ピクシブ百科事典

バイオハザードシリーズ

ばいおはざーどしりーず

バイオハザードシリーズは、カプコンより開発されたホラーアクションゲームシリーズである。
目次[非表示]

「そこを歩く、という恐怖。」

概要

カプコンより開発・発売されている、日本ホラーアクションゲームシリーズであり、基本的なゲームジャンルは「サバイバルホラー」となっている。

1996年に、初代作がプレイステーションより発売されて人気を博して以降シリーズ化され、その後は様々なゲーム機で商品展開されており、全世界でシリーズ累計6600万本以上を売り上げている大人気タイトル。

これは本作と並ぶ同社の代表作である『ロックマン』シリーズや『ストリートファイター』シリーズを上回るものであり、カプコンのゲームシリーズの中では比較的新しいシリーズながら、同社の看板作品の一つとなっている。

※以後、ネタばれ記述あり。閲覧は自己責任で。

登場人物

『』は登場したメイン作品

歴代主人公

クリス・レッドフィールドジル・バレンタイン      レベッカ・チェンバース  
『1』『CV』『5』『6』『7』『ヴィレッジ』『1』『3』『5』『0』『1』
バイオハザード クリス・レッドフィールド
ジル
レベッカ
レオン・S・ケネディクレア・レッドフィールドイーサン・ウィンターズ
『2』『4』『6』『2』『CV』『7』『ヴィレッジ』
レオンさん
Arttrober Day 23 - Claire / クレア
イーサン!


主要キャラ

アルバート・ウェスカーエイダ・ウォンシェリー・バーキン
『1』『CV』『5』『2』『4』『6』『2』『6』
ウェスカーしてますか?
エイダ・ウォン
ばーきん
バリー・バートンジェイク・ミューラーミア・ウィンターズ
『1』『6』『7』『ヴィレッジ』
バイオ バリー・バートン
"Fair enough...!"
ミア


他キャラクター


歴史

※物語の時系列順に掲載。
太字はシリーズの根幹に拘わる出来事。
※ナンバリングタイトル以外の作品も含まれる。
※売上本数は2022年4月のもので100万本以上売り上げた17タイトル内での順位
※総合売上は各エディションを合計した数字、なおRe2とRe3はカプコン公式が別タイトルとしている為別計算
(逆に1リメイクは公式が同ナンバリングとしてるので1の計算にリメイクも含める)


発売順も概ね以下の通りだが『0』は『CODE:Veronica』と『4』の間、『リベレーションズ』は『5』と『6』の間となっている。

劇中年表

日付  出来事
1998年7月22日黄道鉄道事件
7月23日洋館事件
9月Gウイルス争奪事件追跡者(ネメシス)投入アウトブレイクによるラクーンシティ崩壊。
11月シーナ島事件
12月アンブレラ南極基地崩壊
2002年オペレーション・ハヴィエスペンサーレイン号ジャック
2003年アンブレラ終焉
2004年米大統領令嬢誘拐事件テラグリジア・パニック
2005年ハーバードヴィル空港バイオテロテロ組織ヴェルトロ復活?
2006年スペンサー邸突入作戦
2009年キジュジュ自治区バイオテロ
2010年フィロソフィー大学バイオテロ
2011年東スラブ独立運動テラセイブメンバー拉致事件
2012年マルハワデザイアヘヴンリーアイランドイドニア紛争
2013年世界規模のバイオテロ
2014年血塗られた復讐の物語
2017年ルイジアナ州における謎の失踪事件
2021年クリス・レッドフィールドがウィンターズ家を襲撃


メイン作品

BIO HAZARD 0

2002年11月21日にGC専用ソフトで発売され後にWiiに移植。後にHDリマスター版がPS3/XBOX360/PS4/XboxOne/Windows(Steam)/Switchで発売された。

『1』の洋館事件の前日譚で『1』で殉職していた隊員達の生きた姿を見ることが出来る。ラクーンシティ郊外の山中で起きた謎の傷害事件を受け出動した「S.T.A.R.S.」ブラヴォーチームの新人隊員レベッカ・チェンバースと謎の逃走者ビリー・コーエンが事件に挑む。アンブレラ社創立メンバーの登場など、「0」とつくだけあって「事の発端」の描写が多く、T-ウィルスがいかにして作られたかなども描かれる。

