ピクシブ百科事典

東郷美森

とうごうみもり

東郷 美森(とうごう みもり)とは、『勇者であるシリーズ』第2弾のテレビアニメ『結城友奈は勇者である』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

「友奈ちゃん、気をつけてね」
「新たなる国防の始まりね」

友奈の同級生で親友。良き理解者。
家も隣同士で、よく一緒に行動している。上品でおっとりしているが、パソコンやお菓子作り、その他諸々と多才で、濃ゆい一面を見せることも。
(『結城友奈は勇者である -結城友奈の章-』キャラクター紹介)

友奈の親友で二年生。色々な事に精通しており、皆に一目置かれている。
(『結城友奈は勇者である -勇者の章-』キャラクター紹介)

プロフィール

出演作品結城友奈は勇者である
肩書き勇者
性別女性
年齢学年14歳中学2年生
誕生日神世紀286年4月8日
身長158㎝
血液型AB型
出身地香川県
趣味お菓子作り
好きな食べ物うどんぼた餅
声優三森すずこ


人物像

勇者部の一員にして、主人公結城友奈の大親友。友奈の最大の理解者であり、同級生で家も隣同士。
その割に友奈から「東郷さん」とよそよそしく呼ばれているが、これは本人による希望。他の人物からもほぼ苗字呼びされている。

中学入学前に交通事故に遭ったらしく、その後遺症で半身不随で車椅子生活を送っている上、記憶にも曖昧な部分がある。
当初は事故の影響でふさぎ込みがちだったが、友奈と出会った事で乗り越える事が出来た。
現在はそうした暗い過去を感じさせないほど上品で優しく穏やかな性格をしており、博識でパソコンなど各方面に精通した多彩な面から同級生達からも一目置かれる存在。劇中では勇者部のホームページを物凄い短時間で強化作成していたり、『樹海の記憶』では友奈・夏凜と共謀してこれまた短時間で学校中に隠しカメラと様々な仕掛けを仕込み、風に対するドッキリを敢行したことがある。ただ、英語はあまり得意でないらしく、ブルースクリーンには対処できなかった。
「悪い子は縄で括って吊るします」と豪語するしつけの厳しい一面があり(特に娘太丸氏の描く『結城友奈は勇者部所属』を始めとした公式スピンオフシリーズでは作風がコメディ路線ということもあって本当に吊るしている)、友奈曰く「時々ほんのちょっぴり怖い時がある」。とある理由で部室を散らかしてしまった風達ですら「(そのままにしておくと)東郷が怖いから」という本音を口にしている。実際に以前東郷を怒らせてしまった風達は4時間説教され、そのことを聞いた夏凜は「厳しいおかんか」とツッコミを入れたほど(この際、基本東郷から甘やかされている友奈ですらガチで震え上がっている。ちなみに、このとき夏凜は勇者部にいなかった)。結局片づけが間に合わず東郷は激怒。その場にいた4人を正座させ説教しようとするのだが…

また、使命感・責任感(護国の精神)が強く、最初の戦いで戦えなかった自分を「敵前逃亡」と責めていたことからもわかる通り後ろ向きになるとドツボに嵌るタイプであり、物語終盤ではその気質が災いして盛大にやらかしてしまった(後述)他、本編終了後を描いたBD・DVD特典のゲームの劇中でも前述の件の罪悪感から今度は真逆の方向にやらかした

当初はバーテックスに恐怖して変身できなかったが、親友である友奈の危機に勇者として戦う事を決意。参戦し勝利に貢献した。
戦う理由は「友奈を守るため」であり、心に閉まっている「友奈を失い一人になってしまう」事への恐怖も抱いている。失った記憶である過去の事も関わっているかもしれない。

日々両足のリハビリに取り組んでいるので、全体的な身体能力は下手な健常者と比べても決して見劣りするものではない。『勇者部所属』では武道経験者である友奈に眉間・人中・鳩尾への三段突きを照れ隠しでお見舞いし、見事一発K.O.している。しかもその際の言い訳によるとこれを「癖で」やらかしたらしい。何をどんだけ鍛えてるんだこの娘は。さらに『樹海の記憶』でも、腕相撲で友奈を圧倒。全力の友奈を相手に微動だにしない剛腕を見せつけている。

