ピクシブ百科事典

武装親衛隊

ぶそうしんえいたい

武装親衛隊(Waffen-SS)とは、第二次世界大戦中に存在したナチ党の武装組織である。武装SSとも言う。陸海空軍同等の戦力を所持していた事から、「ドイツ第四の軍」とも呼ばれた。
目次[非表示]

概要

全盛期の総兵力は約90万人。
アドルフ・ヒトラーが、陸軍のクーデターから自らの身を守る為に作った、言わばヒトラーの私兵である。
指揮命令系統も国防省の管轄下にある国防軍ではなく、ナチスという党の直接指揮下にあった。

1933年、「パパ・ゼップ」ことヨーゼフ・ディートリッヒによって創設された「第1SS装甲師団」に端を発する。1934年、SA(突撃隊)幹部を「クーデターを計画した」として粛清した所謂「長いナイフの夜」を起こし、「内部によるクーデター防止のための武装組織の必要性」を正規軍である国防軍に認識させると、翌年の1935年、パウル・ハウサーによって「親衛隊特務部隊」へと再編された。

ナチズムを武装組織として具現化した存在であり、金髪長身等アーリア人種の条件を満たす者が入隊条件であった。
一部の例外を除いて基本的に志願制であり、国防軍と兵員の取り合いになったため、後に入隊条件は外国人にまで拡大されている。

当初は上述のように、出身階層や学歴を考慮せず、見た目と血統を優先して人員を採用していったため、小学校レベルの学校教育しか受けていない士官候補生がいた他、素行が悪かったりする者も多く、ドイツ市民からは「パレードするだけのアスファルト兵士」と小馬鹿にされていた。
しかし、党の理念を体現する存在として、常に優先して最新兵器を与え、採用基準も変え、厳しい訓練を施した結果、高い練度を誇る軍事組織として成長していった。

武装親衛隊の一番の目的は、ユダヤ人や、ナチスのイデオロギー上劣っていると見なされていた人種との武力的闘争であったのだが、上記の通り徐々に入隊条件が拡大された結果、最終的には隊員の6割近くが外国人という人種の坩堝的な部隊となり、目的と大いに矛盾した組織となった。
この矛盾については公式な整合性がつけられる前に第三帝国が崩壊したため、唯一の指導者長官殿がどのような理屈で正当化したのかは永遠の謎となった。
〔尤も武装親衛隊の目的は劣等人種の抗争よりは、かってエルンスト・レーム突撃隊をそうししようと考えていたように国防軍から軍の実権を奪う為のナチス党の組織と言う面も強く、枯渇していく軍隊の補充源を国防軍から奪うのも目的の為の手段ともいえる〕

1939年のポーランド侵攻やマジノ線突破において少数部隊ながら大いに奮戦し、彼らが「武装組織」であることを見せ付けた。
1940年12月、晴れて「武装親衛隊」として出発。やがてヒムラーの手によりその勢力は拡大され、陸海空の国防軍に次ぐ「第4の軍隊」として認知されるようになった。

武装親衛隊が「エリート部隊」であるかのように認識されているが、全体的にはそれほどではなかった。なのにそう認識されているのは、極めて政治色が強く、それゆえに良い装備が優先的に与えられ、それに見合う結果が隊員に要求された。そのためか敢闘精神旺盛な連中が多く、精強な一握りの「エリート部隊」が超人的といっても過言ではない戦いぶりを示した故である。
ちなみに、ベルリンの戦いの時、最後まで降伏せずに戦ったのは北欧人部隊、フランス人部隊などであった。

戦後、ニュルンベルク裁判において、母体の親衛隊同様、武装親衛隊も犯罪組織として認定され、国防軍の退役者には認められた軍人年金の受給権も剥奪された。
だが、自らの過去を隠し続けた元一般親衛隊員たちとは対照的に、元武装親衛隊の隊員たちは「自分たちは、国防軍と同じく軍人として行動し、祖国のために戦ったのだ」と積極的に主張し、今なお名誉回復を求め続けている。

有名な師団

第1SS装甲師団 ライプシュタンダーテ・SS・アドルフ・ヒトラー

党の初期から存在したアドルフ・ヒトラーの護衛隊をルーツに持つ師団。通称LSSAH。
ライプシュタンダーテの名を背負うようになったのは1933年からで長いナイフの夜における活躍によって武装化が始まり、師団に昇格したのは1941年頃である。
LSSAHは、ヒトラーのアーリア民族至上主義を反映しており、志願者は他の部隊より厳格な募集規則により、心身とも強固で熱心なナチス党党員でありアーリア民族である場合のみ認められた。
師団章は、初代の指揮官ヨーゼフ・ディートリヒの名前に鍵の意味があることから鍵の紋章が採用された。