尚、レベッカは『0』における設定変更により、それまでと比べ印象が非常に大きく変わったキャラである。『0』でプロトタイラントや巨大ヒルと果敢に戦った彼女が、直後の『1』では……?
元々バイオ2と同様のゲーム機ニンテンドウ64(N64版)として開発されていた経緯がある。
内容は初代バイオと合わせた設定だった。(演出の相違点についてはS.T.A.R.S.メンバーである人物の記事を参照されたし)→エドワード・デューイの設定が仮のN64版とでは異なる。

売上本数125万本、シリーズ順位16位
総合売上455万本、総合売上順位10位

BIO HAZARD

1996年3月22日にPS用ソフトとして発売されたシリーズ第1作。後にGC向けにリメイク版「bio hazard」として発売され、その後HDリマスター版がPS3/PS4/XBOX360/XboxOne/Windows(Steam)/Switchで発売された。

当時は「サバイバルホラー」というジャンルがそもそも無いに等しく、原形は三上真司ディレクターが新人教育の合間に片手間で作ったものだった。販売当初は売り上げに悩んだが、画期的なラジコン操作やホラー映画さながらの演出、グラフィックのレベルの高さが次第に話題を呼び、人気(及びトラウマ)を得た。

アンブレラ社の「T-ウィルス」による事件の発生、クリスとウェスカーの因縁、ゾンビやハンター、タイラントといった生物兵器達等、シリーズ独特の、実写アクションホラー映画さながらな物語要素はこの時点で既に確立されていた。

リメイク版=「biohazard」の方は、大幅な追加要素が付与されているほか、GCのハードパワーを生かした、当代随一の美麗なグラフィックが特徴。

ニンテンドーDS向けのPS版のDS版リメイクをリリースした。

売上本数275万本、シリーズ順位9位
総合売上983万本、総合売上順位5位

バイオハザードDeadlySilence

ニンテンドーDS用ソフトとして発売された。
(ゲームモードの内クラシックモードについてはディレクターズカットからの移植と推測される)

BIO HAZARD 2

1998年1月29日に発売された第2作。PlayStation(PSone)向けに発売され、後にニンテンドウ64(内容は新規ファイルの追加など)、GC向けに移植された。CG版についてはリメイクなのではなく操作方法を変更しただけのベタ移植。

前作が不気味な洋館での探索だったのに対し、今作は死者の街となった「ラクーンシティ」全域が舞台となり、スケール感がアップしより鮮明になったグラフィックで恐怖演出に磨きがかかり、T-ウィルスより危険性の高いG-ウィルスの登場で、ストーリーに深みが増した。

前作では2人の主人公の物語はそれぞれパラレル化していたが、今作では2人の主人公の行動が複雑に絡み合う「ザッピングシステム」を採用し好評を得た。もっとも、レオン中心の物語とクレア中心の物語でやはりパラレル化はしているがこの2作目を最高傑作とするファンも多い。 開発途中で大幅な路線変更があり、路線変更前のバージョンを便宜的にバイオ1.5と呼ぶ場合もある。

2019年1月25日にリメイク版であるPS4/XboxOne/Windows(Steam)にて
バイオハザードRE:2」が発売された。海外版はオリジナルタイトルである「RESIDENT EVIL 2」と同じなので紹介記事では混同しないよう「RESIDENT EVIL 2(2019)」や「~(Remake)」と紹介されているケースが多い。

売上本数496万本、シリーズ順位6位
総合売上496万本、総合売上順位9位

BIO HAZARD 3 ラスト・エスケープ

1999年9月22日に発売された第3作。『2』と同様、後にGC向けに移植されたがリメイクではなくベタ移植。

1作目の主役であったジル・バレンタインが再び登場しラフでセクシーなコスチュームでプレイヤーを魅了した。システム面では特に従来作と変わりはなかったが、『2』の裏で進行していた物語が描かれ、ラクーンシティの壊滅も描かれる。今作を持って、シリーズには1つの区切りがついた。

何よりもこのゲームの象徴と言えるのが新ボスキャラである「ネメシス」で劇中、執拗にプレイヤーを追跡してくる敵で、突如姿を現したかと思えば、驚くべき走力で接近して強力な攻撃を仕掛けてくる上、ロケットランチャーを装備していることも。