和風の物を好み、お菓子作りが得意。特に友奈が喜んで食べてくれるぼた餅に対して妙に拘りがあり、新メンバーとして加わった三好夏凜と友好を深めようとした時はやたらと推している。「ぼた餅」を連呼したり、「次こそはぼた餅食べて下さいね。有無は言わせない」とメッセージを送るなど、ネット上では妙に強気な所もある模様。ただ、友奈が望むなら洋菓子も作る模様。
なお、和風文化に傾倒する余り、実は西洋文化、特に行事に関しては知識先行であまりしっくり来ていないらしい。『勇者部所属』単行本2巻の巻末オマケ漫画ではサンタクロース役として出演するも「赤頭巾と赤半纏をまとい、トナカイの代わりに九州鹿(演:友奈)を連れ、『泣く子はいねがーっ!』とあいさつする」という、もはやインパクトしかないキャラ作りを平然とやってのけた。彼女の名誉のためフォローしておくと、「ゆゆゆい」のクリスマス限定SSRでは、きちんとクリスマスの格好をしている(後述の『勇者部所属』でのハロウィンコスプレの一件を考えると、こちらも仲間達からの監修が入った可能性は否定できないが)。

ホラー系が好きなのか隙あらばそちら方向にネタを振りたがる傾向があり、合宿の際の就寝前女子トークでは二度に渡って怪談ネタに走り(TVシリーズと『勇者部所属』。後者に至っては後述の精霊・不知火まで演出に協力させて勇者部全員を震え上がらせた)、『勇者部所属』のハロウィン回では落ち武者のコスプレを希望。ただしこちらは没になったよう(事前に風から「子供達が恐がるようなものはダメ」と釘を刺されていたので、その言葉通り阻止されたと思われる)で、最終的には女幽霊のコスプレに落ち着いている。

他にもアルファ波に執着、柔の拳な動き、カラオケでは軍歌が十八番、武士切腹方法を知っている、朝友奈を起床ラッパの音で起こす、歴史における軍人を崇敬していたりと、妙な方向に突き抜けたネタキャラの一面も強い。

一方、苦手なものは虫。特に台所の黒いアイツなどは、見るだけで卒倒するほど。とある人物過去の所業がトラウマになっているらしい。

何よりもに「メガロポリス」と呼ばれるほど一人だけデカくて揺れる。→※中学生です

変身後

東郷さん
満開!
通常時満開時

拳銃、二挺の中距離銃、狙撃銃を使い分ける遠距離攻撃型の勇者。イメージカラーはスカイブルー。モチーフの花はアサガオ/花言葉『愛情の絆』
変身すると髪は更に伸び、膝まで掛かるロングヘアーとなる。
従来のお約束とは異なり変身しても歩行能力は回復しないが、コスチュームの一部である4本のリボンを触腕のように使って移動できる。しかし他の勇者ほどの機動性を確保できている訳ではなく、狙撃中心の後方支援という役どころも重なって回避に難があるのが弱点(実際、合体バーテックスとの闘いの際には相手の応射に対し成す術なく直撃を受けている)。ただし、『勇者の章』では後述する理由で機動力が大幅に改善されている。満開ゲージは左胸元にある。
一番特徴的だったのが足元で、『結城友奈の章』では左図の通りトレンカ裸足だったが、機動力が改善した『勇者の章』ではスカイブルーのアンクルブーツに似た靴が追加されている。
後述する精霊の追加により、後に新武装として小型の遠隔誘導攻撃端末が追加された。

満開時には衣装が白を基調とした色合いの羽衣をまとった和服へと変化(加えて劇中で鉢巻を巻いている)し、浮遊能力を持つ移動台座が出現する。周囲に花状の可動砲台が展開しており、全方面から砲撃可能。その圧倒的大火力で目標を蹂躙する様からファンの間ではコイツに例えられることもしばしば。狙撃銃は失われてしまったが、遠距離から目標への全砲門ピンポイント砲撃を成功させるなど狙撃能力は健在。なお砲撃の際には砲口にモチーフであるアサガオの如きエフェクトが発生する。
またこの台座は宇宙空間でも活動可能で、大気圏離脱や突入も行える。複数乗っても大丈夫なため、『結城友奈の章』では友奈を、『勇者の章』では風を乗せ、移動手段となった。『勇者の章』最終局面では、砲門にエネルギーを収束させたまま特攻させる(東郷と風は離脱済み)という戦術を披露している。
満開中の弱点は懐に飛び込まれるとろくな武装がないことで、遠隔誘導攻撃端末程度しか攻撃手段を持たない。劇中でも満開した友奈に懐に飛び込まれ、鉄拳制裁を受けている。
尚遠距離攻撃能力は今作品の中でも屈指の強さをほこり、関係者曰く遠距離攻撃に関しては乃木園子の次に強いとの事。

