ピクシブ百科事典

九五式小型乗用車

きゅうごしきこがたじょうようしゃ

帝国陸軍の軍用小型乗用車。くろがね四起の愛称でも知られる。

概要

日本初の国産実用四輪駆動車として日本内燃機(のちの東急くろがね工業、現日産工機の前身)が開発した軍用自動車。日中戦争第二次世界大戦における大日本帝国陸軍の主力乗用車として使用され、一部は海軍にも供与された。

「くろがね四起」の通称は、日本内燃機のオート三輪ブランドとして当時著名だった「くろがね」と「四輪起動」にちなむ。排気量は初期型のみ1300cc、1939年以降の生産型では1400cc。

ドイツ陸軍のキューベルワーゲン、アメリカ陸軍のジープに先駆けた軍用不整地走行車両として開発・配備された点では特筆に値するが、本車は純粋な乗用車両として設計され、小型トラックとしても運用されたジープなどと異なり貨物の積載能力はほとんど持たない。またフォードの絶大な大量生産能力を活かして年間10万台以上の規模で製造されたジープに対し、くろがね四起は手作りに近い生産体制だったため、大戦末期に四式小型貨物車トヨタが設計した、ジープの簡略化コピー)にバトンタッチするまでの生産台数は5000台弱にすぎず、個体により細部の仕様にかなりの差異がある。

関連タグ

ジープ
ガールズ&パンツァー・・・ピックアップトラック型が第10話に登場。
ストライクウィッチーズ・・・第1期第1話に登場。

pixivに投稿された作品 pixivで「九五式小型乗用車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9851

コメント