不安を煽る出現BGMと「スタァァズ…」という唸り声を聞いた途端にポーズメニューやセレクトボタンを押していたプレイヤーも多い。何より、マップを移動しても容赦なく追いかけてくるという執拗さでプレイヤーを脅かした。

2020年4月3日にフルリメイク版の「バイオハザードRE:3」がPS4/XboxOne/Windows(Steam)で発売された。こちらも2と同じく海外版はオリジナルタイトル「RESIDENT EVIL 3」と同じなので「RESIDENT EVIL 3(2020)や「~(Remake)」と紹介されているケースが多い。

売上本数350万本、シリーズ順位7位
総合売上350万本、総合売上順位11位

BIO HAZARD CODE:Veronica

2000年2月3日に発売されたシリーズ的には第4作にあたるがナンバリングタイトルではない。
DC向けに発売されたが、後にPS2に移植。
のちPS3/XBOX360にHD仕様で移植された。

ラクーンシティ近辺から舞台を移した初の作品で、レッドフィールド兄妹による様々な活躍が描かれる。孤島の刑務所や研究所と南極と舞台を広げ、新型ウィルス「t-Veronica」の恐怖を描く。

売上本数114万本、シリーズ順位17位
総合売上254万本、総合売上順位15位

bio hazard 4

長い間、開発中の画像のみがゲーム雑誌などに出回り、開発中止の噂もあったが、2005年1月27日にGCにて発売され後にPS2/PC/Wiiなどで登場。のちにHDリマスター版がPS3/360/PS4/One/Windows(Steam)/Switchにて発売された。そして、VRゲーム事業を展開するOculusのVRゲームプラットホームのオンラインショップにてOculusQuest版が発売された。

スペインの片田舎を舞台に、合衆国エージェントとして逞しく成長したレオンと、プラーガを使って世界を掌握しようとするカルト教団との戦いを描く。

フルモデルチェンジを掲げ、プレイスタイルや世界観が大きく変化した。従来のラジコン操作TPSから、肩越し視点のTPSへと大幅に路線変更し、前述したように敵もゾンビからガナードへと交代、ほぼ別シリーズとも言ってよい新感覚のゲームへと生まれ変わった。なお、以後のシリーズでは、この操作が基準となっている。

また、そのような変化を遂げたにも拘らず、GCの性能を活かした美麗なグラフィックはもちろん、丁寧な調整や作りこみも評価され、肩越し視点のTPSの傑作として世界で高い人気を得た。従来作のファンからは今なお根強い批判の声が上がっているが、特に海外では多大な人気を集め、ゲーム史上に残る傑作として名が上がることも多い。移植が多岐にわたって行われたのもそのためである。

但し、本作以降のシリーズはホラー要素が薄くなりアクション要素が増えた為、~3までのホラー要素を望んでいたファンからは賛否両論となった。

売上本数160万本、シリーズ順位12位
総合売上1160万本、総合売上順位2位

BIO HAZARD 5

2009年3月5日にPS3/360版が発売。その半年後にWindows版も発売され、PS3ではDLCが収録された完全版であるオルタナティブエディションが発売されている。
2015年には「オルタナティブ~」のWindows版にあたる「GOLD EDITION」もSteamで配信されている。次いで発売されたPS4/One/Switch版は「オルタナティブ~」準拠の仕様。

アフリカを舞台に、クリスとシェバ・アローマが生物兵器撲滅に奮闘する。主に敵対する「マジニ」は、言ってしまえばプラーガ改良種の感染者であり、プレイ感覚も殆ど「4」に近く、オンライン協力プレイを取り入れているのも特徴。

クリスとウェスカーの対決が徹底的に描かれていたり、「リッカー」の再登場など、前シリーズをフォローする要素が多い。クリスの筋骨隆々な体格は海外でもネタにされている、「バイオハザード4」よりもさらにアクション要素が増えている。

売上本数820万本、シリーズ順位3位(バイオハザード6と同数3位)
総合売上1290万本、総合売上順位1位

BIO HAZARD 6

2012年10月4日にPS3/XBOX360にて発売され、半年後にWindows版が、その後はPS4/XboxOne/Switch版も発売された。

今作では趣向の若干異なる3つのシナリオが用意され、「2」のキャラクターや、新キャラ含む、計7人のキャラクターによる物語が展開されるが、チャプターの一つ一つが「5」と比べて非常に長い。