変身後は声色が低くなる。本人曰く「落ち着く」。

刑部狸」「青坊主」「不知火」の3匹の精霊を使役することができ、バーテックスへの攻撃時に彼女のみ花弁が増える演出がなかったりと、他のメンバーとは一線を画す存在であることが仄めかされている。
7話以降に精霊「川蛍」が加わり、4体となる。

東郷さん


なお、変身シーンではなぜか縛られる。

樹海の記憶では

5人の中で一番使いにくい。
これは原作再現によりジャンプと緊急回避でしか移動できないという驚愕の仕様が原因である。この仕様のためにノーダメージクリアのサブクエストなど、特定の状況では大変な苦戦を強いられる。攻撃の隙も大きく、特にノーダメージクリアと絶え間なく射撃を乱射してくるラストボスとの戦闘は彼女が最も難易度が高いだろう。
性能面では移動と引き換えの射撃が特徴。また、5名で唯一精霊追加後の攻撃を扱える(樹も確実に雲外鏡の能力を使用していると思われるが、原作では防御能力である)。…が、ただでさえ移動ができないのに上記の通り各攻撃の隙が大きいため、独自の立ち回りが要求される。

花結いのきらめきでは

友奈同様チュートリアルで入手可能な一人として登場。
遠距離援護に特化した砲台タイプで敵を寄せ付けないほどの殲滅力を発揮する。
が、代償として全キャラでも移動速度、吹っ飛び耐性がワースト、攻撃速度が遅く接近されるとただの的になるなど使い方を考えないといけない。
HPも低く打たれ弱いので、彼女をメインに据える際は前線には出さず後衛からひたすらに援護をするのが基本になる。
パートナーとしては同じく遠距離型で攻撃速度を補える杏、球子等。

余談

苗字だけならともかく、それに加えてスナイパーだった為に世界一腕の立つ殺し屋を意識したネタが各方面で増えつつある模様。
また、同作品のキャラクター乃木園子との関係から日露戦争の英雄から取った苗字ではないかとも言われている。(東郷と乃木のコンビは普通これしかない)

















正体?

東郷美森
東郷美森は勇者である


そのルックスは前日譚鷲尾須美は勇者であるの主人公鷲尾須美に瓜二つであり、血液型も同じである。さらに言えば、趣味も類似。
変身後の姿も細かい意匠を除けばほぼ同じで、弓と銃の違いこそあるが遠距離攻撃スタイルという共通点がある。何故か、精霊を3体使役していることなども。
付けているリボンが園子の持っているリボンと同じであり、更に言うと、怪談話をしていた時の火の玉の色が、と三人組のイメージカラーである。

須美が2年前にどのような結末を迎えたのかは現段階では不明なものの、もし生存していれば美森と同年齢の中学2年生。
詳細不明な半身不随や記憶障害など含めて、あらゆる面で同一人物の可能性が示唆されているが…?









ネタバレ

第八話において、双子座バーテックスの片割れを退治した直後、美森と友奈は他の勇者部メンバーとは別の場所に転送される。

そこで待っていたのは、
全身包帯でベットに横たわった少女だった。
二人を呼んだ彼女が美森を見て「わっしー」と呼んでいたこと、そして美森との会話を通して全ての事情を察しているような描写があった。
更に美森の過去の回想にて、美森が入院している病室の名札が鷲尾須美から東郷美森に入れ替えられるシーンが描かれ、事の顛末も語られた。

以上のことから「東郷美森は鷲尾須美である」ことが確実となった。
また、真相が明らかになるまでは「東郷美森」と「鷲尾須美」、どちらが本名であるかもファンの間で議論となっていたが、回想にはさむ形で「一時的に鷲尾の家に養子に入っていた」ことが東郷自身の口から語られ、「東郷美森」が本名であることも明らかになった。

彼女にまつわる全ての真相は、『鷲尾須美は勇者である』の最終話にて明かされている。

園子の口から世界の真実を知った東郷は、仲間達の生き地獄を終わらせようと、壁を破壊してバーテックスを招き入れる事で神樹を破壊し世界を終わらせようとしてしまう。

他の人なんて関係ない!いちばん大切な友達を守れないのだったら、勇者になんかなる意味がない・・・!──頑張れないよっ・・・!

