ピクシブ百科事典

目次[非表示]

人物

1975年12月17日キエフ生まれ。
がセルビア人で がロシア人であるが、5歳のときにアメリカへ移住したため、アメリカ国籍を取得している。移住後、両親は離婚。父親は再婚し、異母弟がいる。
1987年、11歳からモデルとして活躍。
1988年に映画『トゥー・ムーン』でヒロインの妹役にてスクリーンデビュー。

その後中々芽が出なかったが、リュック・ベッソンの1997年の映画、『フィフス・エレメント』のヒロイン、リー・ルー役で注目を集めた。
同監督作品の『ジャンヌ・ダルク』、カプコンの大人気ゲーム『バイオハザードシリーズ』を実写映画化した『バイオハザード』シリーズで主演を務めたことで一気に人気女優となる。
これら作品は彼女の代表作となった。ちなみに『バイオハザード』シリーズで監督を務めたポール・W・S・アンダーソンと後に結婚、シリーズ6作目では長女のエヴァーがアリシア・マーカス役で出演していた。
2020年には同じくカプコン原作のゲーム『モンスターハンター』で主演を務める予定であり、こちらにも注目が集まっている。
ちなみに、元々ゲーム好きだった夫に触発されたのか、彼女自身も現在ではかなりのゲーム好きになったとのことで、子どもを寝かしつけてから夫と何時間もプレイすることもあったようである。

多くの出演作品で本田貴子がミラの日本語吹替えをほぼ専属で担当している。

実は大の好角家であり、関脇豊ノ島関がお気に入りで、彼のことを親しみを込めて「ダイキ(名前の“大樹”から)」と呼んでいるという。

2004年、『バイオハザードII アポカリプス』のプロモーションで来日した際、トリビアの泉の出演依頼を承諾。「17世紀のパリで貴婦人はオナラの匂いをごまかすために仔犬を連れていた」というトリビアを現代で再現するという(わりと失礼な)VTRに出演している。ちなみにこの時与えられた撮影時間はわずか15分だったという。

主な出演作品

ジャンヌ・ダルクジャンヌ・ダルクアリス・アバーナシーバイオハザードシリーズリー・ルー@フィフス・エレメント
ジャンヌ ダルク
バイオハザード
フィフス・エレメント
ヴァイオレットウルトラヴァイオレットミレディ・ド・ウィンター@三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船ニムエ/ブラッドクイーンヘルボーイ
ウルトラヴァイオレット
欲望のままに!
ナタリー・アルテミス@モンスターハンター


外部リンク

公式サイト
公式Twitter
公式Instagram
公式Facebook

wikipedia

関連記事

親記事

女優 じょゆう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラ・ジョヴォヴィッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44010

コメント