「バイオハザード5」と同じホラー:アクションの割合となり「5」よりも演出面でさらに強化された。
まるでアクション映画のような演出イベントやムービーが多く、これは各キャラを深める要素が増えたとしてキャラクターファンから好評の声もあるものの、その演出中は自由操作が出来ないとして賛否両論を呼んだ。
また過去の0~3ナンバリングで見たようなホラーを望んでいた層からは不満の声が出ている。

売上本数820万本、シリーズ順位3位(バイオハザード5と同数3位)
総合売上1050万本、総合売上順位4位

BIO HAZARD 7 レジデント・イービル

2017年1月26日にPS4/XboxOne/Windows(Steam)にて発売。今までとはガラリと雰囲気が変わり、シリーズの原点である恐怖のために新生した作品。主人公が一般人であるのも特徴。新開発された自社製ゲームエンジン「RE ENGINE」のデビュー作。

シリーズで初めてCEROレーティングがZ(18才以上のみ対象)となる『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』が発売された。

売上本数1080万本、シリーズ順位1位
総合売上1080万本、総合売上順位3位

BIO HAZARD VILLAGE

2021年5月8日にPS4/PS5/XboxOne/XboxSeries/Windows(Steam)にて発売されたシリーズ最新作。北米でのタイトルは「Resident Evil Village」で、どちらのロゴでも「VIII」が重ねられる形になっており「バイオハザード8」になるが「VII.I.AGE」に見える様になっており「8」とでも「7.1」とでも読み取れる様になっている。

前作の主人公であるイーサンが妻のミアと娘のローズと暮らしていた所、クリスに襲撃される衝撃の展開から物語は始まる。

前作と同じく一人称視点で、今作では幻のバイオハザード4にあった要素が組み込まれている。

売上本数610万本、シリーズ順位4位
総合売上610万本、総合売上順位7位

外伝作品

リベレーションズシリーズ

2012年1月26日に3DS向けに発売された作品。オリジナルストーリーを持った携帯機向け作品はシリーズ初。後に「~UNVEILED EDITION」としてPS3/PS4/360/XboxOne/Windows(Steam)/Switch版が発売された。

海洋性新型ウィルス「t-アビス」と、それが引き起こしたテラグリジア・パニックと呼ばれる事故、さらには『5』などに登場するBSAAの創立経緯などが描かれており、『5』までのストーリーを補完しつつも、独立性の高い新たな要素や物語が登場している。

『1』の洋館にも似た雰囲気の豪華客船が主な舞台。主人公はジルやクリスなどの従来キャラ、パーカー・ルチアーニなどの新キャラクター。

ちなみにバイオハザードのゲームでは初めて、日本語吹き替え音声が収録されている作品である(後のオペレーション・ラクーンシティーでも、英語音声と日本語音声の選択ができる)。

売上本数220万本、シリーズ順位11位
総合売上275万本、総合売上順位13位

2015年3月19日発売。PS3/XBOX360にて発売後、PS4/XboxOne/Windows(Steam)/PSVita/Switch版も後にリリースされた。

「バイオハザード リベレーションズ」の続編であり、リベレーションズシリーズの第2作目にあたるが、ストーリー上の繋がりはほとんどない。

売上本数290万本、シリーズ順位8位
総合売上345万本、総合売上順位12位

ガンサバイバーシリーズ

銃型コントローラー「ガンコン」対応のシューティングゲーム。ゾンビシューティングとしてはセガの「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」が有名だが、「ハウス~」がオーソドックスな強制スクロール(勝手に移動する)であるに対し、「ガンサバ」は移動、探索を自らが行い、従来のバイオシリーズの操作感を残している。

質感的にはFPSに近い。


なお、「ガンサバイバー3」は「ディノクライシス・ガンサバイバー」である。

アウトブレイクシリーズ

アウトブレイクは2002年、FILE2は2003年にPS2で発売されたオンライン対応ゲーム。

t-ウィルスが蔓延するラクーンシティを舞台に、地下鉄や病院、警察署などを舞台にした5つの中篇ストーリーを、8人の一般人キャラクターからプレイヤーキャラを選んで体験する。これまであまり描かれる事の無かった「一般市民はどう生き抜いたか?」、「プレイヤーキャラは普通に攻撃食らってたけど、感染してなかったの?」といった疑問を自らが体験する事になる。

操作キャラはそれぞれ特徴のある8人で、中には「S.T.A.R.S.」くずれの警察官や、湾岸戦争を体験した元軍人などの逞しいキャラクターもいるが、ひょろいウェイトレスや駅員、大学生と言った貧弱な者が多い。彼らでは、鍛えられたクリスやレオンと違い、ゾンビ数体を葬る事すら容易には行かない。

ストーリーはすべて独立しているが、実はそれぞれ対応するキャラクターがおり、彼・彼女を主人公に選んでプレイすると、ストーリーの謎が詳しく描かれる。

1つのストーリーごとに、3人のキャラクターが参加する。これはオンラインプレイを前提としたシステムで、ソロプレイではプレイヤーキャラクターが1人とNPCが2人、オンラインでは3人で1つのストーリーを同時にプレイしクリアに挑戦することになるが、特定キャラ以外アイテムを4つ以上持てず、ストーリーを進めるための重要アイテムなどは必然的に他のキャラクターと持ち合うことになる。

オンラインでは効率的にプレイできるものの、ソロプレイではキャラクター選びによっては重要アイテムを持たせたキャラクターがどこかへと勝手に行ってしまったりといった事態も容易に起こるため、難易度としては比較的高い方にある。

なお、現在はオンラインサービスが終了している。

売上本数145万本、シリーズ順位13位
総合売上145万本、総合売上順位16位
※この数字にFile2は考慮していない、File2は総売上が40万本以下だったとしか解らず数が不明な為

派生作品

クロニクルズシリーズ

売上本数130万本、シリーズ順位15位
総合売上130万本、総合売上順位17位


ザ・マーセナリーズ

  • バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D


IF世界

売上本数260万本、シリーズ順位10位
総合売上260万本、総合売上順位14位


携帯アプリ

  • みんなと バイオハザード クランマスター
  • みんなと バイオハザード チームサバイヴ


スマートフォンアプリ

バイオハザード4(スマホ操作対応のリメイク)
バイオハザードポータル(※ブラウザ版あり)

オンライン

  • バイオハザード アンブレラコア
  • バイオハザード RE:バース


フルリメイク

売上本数960万本、シリーズ順位2位
総合売上960万本、総合売上順位6位

売上本数520万本、シリーズ順位5位
総合売上520万本、総合売上順位8位

幻の作品


メディアミックス

映像化

実写版


CGアニメ


漫画


小説


ドラマCD


舞台

  • BIOHAZARD THE STAGE
    • 2015年10月22日から同年11月1日までEX THEATER ROPPONGIで上演された。本作は『5』と『6』の間で、西暦2010年8月の話を描いたストーリーとなっている。ゲームから出演したのはクリス・レッドフィールドとレベッカ・チェンバースのみが登場しており、あとは舞台オリジナルキャラとなっている。
  • ミュージカル バイオハザード 〜ヴォイス・オブ・ガイア〜
    • 2016年9月30日から11月26日まで赤坂ACTシアターと梅田芸術劇場メインホールで上演。ゲームキャラは一切登場せず舞台オリジナルキャラのみで物語は進行していく。
  • BIOHAZARD THE Experience
    • 2017年2月に東京・Zeppブルーシアター六本木、3月に新神戸オリエンタル劇場で上演。舞台と言うよりも気配・音・風などを本当に感じる体感型ステージになる。


公式PV


コラボ


ゲーム以外にも劇中で登場した拳銃が東京マルイとのコラボにてエアガンとして発売されている。

その他

「パチンコ・パチスロ」「体感型ゲーム」「VRアトラクション」等、様々な分野へ広がりを見せている。

関連作品

ゲーム

  • スウィートホーム
    • ファミコンでリリースされた同名ホラー映画のゲーム化作品。RPGというジャンルの中でホラーゲームをうまく表現しており、演出やゲームシステムなどの多くの要素が初代バイオハザードにエッセンスとして活かされた。初代バイオの開発スタッフにも本作の開発スタッフが多数在籍していた。
  • 鬼武者
    • 同じエンジンを使った和風バイオハザード。ゾンビから逃げ惑うのではなく、刀で持ってバッサバッサと敵を切りまくる爽快なゲーム。後にアクション性が高まっていったが、1作目などは、戦国時代の城を舞台に異形の怪物がうごめく……といったような雰囲気で、割とバイオハザードに近いホラー要素を持っていた。
  • デビルメイクライ
    • バイオハザード用の企画が単独タイトル化。こちらも当初はバイオハザードと同じエンジンを使っていた。「biohazard4」として開発していたが、ディレクターの神谷英樹が路線変更を目指しすぎた結果、ホラーアドベンチャーどころかスタイリッシュアクションと化した為、別作品としてリリースされた。
  • ディノクライシス
    • 恐竜版バイオハザード。これもバイオハザードと同じエンジン。「ジュラシック・パーク」のような恐怖を感じられる作品で、全4作の合計売り上げは約440万本とそれなりに人気のあるシリーズだったのだが、現在はひっそりと消えてしまった。主人公・レジーナが主な見どころである。尻にこだわりすぎて何度も手直しさせたため、デザイナー氏を怒らせただけのことはある。
  • 仮面ライダー 正義の系譜
    • バイオハザードのスタッフが関与したため、仮面ライダーハザードになってしまった。
  • モンスターハンター4
    • バイオハザードと同じカプコンより発売されたゲーム。モンスターを凶暴化させる「狂竜ウイルス」という物質が登場。また、ウイルスに感染したモンスターがいったんその場に昏倒して倒れこみ、その後不気味なオーラを発しながら蘇生するというどことなくゾンビっぽい演出が施される。そのため、発売前には「バイオハザードみたいだ」といった意見が多かった模様。実際、TGS2012では、バイオハザードシリーズのディレクターを招待させて「モンスターハンター4」の体験版をプレイさせるといったイベントも行われた。


アニメ


余談


バイオハザードシリーズがいきなり0ならびに4でGCへリリースになったのは、0がニンテンドウ64で開発が進められていた事が丁度GCへの移行期にあたって変更したのと、4からはGCでシリーズ展開する計画だった為。しかし、4のPS2版が発表後にまた路線変更した。

どうしてこうなったのかを元カプコンの岡本吉起氏によればシリーズ展開の舵取りを誤った為と振り返っているが…?

ゲームボーイカラーソフト「BIOHAZARD GAIDEN」がここのラインナップに記されていないのはシステムやストーリーがかけ離れてしまった事や開発スタッフが違う等で黒歴史扱いになっている為と予想される。

実はゲームボーイカラーで「バイオハザード」、GBAで「バイオハザード2」が海外で移植されるはずだったが、ハードスペックでかなり無理があったのか両方とも開発中止になっているが何らかの原因でそれらのベータ版が流出しており、動画サイトでプレイ動画を見る事も可能。

関連イラスト

バイオ
BIO


バイオハザード
ナンバリングの主人公’s


Umbrella
家族写真



関連タグ

会社カプコン
スタッフ三上真司神谷英樹小林裕幸稲船敬二
ジャンルホラーゲームサバイバルホラーアクションゲーム
表記BIOHAZARDRESIDENTEVIL生化危机바이오하자드惡靈古堡
場所ラクーンシティ
組織アンブレラS.T.A.R.S.R.P.D.BSAAテラセイブコネクションH.C.F.ハウンドウルフ隊ウルフパック
武器サムライエッジシルバーゴーストセンチネルナイン
兵器B.O.W.T-ウイルスプラーガ特異菌
ハーブ救急スプレー
NLバイオハザードのカップリング一覧
BLBH【腐】
ネタおっぱいのペラペラソースカプコン製ヘリ
イベントバイオハザード25周年バイオハロウィン
users入り
二次創作のび太のBIOHAZARD
二次コラボばいおフレンズポケモン×バイオハザードFate/BioHazardらぶバザ
表記ゆれBiohazardResident Evil


鈴木史朗 / 加山雄三:両者ともにシリーズの大ファン。

関連リンク

ゲーム専用サイト


外部リンク

関連記事

親記事

カプコン かぷこん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バイオハザードシリーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バイオハザードシリーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301057

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました