ピクシブ百科事典

オカダ・カズチカ

れいんめーかー

日本のプロレスラー。新日本プロレス所属。本名は『岡田 和睦』(読みは同じ)第57,59,63,65代IWGPヘビー級王者
目次[非表示]

概要

1987年11月8日生まれ。愛知県安城市出身。中学卒業後、闘龍門13期生として入学。
同期生には後にハッスル、SMASH、FCF、WNC等で活躍し現在はプロレスリング・ノアの大原はじめ、大阪プロレスの松山勘十郎、 タッグチーム"スピード・オブ・サウンズ(SOS)"で活動するツトム・オースギ、ヘラクレス千賀らがいた。

2007年7月22日に行われたウルティモ・ドラゴン20周年記念興行にて、闘龍門の卒業及び新日本プロレスへの入団を発表。内藤哲也を相手にプレ再デビュー、その後石狩太一(現・タイチ)を相手にヤングライオンとして再デビューを果たす。
2009年にはNOAHへの対抗戦に抜擢される等、評価は高かったものの結果は残せなかった。
2010年2月からTNAへ武者修行の旅へ旅立つ。

2011年1月4日東京ドームにて後藤洋央紀とタッグを組み、NOAHの杉浦貴らを相手に凱旋試合をするも、再びTNAへ。
翌年1月4日ではオカダと時を同じくしてメキシコ遠征から帰国したYOSHI-HASHIとのダブル凱旋試合が行われるもインパクトが残せず、知名度の低さも相まり、メイン後のIWGP王座挑戦のアピールではブーイングを受けてしまう。
だが、その後のシリーズから本来の実力を発揮し、棚橋弘至を苦しめる戦いを展開。
前哨戦でもCHAOSの面々とタッグを組み結果を残すと、2月の大阪大会で棚橋からまさかの王座奪取。中邑真輔に次ぐ若さでのIWGPヘビー級王座となる。
3月4日の旗揚げ記念日、後楽園ホール大会では内藤哲也戦で王座初防衛。
旗揚げ40周年を迎えた新日本における新世代選手同士によるIWGP戦を制し、レインメーカーの地位を確立した。
この時ばら撒かれたオカダの肖像画が描かれたレインメーカードル札は、入場時の定番アイテムとなり現在に至る。

関連動画

入場テーマ曲『RAINMAKER』太鼓の達人収録版


メディア出演

フューチャーカード バディファイト

ブシロード発売のカードゲーム『バディファイト』シリーズでは長らくイメージキャラクターを務め、アニメ展開もしている本作に合わせCMシリーズに登場。子供たちから呼び捨てにされ「オカダさん、な。」と訂正するのがお馴染みのフレーズとなった。

また、2016年放送の『フューチャーカード バディファイト100』では本人役として出演。
本編の巨悪・大魍魎ヤミゲドウの部下である祠堂孫六に代わり主人公・未門牙王と対戦(「強いヤツと(バディファイトで)戦いたい」という願いを祠堂に利用された)。しかし、戦いの中で牙王たちが世界を救おうとしていることを察し、また祠堂から譲られたデッキの「裏・五角竜王 荒天武」の姿に動揺し力を出せずにいる牙王の仲間である五角騎竜たちに苛立ち、モンスター相手にレインメーカーを御見舞して喝を入れ、彼らの闘志を再燃させる。勝負にこそ敗れたが全力で戦えたことに満足し、牙王を激励しながら石化。ヤミゲドウ撃破後は他の人々と同じく復活した。

さらには、同ゲーム専用のモンスターカードとして「オカダ・カズチカ!!」が発行される。因みに所属のワールドは「ドラゴンワールド」。

後に、同じくブシロードが展開する『ヴァンガード』シリーズのイメージキャラクター・DAIGOと入れ替わる形でバディファイトを卒業。ヴァンガードでは2016年12月より放送された新CMにてミラ・ジョヴォヴィッチと対決した。

龍が如く6 命の詩。

サブイベントのひとつ「クランクリエイター」にて本人役で登場。
神室町を牛耳る暴力チーム「JUSTIS(ジャスティス)」を圧倒的なカリスマ性で統べるリーダー。かつて、神室町で幅を利かせていたギャング集団「カラーズ」に対抗するため、親友のジョーと共に正義の集団JUSTISを結成。見事カラーズを壊滅させるが、その黒幕である殺月の報復により恋人を失い、以降は「チームを強くする」という考えに固執するようになり、結果チームは当初の方針とは異なる暴力チームへと変貌してしまう。

チームを離れたジョーは、尾道で出会った桐生一馬を立て「桐生会」を結成し、かつての正義の軍団だったJUSTISのようにオカダに対抗する。

実は、オカダの真の目的はJUSTISを敢えてギャング同然のチームにする事で、常に姿をくらましている殺月がチームの品定めに現れることを狙い復讐しようとしていたためで、彼の息がかかっているコウメイを参謀役として重用すると共に、ジョーが反旗を翻し対抗組織を結成してくれることまで計算していた。真実を告げたことでジョーとも和解し、最後は桐生たちと協力し悲願であった殺月へのリベンジを果たした。

因みにチーム名が「JUSTICE」でないのは、単にジョーとオカダが綴りを勘違いしていたためで、ストーリー終盤に桐生から指摘されてはじめて気付き「潰しといてよかった」と二人で安堵していた。

タイガーマスクW

CV:森田成一

タイガーマスクWにおいて、本人がアニメで登場する事が発表されている。
ちなみに、オカダは森田とのインタビューにて
『今日、森田さんの声を目の前で聞いて「オカダの声だ」と思いました。自然とそう思ってしまうくらい馴染んでますね。 実は僕はゲームが好きで、中学生のころ「ファイナルファンタジーX」(森田はティーダ役を担当)もやっていたので、心の中で森田さんが声を担当していただけたら嬉しいなと思っていたんです。オーナーにお願いしようかなと思っていたら、森田さんに決まったと聞いて。もう「自分持ってるな」と。』
と語っている。

外部リンク

新日本プロレス公式サイト内、選手名鑑
Twitterオカダ・カズチカ@rainmaker_chaos
タイガーマスクW公式サイト内 オカダ・カズチカ紹介
wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「オカダ・カズチカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84028

コメント