ピクシブ百科事典

稲船敬二

いなふねけいじ

稲船敬二とは、日本のゲームクリエイターである。

概要
かつてはカプコンに在籍していたゲームクリエイターで、『ロックマン』シリーズ10作目までのキャラクターデザインエグゼゼロシリーズのプロデュース等を行った人物。(※)
現在はカプコンを退社し、株式会社コンセプトと株式会社インターセプトの代表取締役を勤めている。

古くからカプコンのゲーム製作に携わっており、日本のゲームクリエイターの中でも特に海外のゲームやその動向に注視している事でよく知られているが、その一方で「日本のゲーム業界は終わった」「日本のゲーム業界はまずは負けを認めよう」等といった歯に衣着せぬ物言いから、業界内外で要らぬ対立や論争も生み出しているのも事実である。

また、TV番組『カンブリア宮殿』に出演した際は会議中に「どんな判断や?金、ドブに捨てる気か?何千万もかかってるんだぞ」と部下に言い放った事からインターネット上で話題となり、自身の著書やゲーム内でのネタとして扱われているようになっていった。


※…ロックマンの生みの親とよく言われがちであるが、ロックマンの生みの親はA.K(北村玲)であり別人である。

関連タグ

ゲームクリエイター
どんな判断だ
バクダン★ハンダン
圧倒的遊戯ムゲンソウルズ

pixivに投稿された作品 pixivで「稲船敬二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23467

コメント