第2SS装甲師団 ダス・ライヒ

武装親衛隊の前身というべき親衛隊特務部隊をまとめて1939年10月に編成されたSS特務師団が前身であり、1940年4月にSS師団ドイチュラント、12月にSS師団ライヒと改名し、1942年5月にSS師団ダス・ライヒとなった。
その後、11月にSS装甲擲弾兵師団、1943年10月に装甲師団となる。
第1、第3、第9、第10、第12SS装甲師団と共に武装親衛隊の主戦力ともう言うべき第1、第2SS装甲軍団を形成して大戦中は主戦場を奮闘した。
また苛烈な報復でも有名で、フランスのオラドゥール=シュル=グラヌ村の虐殺での悪名は知られている。
師団章はルーン文字で人狼を意味する。また師団名のライヒは帝国の意味である。

第3SS装甲師団 トーテンコップ

強制収容所の看守を中核として編成された師団。
寛容は弱さの印」のモットーで有名な悪名高き「髑髏師団」の通称で知られる。
前述のとおり、強制収容所の看守が中核になっている上、師団長のテオドール・アイケが軍隊的なものを嫌っていたことから親衛隊の規律を気にしなかったので、親衛隊の中でも浮いた存在だったという。
師団章は、死ぬまで戦うという意味を持つトーテンコップ(頭蓋骨)の紋章。

第5SS装甲師団 ヴィーキング

ドイツ系外国人やフィンランド義勇兵によって編成された武装親衛隊最初の外人師団。
一貫して東部戦線で戦い続け、ソ連軍から大いに恐れられた。
師団章は、やや丸みのあるスワスティカ(ハーケンクロイツ)。

第12SS装甲師団 ヒトラーユーゲント

ヒトラーユーゲントから選抜された青年の兵士と第1SS装甲師団と国防軍から出向してきた士官、そして強制徴募により集められた多数の未成年の少年によって編成された部隊。
連合軍は、子供と言っても良い年齢の兵士ばかりのこの部隊を二線級の部隊と軽く見ていたが、ひたすら実戦的訓練をつまされ、経験豊富な将校・下士官に率いられた師団は予想をはるかに上回る勇猛ぶりを発揮した。
なお未成年の兵士が大半だったのでタバコの代わりに戦時には貴重品であるチョコレートキャンディーなどが支給された。
師団章は、第1SS装甲師団の師団章にルーン文字の「S」を重ねたもの。

SS第17装甲擲弾兵師団 ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン

一部のドイツ軍とアメリカ軍が共闘するという事態が起こり、「第二次世界大戦で最も奇妙な戦い」と称されるイッター城の戦いで、そのドイツ国防軍と連合軍相手に戦った師団。
師団章は、同師団と同じ名前の15世紀の騎士が片腕を失った後、鉄の義手をつけていた英雄にちなんで鉄の義手が刻まれている。

第33SS武装擲弾兵師団 シャルルマーニュ

反共フランス人や収容所内のフランス人等によって構築された師団。
ベルリンの戦いにおいて圧倒的な劣勢下にありながら勇敢な戦闘を続け、最終生存者は30人を下回る。
師団章は、ドイツを示す帝国鷲とフランスを示す三つの百合。

第36SS武装擲弾兵師団

「逮捕された密猟者の射撃の腕を活かす」ことを名目に罪状の軽い密猟者を集め、当初は中隊規模で設立され、部隊規模の拡大によって大隊、連隊、旅団を経て師団へ昇格した師団。
部隊規模の拡大と戦闘での消耗によって「罪状の軽い密猟者」という人材が枯渇すると、徴募の基準が緩められて罪状の軽い一般刑事犯であれば誰でも可となった他、軍法会議で有罪になった国防軍や武装親衛隊の将兵によって補充されるようになり、戦争末期には強制収容所の政治犯も送り込まれ、懲罰部隊として犯罪者集団の様相を呈するに至った。
東部戦線において、主にパルチザンを相手に戦っていたが、行く先々で師団の構成員が問題を起こしまくった上、戦闘においても残虐さだけが取り柄であり、対立していた国防軍の将兵はおろか親衛隊の中でも評判は最悪であり、親衛隊高官すら「親衛隊の面汚し」と非難するほどで、法務本部に至っては師団長を含む関係者を軍法会議にかけようとしたほどである。
大戦中は常にパルチザン狩りを担当しており、他国の正規軍とあまり交戦しなかったため、大した武勲もなく、戦争犯罪で有名になった師団である。
なお、この師団の名前をディルレヴァンガーとすることがあるが、師団に昇格する前の部隊名に隊長のディルレヴァンガーの個人名が冠されていたことによる俗称であり、正式な師団名ではない。
師団章は、交差させた柄付手榴弾。

pixivに投稿された作品 pixivで「武装親衛隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357343

コメント