しかし夏凜に励まされて奮起した友奈の(鉄拳を含めた)説得で我に返り、最終的には勇者部の一同と力を合わせ、招き入れてしまったレオ・バーテックスを食い止める事に成功したのだった。

全てが終わった後は神樹により対価としたものを返され、動かなかった足も完治した。
…が、ゆゆゆいでは戦闘中なぜか相変わらず飛び跳ねて移動するようになっている。運動会イベントでは普通に走っているにも関わらず…
そして再会した園子は一時「みもりん(中の人ネタではない、多分)」「(『“ト”うごう“ミ”もり』で)トミー」などとあだ名を変えようとしたが、結局は「わっしー」で落ち着いた事が、ゆゆゆいの『結城友奈の章』追加シナリオで明らかになっている。

そのわしいいと思います



本編の後日談である『結城友奈は勇者部所属 ぷにっと!』では、園子の自宅で友奈の着せ替えをする事になった時、しれっとカメラを持参して友奈の写真を撮りまくるという、かつて銀に対してした事と同じ事をしている(というか、着替えた友奈の姿に興奮した際の鼻血の吹き方も含め、ぶっちゃけ「ほぼ当時の再現」となっている)。

鷲尾須美の頃に園子に触発されて小説を書くも酷評されたことがあったが、『樹海の記憶』では彼女がどのような文章を書くのかが明らかになっている。それを見る限り、大本営発表のような時代がかった文章を書くようで、それを読んだ風が評価に困ってしまった。また、文才は微妙なようだが編集者としての才能はあるようで、完成した冊子の評判は良かったらしく、新聞部からの勧誘があったとか。
『勇者部所属』でも、老人会からの依頼を受けた際、時代劇の脚本を手がけて高く評価されたことがある。劇作家・演出家としては優秀なのかもしれない。

鷲尾須美の頃に毎朝していた水浴びなどを今でもしているのかは不明だが、勇者の章を見る限りでは少なくとも水浴びはしている模様。

花結いのきらめき

鷲尾須美とは『ゆゆゆい』にて共演を果たしたが、友奈と仲良くなった過去の自分に嫉妬するというまさかの展開が起きてしまっている。

東郷美森の嫉妬である


それでも何だかんだで須美とは基本的には馬が合う。しかし昔と比べ随分と丸くなったことから、本当に未来の自分なのかと突っ込まれたこともある。白鳥歌野の誕生日イベントでは中学生園子の悪ノリに「もう誰も止められないわ」と突っ込みを放棄し付き合い、どこぞの戦闘員のような悪役を演じた(この際バトルパートでも実際に敵として登場し戦闘になる。そのため、フレンド及びゲスト枠以外で彼女を参加させられない)結果、須美に「私が2年後にあなたみたいになるなんて、最悪です!」と言われて凹む羽目になった。二人の名誉のためフォローしておくと、須美はなぜ東郷がこんなことをしているのかの事情を知らなかったためこの発言が飛び出している。

また、かつての友人である三ノ輪銀とも再会。「一緒に同じ時間を生きたかった」という後悔からか、何かと気遣う(甘やかしすぎているとも言われる)事が多く、銀からも「大きい方の須美は優しい」と評されている。
しかしその一方で、銀の行く末に待つ“未来”については、銀自身が「二年後の自分は出世して大赦務め」と早合点してしまったことから伝えられずじまいとなってしまった。中学生園子と相談の末「全てが終わってから考える」ということで当面は先送りにすることにしたものの、完全には納得できていないのか度々心を痛めている節が見られる。

花結いの章2話



さらにこの人と同じく、もう一人の友奈については「似てるけど別人」とは言いながらもなんだかんだで喜んでいるようで、「友奈ちゃん力(ちから)」という迷言まで生み出してしまった。とはいえバレンタインイベントにて2人の友奈が「私達が合体したらどうなるかな?」と語り出した際はさすがに動揺を隠せずにいた(一緒に見ていた園子ズがドン引きするレベルで)。

ちなみに夏祭りイベントで明かされたところによると、お祭りの射的は出禁らしい。理由は「(東郷が来ると)商売にならないから」。
…射的を楽しみにしていた彼女はそれを聞かされ白目をむいて呆然。スナイパーが射的をすれば商売にならないのは当然だが、何をした東郷。
(一応参考になりそうな例を挙げておくと、スピンオフ漫画『勇者GP』で千景と射的で競った際には景品台の上の看板を撃ち落として台を崩壊させ景品総取りという大人げない(銀曰く「えげつない」)ことをやらかしている)

鷲尾の頃から巫女適正があることが語られていたが、『ゆゆゆい』ではなんと上里藤森の本職巫女と共に巫女装束で並び立つという神々しい姿を披露したことがある。このシーンのイラストはイベントSRとして実装されており、覚醒値を上げることで全ての背景が解放される仕様となっている。さらに少なくとも敵の襲来を感じ取る事は可能になっている様子で、巫女としての力も少しずつ目覚め始めているようだ(鷲尾の頃に敵の襲来を夢見る描写はあったため、何らかの理由で失っていたのを取り戻していると言った方が正しいのかもしれないが)。この適性が、後に意外な形で彼女と世界の運命を左右するのだが、この時点の彼女はその自覚はまだ無い。

文化祭イベントでは須美や風と共に料理担当として活躍。その腕を存分に振るった(それに須美が触発されるというシーンも…)。また、ハロウィンイベントでは須美同様、ハロウィンを「はろえん」と認識していることが発覚している。
銀の誕生日イベントでは、叶うことのなかった銀の夢を叶えたいと結婚式風の撮影会を園子と共に発起人として開催。しかし、和装の男役をするにはスタイルが良すぎる(主に胸が)須美には助けを求められるも「受難の時よ」と、匙を投げてしまった。その後、須美がさらしを巻く際にはきちんと協力しているが。
また、クリスマスイベントで校庭に雪が積もった際には須美と二人して雪壕を作り始めたり(銀たちは雪花や歌野に教わり、かまくらを作って遊んでいた)、樹海では寒さのせいか八甲田山雪中行軍のような言葉を口走り、杏から「別のところを散歩中」とまで言われている。

なお、日本の古い地図を持ち出した際には、名前こそ出さなかったが「北の方に点々とある島」について聞かれた時「我が国の領土よ」としれっと説明するという、いろんな意味で際どい発言をしている。

勇者の章

冒頭から東郷のみ登場しておらず、勇者部は友奈、風・樹姉妹、夏凛、園子という彼女を抜いた5人状態になっている
しかも彼女の存在を誰もが忘れており、一同が不意に思い出した事で物語が幕を開ける。

東郷美森の消失である


実はこの時点で、天の神は壁の外の煉獄の温度を上昇させ、結界内をその熱で焼き尽くそうとしており、東郷はこの危機を回避するため開催された、天の神に許しを請う儀式「奉火祭」の生贄に志願し、壁の外に現れた謎のブラックホールの向こう側に幽閉されていたのである(※)。
そして、勇者部の面々はおろか大赦の人間の中からも東郷の記憶が消えていたのは、「事情を知れば友奈達は絶対に阻止に動く」と予測した東郷が先手を打ち、神樹に願って一同の記憶やあらゆる記録から自分の事を抹消してもらったことも判明。主犯:東郷、実行犯:神樹というまさかの身内の犯行であった。ご丁寧に、現実世界に実際に作られている勇者部ホームページからも、彼女に関する情報が無くなっていたほどである(現在は復活している)。
単身飛び込んだ友奈によって救い出され、生贄としてのお役目はもう果たされたとの事で世界の危機は回避された(ように見える)ものの、その結果として友奈が苦しむ事になる。
それを察した東郷は、真相を確かめるべくわざわざ変身して友奈の自宅へ侵入(一応「黙って入ってごめんね」と謝りながら。青坊主とハンドシグナルを交わしながら行うという徹底ぶり…だが一度胸が窓に引っかかって開け直すという一幕があった)。そこで手に入れたあるもので、勇者部一同は友奈の身に起きた事を知る事になる…

余談であるが勇者の章における東郷の初変身はここ(鷲尾須美の章および回想シーンは除く)。
ラジオで中の人達(照井春佳内山夕実黒沢ともよ)も一連の東郷の行動を「何処からツッコんでいいものやら…」と、笑いを隠せないようだった。特に友奈の中の人である照井氏は、大量の友奈の写真や動画を見ている東郷に、友奈としては衝撃だったと語っていたりする。前述の胸が引っかかる一幕も台本にあったとか(「あっ…」という一言は中の人である三森氏のアドリブだったそう)。さらに、このシーンにはボツになった要素として部屋中友奈の写真で埋め尽くされている(脚本段階では本当にそういう体だったらしく、中の人も若干引いていた。原案のタカヒロ氏曰わく「畜生!」とか)、というものまであったのだとか…

また、「あるもの」を発見する際の台詞も色々とツッコミどころ満載。

「あれは!」
「友奈ちゃんが中学入学の時、4月3日にイネスでご両親に買ってもらったけれど、手に取ることはなかったという百科事典の位置がずれている!」

…一歩間違えば犯罪者である。

勇者の章は風の卒業と樹の勇者部部長就任、友奈たち6人の笑顔で(一応の)幕を閉じるが、一連の問題が解決したなかで大量の友奈の写真や動画を所有する東郷の行動は(どうやって友奈の部屋に入ったか、だれかがツッコまないかぎり)野放しになったままである…(まぁ事態の解決につながるきっかけになったという意味では結果オーライではあるのだが。ちなみに園子はツッコまなかったどころか、後に再び友奈の部屋へ侵入する際に同行していたりする)

ちなみに、変身後の姿が若干変化しており、脚の機能が回復したため移動用の長いリボンは無くなっている(元々、鷲尾須美の頃に最終決戦で散華したことで失った脚の機能を補うために生成されたもののため、これが本来の姿とも取れる)。

※)これについて、東郷の独白によれば「自身が壁を壊したこと大赦の進めていた反攻作戦が天の神の怒りを買った」と説明され、件の騒動で罪悪感を抱えていた東郷が自ら生贄に志願したとされている。だが、前述したように東郷が壁を破壊したのはバーテックスを結界内に招き入れて世界を滅ぼすためであり、バーテックス側からすれば「願ったり叶ったり」な状態であるため、これが天の神の怒りを買うのは辻褄が合わないのではないか、との疑問の声が一部視聴者からは挙がっている。
この詳細は、『楠芽吹は勇者である』にて語られている。実は、壁は『四国を守る結界』であると同時に、西暦時代に天の神との間に成立した講和の条件、すなわち「四国から外に出ない」という『誓約の象徴』でもあった。それを人類が破壊したということは、(たとえ東郷の目的と異なっていても)天の神にとっては人類が公然と誓約を破棄した、つまり宣戦布告と同義だったのである。

この事態は、反攻作戦を密かに進めようとしていた大赦にとっては大きな誤算であった。対応を迫られた大赦は、反攻作戦の凍結と「奉火祭」の実施を決断する。なお、東郷は「勇者」としての素質だけでなく「巫女」としての素質もあり、また通常であれば6名の巫女が生贄にならねばならないが、より質の高い生贄である東郷であれば1名の犠牲で済むため、「少ない犠牲で多数が生き残れるならば、それを是とする」というのが基本方針である大赦は、東郷に生贄の話を持ってきたようである。実際、東郷が生贄に志願した結果、生贄の役目を解除された国土亜耶ら6名もの巫女たちが死を免れている。

関連イラスト

とーごーさんがちょうかわいい
ぼた餅


東郷美森
東郷さんが家に来た



関連タグ

結城友奈は勇者である 鷲尾須美は勇者である
鷲尾須美 結城友奈 犬吠埼風 犬吠埼樹
三好夏凜 ゆうみも ※中学生です 勇者

園田海未:中の人つながり。一期終了後旧友の園子が大赦から解放されて旧交を温めあっていることにより、最近では美森の顔芸がこの人顔負けになり、イラストのネタにされることもちらほら。
レム(ウルトラマンジード):同じく中の人つながり。登場作品の放送時期がゆゆゆ二期と近かった事もあり、ある回で(演技ではあったが)記憶喪失になった際は「レムが散華して記憶喪失に…」とネタにされることに

外部リンク

東郷美森とは - ニコニコ大百科
東郷美森 - Enpedia

pixivに投稿された作品 pixivで「東郷美森」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5900141

コメント