ピクシブ百科事典

マリア・ゴメス

まりあごめす

「マリア・ゴメス」(Maria Gomez)とは「バイオハザード ヴェンデッタ」の登場人物。

CV:クリスティーナ・ヴァレンズエラ/大原さやか(日本語吹き替え版)



概要

グレン・アリアスに付き従う側近副官的ポジションのスレンダーブロンド美女。(ちなみに巨乳。)

胸元背中が大胆に開いたセクシーな黒のレザースーツを着用している。


その正体はディエゴ・ゴメスの実の娘であり、父と共にアリアスの結婚式に参列していたが、自身も爆撃に巻き込まれ、右目を失う。(失った右目は前髪で隠している。)
(小説版では妻子と記述されているので母も共に参列していた様だが、母は死亡したと思われる。)

アリアスの復讐に協力する為に、父と同じく肉体改造を受けたのでその戦闘能力は高く、レベッカを容易に気絶させている。
小説版ではムエタイを駆使し、サバイバルナイフを使って、シルバーダガーの面々を圧倒している。

しかし、肉体改造の影響からか人間的な感情が薄れており、常に無表情で背後で爆風が起こっても眉一つ動かさない。
物語後半で登場するアリアスの結婚式で父ディエゴと共に穏やかな笑みを浮かべる写真からも分かる様に、かつては笑顔もあり感情豊かな美女だった様だが、今ではアリアスの側近としてただ任務を忠実にこなすだけのまさにロボットの様な存在となってしまう。

だが、唯一父のディエゴには僅かながらも感情を見せており、親子の絆に変わりはない様子。


序盤から登場し、側近の名の通りアリアスのサポート的な立ち回りが多く、レベッカの研究所でバイオテロを引き起こすなどの破壊工作やクリスレオンらを襲撃しレベッカを拉致する敵地への潜入、そしてバイオテロ決行時にはトレーラーによるガス散布を担当するなど策謀面(裏方)での活動が目立ち、クリスやレオンなどと直接対決はしていない。
(ただし、小説版ではレオンと直接対決をし、シルバーダガーのダミアンの頭部を狙撃し殺害している。)


作戦決行中にシルバーダガーのオスプレイからの爆撃に巻き込まれ負傷し、道路で倒れ、気を失っていたのが・・・・











負傷したものの、死亡はしておらずラストシーンに登場し、父・ディエゴの仮面を表情無く静かに見つめながら佇む姿だったが、その瞳はウェスカーの様に赤く不気味に輝いていた・・・・

彼女の心境は小説版で明かされており、父親の残骸を見て、やはり「復讐しなければいけない・・・」と考えているようである。



タイトルの「ヴェンデッタ」=「復讐」の名の通り、「血塗られた復讐はまだ終わらない。」「悲しい復讐の連鎖はまた新たな復讐を生み、憎しみからは憎しみしか生まれない。」というメッセージが込められていると思われ、また残された彼女の再登場にも期待したいものである。





関連タグ

バイオハザードヴェンデッタ バイオハザード グレン・アリアス バイオハザードの登場人物
ディエゴ・ゴメス…実の父でありアリアスのボディーガード。

pixivに投稿された作品 pixivで「マリア・ゴメス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 430

コメント