ピクシブ百科事典

キューベルワーゲン

きゅーべるわーげん

キューベルワーゲンは第二次世界大戦中にドイツで生産された小型軍用車両。 制式名称は Leichter geländegängiger Personenkraftwagen K1(4x2) Volkswagen Typ 82、大体の意味は「不整地走行形軽乗用自動車 K1 (4輪、2輪駆動) フォルクスワーゲン 82式」。

概要

1938年、ポルシェ設計事務所は、陸軍兵器局の要請に応じてフォルクスワーゲン・タイプ1を軍用車に応用する研究を開始した。

  • オープントップであること
  • 総重量950 kg、うち車輌自重550 kg、積載量(乗員3名と貨物)400 kg
  • 生産性が高いこと
  • 大量生産が可能であること
  • 軍用車輌だが、民間用にも簡単に転用できること
1939年の終わり頃にこれらの条件を満たした試作車を完成した。角形車体の発展型試作品はTyp 62(62型)と名付けられた。
Typ 62の評価試験の結果を受けて改良型のTyp 82(82型)が採用された。
量産は1940年からKdF市(「歓喜力行団車市」の意。現・ヴォルフスブルク市)のフォルクスワーゲン製造会社で開始され、10万台の製造が指示された。また、他の用途に発展させるための基礎として、Typ 87(87型)の試作も開始された。
軽量であるため、排気量985cc、出力23.5馬力の小型エンジンで二輪駆動にもかかわらず不整地走破性も良好だった。

派生形はキューベルワーゲンのシャーシにセダン・ボディを載せたTyp 82Eや四輪駆動のTyp 87、Typ 92 荷台付貨物車(Pritschenwagen)、Typ 174 突撃ボート(Sturmboot mit VW-Motor)、Typ 287 指揮車(Kommandowagen)も製造された。(Typ 87の四輪駆動プロジェクトは、後に水陸両用車のTyp 128 / Typ 166シュビムワーゲンに移行した。)

Typ 87は戦後に英軍管理下で2台が組み立てられ、Typ 82EはTyp 51という名称で暫く生産が続けられた。

アニメ『うる星やつら』劇場版オリジナルの第2作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』や『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』、ゲーム『グランツーリスモ5』等に登場。

pixivに投稿された作品 pixivで「キューベルワーゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2138

コメント