田展男リーヴァトノサマ

スタッフ

第1作目のキャラクターデザイン及びサンシャインやスーパースターの作画監督を務めた西田亜沙子は『スイートプリキュア♪』でキュアミューズのプリキュア・スパークリングシャワーのバンクシーンを担当。


田中仁ドキドキ!プリキュア以降の複数作品でプリキュアシリーズの脚本を手掛けているが、それと同時にアニガサキのシリーズ構成・脚本も手掛けている。


ラブライブ!スーパースター!!』と『ひろがるスカイ!プリキュア』のキャラクターデザインはともに斎藤敦史が手掛けている。


幻日のヨハネ』と『スイートプリキュア♪』のシリーズ構成は共に大野敏哉が担当。


ついでの話

ラブライブ!シリーズは基本的にあまり男性声優の絡まないコンテンツであるが、2017年には『ラブライブ!』OP「それは僕たちの奇跡」をジョーカー役の三ツ矢雄二レッド役の井上和彦いちご山の長老役の水島裕がユニット『FULL Kabs』を結成し、カバーしている。この歌は2020年2月開催のアニメ紅白でも披露された。


シリーズのメンバーには劇中うらポジよろしく顔が画面で見切れているキャラが度々出ることも


別作品だが『100万の命の上に俺は立っている』の劇中劇に「ふたりはマジハナイト」というアニメがあり、これがまんまプリキュア。そしてキャストが初代が高槻かなこ降幡愛、2代目が斉藤朱夏、3代目が諏訪ななかというAqoursメンバー。2つとも狙っているだろこれ!


同じく別作品だが、プリティーシリーズ最新作『ワッチャプリマジ!』では中の人的に南ことりキュアエール中須かすみキュアエトワールがそれぞれコンビを組んでいる。


ラブライブはアニメとは別に舞台として『スクールアイドルミュージカル』が企画されたが、その翌年、プリキュアシリーズは『Dancing☆Starプリキュア』と言う舞台オリジナル作品が発表された。


関連タグ

プリキュアシリーズ一覧 プリキュアシリーズのコラボタグ一覧

ラブライブ! ラブカツ! アイマス×ラブライブ ラブライブ!のコラボタグ一覧

ラブライス! 小泉花陽 大森ゆうこ

のぞりん/りんのぞ ほのえり のぞえり


ラブライブ!×ニチアサ繋がり

ラブライダー ラブライブ!×スーパー戦隊

関連記事

親記事

プリキュアシリーズのコラボタグ一覧 ぷりきゅあしりーずのこらぼたぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 521176

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました