ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

「バイオハザード ヴェンデッタ」(原題:Biohazard: Vendetta)(英題:Resident Evil: Vendetta)とはバイオハザードシリーズを原案とした全編フルCGアニメーション映画の第3弾。


2012年に公開された前作「バイオハザード ダムネーション」同様にゲーム版の設定を継承した完全新作映画である。

時系列的には、ネオアンブレラの名前が触れられている為、バイオハザード6バイオハザード7の間に位置する。


フルCG作品では初登場のクリス・レッドフィールドと前々作と前作から引き続き登場のレオン・S・ケネディというシリーズを代表する二大ヒーローが初タッグを組み、レベッカ・チェンバースバイオハザード0以来の登場を果たした。



製作会社が一新されている影響からか、原点回帰とも言える初代を彷彿とさせるホラー要素が色濃く表れている。

また、シリーズを代表するクリーチャーであるゾンビが前々作ディジェネレーション以来の登場、その大群をクリスとレオンがCG映画ならでは(というかCGじゃないと不可能)のアクションでスタイリッシュに倒していくアクションシーンも盛り込まれており、原作ファンはもちろんの事、初心者でも楽しめる要素満載の作品である。


タイトルのヴェンデッタは、イタリア語復讐を意味し、本作の黒幕グレン・アリアスの犯行動機でもある。


そのタイトル通り、「復讐」が「復讐」を引き起こし、「憎しみ」が「憎しみ」を呼ぶという終わりの見えない負の連鎖を描いたシナリオとなっている。






ネタバレ注意

ここから先は映画本編のネタバレを含む記述がありますので閲覧は自己責任でお願い致します!!


















ストーリー

バイオテロ組織BSAAクリス・レッドフィールドは、ある情報を基に、潜入捜査中に行方不明となった自身の部下であるキャシー・ホワイトと息子のザックの救出の為に、メキシコ陸軍特殊部隊「GAFE」との共同作戦で、ある国際指名手配犯の武器密売組織のアジトである謎の洋館へ突入する。



探索の最中、トラップと敵味方を区別する高度に制御されたゾンビ群によって、部隊が続々と壊滅する中クリスは辛くも生き延び、目的の国際指名手配犯の武器商人、グレン・アリアスと対峙するが、既にキャシーは息子と共にゾンビ化させられており、信じがたい事実を目の前にして、その結果アリアスを逃してしまう。


その一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。

その直後、研究所がアリアスの側近であるマリアに襲撃されバイオテロが発生、レベッカは死の危険に晒されるがギリギリの所で助かる。


協力を求めるため、クリスとレベッカは新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属で休暇中のレオン・S・ケネディの元へ向かう。


レオンは任務でトールオークスのバイオハザードに関わっていた上院議員の逮捕にあたっていたが、情報屋のパトリシオの裏切りによって任務は失敗に終わり、作戦に参加していた同僚エージェント達がほぼ壊滅してしまい、多くの同僚を失った事と終わりが見えない戦いに疲れ果て、自暴自棄に陥り、酒に溺れ、クリスの話をまともに取り合おうとせず拒絶する。

再会を果たした二人だが、そんなレオンに対してクリスは怒り、二人はぶつかり合う。

しかし、そんな所で突如襲撃を受け、レベッカはアリアスの配下に連れ去られる。

二人は、アリアスの真の目的が“バイオテロ”だと知り、策略を阻止する為、彼を追いニューヨークへ向かうのであった。




実はアリアスには悲しい過去があり、その事件をきっかけに復讐鬼と化し、バイオテロを企んだのだった……




ーーーー誰が一体、何の為に、戦うのか?これは血塗られた復讐の物語。-----





登場人物

主人公達

クリス・レッドフィールド (Chris Redfield)


レオン・S・ケネディ(Leon S. Kennedy)


レベッカ・チェンバース(Rebecca Chambers)


グレン・アリアス (Glenn Arias)(本作の黒幕にしてラスボス)


マリア・ゴメス (Maria Gomez)


ディエゴ・ゴメス (Diego Gomez)


BSAAの精鋭部隊「シルバーダガー」の面々

D.C


ダミアン (Damian)


ナディア (Nadia)(CV:戸松遥



その他の人物

パトリシオ(レオンから憎まれている小物の情報屋)


アーロン(レベッカの仕事仲間のポストドクター)



小説版(ノベライズ)

角川ホラー文庫より出版。本作の脚本を担当した深見真氏が作者である。

映画では語られなかった登場人物達の過去や更に詳しい設定やレオンを除くDSOエージェントが壊滅するなど映画本編では描かれなかったエピソードを補充されている。



関連タグ

バイオハザード biohazard ゾンビ


BIOHAZARD_THE_STAGE:同じくクリスとレベッカが共演した作品。


時系列

関連記事

親記事

バイオハザード(CGアニメシリーズ) ばいおはざーどのしーじーあにめさくひんまとめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101460

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました