ピクシブ百科事典

アルバート・ウェスカー

あるばーとうぇすかー

『バイオハザード』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

※タグは「ウェスカー」のみの使用が大半

プロフィール

年齢38歳(『1』『CV』)→42歳(『DC』)→43歳(『UC』)→44歳(『4』)→46歳(『5』)→48歳(『5』)
身長183cm→190cm(『5』)
体重84.5kg→90kg(『5』)
血液型O型
趣味フットボール、戦史研究


概要

シリーズを通しての黒幕かつダークヒーロー的存在であり時には実質的な主人公を務める。
容姿端麗な長身でガタイの良い白人男性。
金髪オールバックと屋内でもつけている漆黒のサングラスと黒服を好んで着用している。
瞳の色は元々碧眼だったが、死亡を経て蘇生を果たした『CV』では赤く発光する黄色目となった。
しかし蘇生した経緯が描かれている『UC』では赤く発光するも目は青だった。
また、『CV』以降の『DC』でも青目のままになっている。それ以降の『5』では黄色目。

生い立ちに関しては『5』にてオズウェル・E・スペンサーの口から「ウェスカー計画」という、アルバート自身も知らなかった事実が語られる。
スペンサーはウイルスを使った強制進化で自らが新人類の創造主となる野望を成就するため、完璧な肉体と頭脳を持つ従順な被験者を育成することを計画し、世界各地から才のある両親から生まれた子どもを集めてその全員に計画の主任研究者の「ウェスカー氏」の姓を取り、「ウェスカー」の名を与え、アンブレラによる庇護や極秘裏の監視下で英才教育を施した後、全員に様々な手段で謎のウイルスを投与させ、生き残った者を次の段階へ移行させようと目論んだ(同期でライバルのウィリアム・バーキンからアルバートが受け取ったウイルスも、実は自身に投与させるための策略であった)
しかし、この実験でアルバートとアレックスを除くほとんどのウェスカーが死亡するという結果に終わり、アークレイ研究所で発生した生物災害事件(「洋館事件」)のトラブルも重なって計画は頓挫してしまう。
ウェスカーとなったアルバートの資質と成長にスペンサーは満足していたが、真実を知ったアルバートは自らがスペンサーの野望に取って代わることを決意し、彼を手刀で殺害した。

『1』ではラクーンシティ警察署特殊部門『S.T.A.R.S.』隊長にして、同隊アルファチームのリーダー。
この時点ではアンブレラの情報部に所属しており、生物工学に精通した知識を陸軍に買われて技術将校となり、民間企業(=アンブレラだが具体的な企業名は明記されていない)の要職を務めたという異色かつ偽りの経歴を用意され、S.T.A.R.S.の創設を後押ししたアンブレラの推薦により隊長の地位に着く。
『CV』『4』『UC』『5』では一部でプレイヤーキャラクターとして操作可能で自身に投与したウイルスに適応後に超人的な能力を得ており、『4』『5』や実写映画では強力な体術や弾丸避けも駆使しており、その強さは『マーセナリーズ』でも反映されている。さらに小説版『UC』では、リサ・トレヴァー以外のB.O.W.と同調し、意のままに操れた。
『0』のウェスカーモードにおいてはピアノが弾けるという器用な一面も明らかにされた。

性格は極めて冷静沈着で鋭い観察力と洞察力から感情よりも論理的な考え方を優先する。
自身の野望の邪魔になるクリス・レッドフィールドを憎みながらも彼の能力の高さから陽動として自らの目的や利益になるよう利用した。
また『5』では目的の為なら手段を選ばない一面を見せており、自分以外の人間を利用するだけ利用して用済みとなれば簡単に切り捨てる(エクセラ・ギオネ)など極めて冷徹かつ冷酷非情な人物である。

しかし指揮官としては非常に有能であり、S.T.A.R.S.時代にはメンバー達から絶対的な信頼を寄せられていた。
射撃技術も寄宿舎で飛行するワスプを難無く撃ち落とすなど、優れた技術を見せる。
もしも味方となれば、非常に心強い存在である
また身体能力と戦闘能力ともに超人的であり、『5』ではマトリックスもビックリのアクロバティックなアクションを披露した。

近年では対戦型格闘ゲーム『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』にクリス&ジル(DLC)とともに参戦した。MVC3参戦時の出典作品は『5』となっており、
使用する技の多くはバイオハザードのミニゲーム「THE MERCENARIES」で用いられた体術がもとになっており、技名の多くが漢字表記となっている。(なお、サムライエッジは特殊技の一環として用いる。)
また、彼のハイパーコンボ(超必殺技)のひとつに、相手に打撃をたくさん与えた後にウロボロス・ウィルスの仕込まれたミサイルをぶち込む『連環殺』がある。

バイオハザード6にて、なんと息子がいることがわかった。

G-ウィルス開発者のウィリアム・バーキンは、アンブレラ所属当時に幹部養成所で知り合って以来のライバル兼友人。
共に10代で主任研究員としてアークレイ研究所に着任してからの約10数年間をT-ウイルスの研究に勤しみ、アルバートが様々な理由から情報部へ転属した後も関係は続いていたようで「洋館事件」が発生するまでの20年間関係を維持していた。
アルバートが情報部へ転属した後にアンブレラからの離反を決断した際、ウィリアムにはその事を告げており、ウィリアムは「バカな裏切り」と評しながらも本社へ報告しなかったことから彼なりにアルバートへの友情は持っていた模様。
逆にアルバートがウィリアムに対して本当の友情を持っていたかは不明だが、少なくとも研究者としての自分に見切りをつけたのはウィリアムがきっかけである為、彼の才能を認めていた事が伺える。
(実際に「Wesker's Report」にシェリーが自分達の手にある際に「バーキンの事だ、まだ何かをこの娘に隠しているに違いない。」と記している。)

リベレーションズ2の黒幕でもう一人のウェスカー計画の生き残りの女性、アレックス・ウェスカーとは生前に深い交流があった事を伺わせる文章がいくつか登場しており、さらには彼女と共に並んで描かれた肖像画が登場する。(暖炉前のソファにアルバートが腰かけ、その横でアレックスが腰に手を当てたポーズをして共に並んでいる姿が描かれている。)
作中ではアレックスはアルバートを兄の様な存在と見ており、自らを遠回しに「アルバート・ウェスカーの妹」と名乗っているが、実際に血縁関係がある訳ではない。
またアルバートがアレックスにどの様な感情を持っていたかは明かされていないが、開発した「ウロボロス・ウイルス」が完成段階に達した時点で、アレックスに現物を提供している事から一定以上の信頼を寄せていた事が伺える。
あくまでも「同じ環境で共に育った兄妹同然の関係。」という見方が適切かもしれない。


登場作品

メインとなった作品一覧

  • 『バイオハザード0』
  • 『バイオハザード』
  • 『バイオハザード CODE:Veronica』
  • 『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』
  • 『バイオハザード5』
  • 実写映画『バイオハザードIII』
  • 実写映画『バイオハザードIV アフターライフ』
  • 実写映画『バイオハザードV リトリビューション』
  • 実写映画『バイオハザード ザ・ファイナル』


その他の作品一覧

  • 『バイオハザード4』
  • 『バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ』
  • 『MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds』
  • 『Ultimate MARVEL VS. CAPCOM 3』


演じた声優・俳優

  • Sergio Jones(『1』オリジナル版)
  • Richard Waugh (『CV』『0』『4』)
  • Peter Jessop(『1』リメイク版)
  • D.C.ダグラス(『UC』『5』『DC』)
  • ジェイソン・オマラ(『III』)
  • ショーン・ロバーツ(『IV』『V』『ザ・ファイナル』)
  • 立木文彦(VHS/DVD版吹き替え)
  • 中博史(『Ⅲ』地上波放送吹き替え)
  • 大塚明夫(『Ⅳ』『Ⅴ』地上波放送吹き替え)
  • 中田譲治(『MVC3』/『UMVC3』/『1(HDリマスター日本語吹き替え)』)

関連イラスト

ウェスカー?
back



小ネタ

バイオ2にて、署内のウェスカーの机の中を根気よく調べると、ある人物の写真が手に入る。題名は『期待のニューフェイス』
一見、可愛い部下に目をつける上司のような人間臭さを感じられるネタであるが、後続のシリーズで明らかになったウェスカーの性格や行動からすると、彼女の科学、薬物に関する一流のスキルに着目していたとも推測できる。

バイオ5にて瞬間移動のような挙動で銃弾を避けるという技を見せるが、ゲーム処理の関係上、どうしても「銃弾が当たってから回避する」という描写が幾つか存在してしまったため、ファンの間では「実はただのやせ我慢」「スタイリッシュに装っているだけ」とも評されてネタにされた。

関連タグ

ウェスカー バイオハザード RESIDENTEVIL

pixivに投稿された作品 pixivで「アルバート・ウェスカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 779624

コメント