ピクシブ百科事典

シュビムワーゲン

しゅびむわーげん

シュビムワーゲンは第二次世界大戦時にドイツで作られた水陸両用の軍用車。

大戦中に最も多く生産された4輪駆動の軍用水陸両用車である。
特徴は四輪駆動・強化された1,131cc(24.5馬力)の水平対向型エンジン、バスタブのような車台構造、車体後部には、着脱式の3枚翼のスクリューとそれを駆動させるエンジンと繋がったシャフトが装備されていることが特徴。

1940年6月、ドイツ国防軍はポーランド侵攻以来の戦訓として、歩兵一個分隊が乗車したまま河川を渡河できる水陸両用車輌の必要性を認識、陸軍兵器局開発・試験部第6課(WaPrüf 6)はポルシェ社にTyp 82キューベルワーゲンを基にしたプロトタイプの設計を依頼し、7月より、ポルシェとハイルブロンのダンツ社によって、Typ 128水陸両用車の開発が開始された。
実用試験が行われた結果、水陸両用車としての車体安定性や走破性が不十分である事、武装親衛隊のオートバイ歩兵大隊で使用しているサイドカーをこの水陸両用車と置き換えたい親衛隊作戦本部からの要請もあり、整備性や不整地走破性の向上を計った改良型Typ 166が設計され、1941年8月にその試作車が製作された。
1942年春から先行量産車によるテストが重ねられた後、同年秋から部隊配備に向けて本格的な量産が開始。1941年から1944年までの間に14,276輌のTyp 166が製造された。

制式名称はLeichter Personenkraftwagen K2s (4x4) Volkswagen Typ 166「軽乗用自動車K2s(4輪駆動)フォルクスワーゲン166型」

pixivに投稿された作品 pixivで「シュビムワーゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4292

コメント