ピクシブ百科事典

オズウェル・E・スペンサー

おずうぇるいーすぺんさー

バイオハザードの登場する大企業“アンブレラ”の創設者の1人にして、シリーズで起きる悲劇の元を生み出した全ての元凶。
目次[非表示]

身長:179.4cm。体重:65kg。血液型:O。年齢75歳
CV/アダム・クラーク

概要

バイオハザードシリーズの登場人物の1人で、ヨーロッパでは知らない者はいない名門貴族出身である有名な生物学者絵画美術品のコレクター。

製作者やプレイヤーからも定評のある悪徳大企業アンブレラ”の総帥を務めていただけに人間性を一言で言うと冷酷非道かつ自己中心的。
世界的大富豪であり、名門貴族仲間のエドワード・アシュフォードと生化学者のジェームズ・マーカスの2人の学友と共にアンブレラを創設した1人。
シリーズで起こるT-ウイルスなどの生物生体兵器による数々のバイオテロや多数の悲劇を生みだす原因を作った全ての元凶にして真の黒幕的存在でもある。

シリーズでは初期作品からその名前だけは明かされていたが実際に登場したのが1作目から10年以上経ってから発売されたバイオハザード5であった事もあり、その人物像は未だに謎めいた点が多い。

少ない断片的な情報から窺い知れることはアンブレラの創設者にしてトップを務めているだけあって非常に強い選民思想の持ち主であり、“始祖ウイルス”のサンプル確保の為に同ウイルスの発見地を聖地として崇めるンディパヤ族から力ずくで奪う、友人であったマーカスやアークレイ研究所を設計したジョージ・トレヴァーを機密保持の為に利用するだけ利用した挙句に謀殺する等、その人間性は極めて冷酷非道かつ後述する自身のとある目的のためには手段を選ばない計算高い一面を持ち合わせている。少なくともサナオーリア島の住人が言っていたように人間性が殆ど感じられない悪魔のような人物であった事だけは確かなようだ。

以下ネタバレに付き注意‼




























目的

始祖ウィルスを元に作られたT-ウイルスだけでも兵器としての採算が取れるのにも関わらず高価で制御の難しいB.O.W.の開発を推進する、ウイルスが漏れ出した際に甚大な被害の拡大をもたらしかねない生態系の宝庫であるの中にウイルスの研究施設を置く等、その言動や行動方針には不自然な部分が多く、プレイヤーやアンブレラの幹部候補生であったアルバート・ウェスカーなどの一部の登場人物から疑問を抱かれていたが、永らくゲーム本編に登場せず目的が記された文章などの資料も存在しなかったため、1作目から十数年たって発売された5に登場した本人の口から語られるまでは謎のベールに包まれていた。

その真意とは“T-ウイルスの性質を利用して人類を強制的に進化させ20万年続いた人類の歴史に終焉をもたらし、新人類を誕生させ新たな人類による理想郷を創造し自身がその世界を作り上げたとして君臨するという狂気の思想を実現させる事。

つまり今までの活動は、ウイルスによって進化する事のできる極一部を除いた人類が淘汰される世界を造り出す神となる為に行ってきたステップに過ぎず、始祖ウイルス確保の為にンディパヤ族を聖地から追いやったのも、誰にも知られる事無く始祖ウィルスの研究及び実験場としての役割を担う器アンブレラを創立したのも、新世界の住人“ウェスカーたち”を育成していたのも全てはこの歪んだ理想を実現するための布石でしかなかったのである。

また、今までのB.O.W.の開発研究もこの狂気じみた野望実現の過程で誕生した副産物にしか過ぎない。

(アメリカ政府の責任逃れという側面も有ったが)10万人ものラクーンシティ市民の尊い命が犠牲となった“ラクーンシティ事件”の責を問われ始まった“ラクーン裁判”でアンブレラを護ろうとした事も、実際の所は自身の野望を実現させるための時間稼ぎでしかなく、ぶっちゃけ始祖ウィルスの研究データさえ無事ならば裁判の結果に関わらず、ただの器でしかないアンブレラがどうなろうと知ったことではないと考えていた模様(ただしアンブレラ崩壊後の上級幹部たちの動向には懸念を抱いていた)。
実際、今まで行ってきたアンブレラの暗部が表に引きずり出された事で裁判に負け、アンブレラが崩壊した後も中身さえ無事なら別に良いと気にも止める事無く、表舞台から姿を消し極秘裏に自身の理想実現の為に暗躍を続けていた。

しかし順風満帆に進んでいたかに見えたその野望も、人類誰しも訪れる老いという宿命には抗う事が出来ず、このままでは自身の理想を実現させることが困難だと悟った彼は研究を一時的に中止し、ウェスカー計画の数少ない生き残りであるアレックス・ウェスカー不老不死の研究を指示するが研究が遂に実った時点で突如としてアレックスが裏切り、今までの研究成果全てを持ち逃げして行方をくらましてしまう。

時を追うごとに進行する老化により多くの臓器が機能不全を起こし、それを機械で補う事で辛うじて命を繋いでいるという体たらくで時間ばかりか寿命さえも余裕が無くなっていた彼にとって彼女の裏切りは正に絶頂から奈落の底へと叩き落とされたも同然の事であり、これを切っ掛けに疑心暗鬼となり強い人間不信に陥った彼は唯一信頼のおける執事のパトリックと共に細々と実験を行い起死回生を図ろうとするも、思うような成果が挙げられなかったのか、または自身の死期を悟ったのかは定かではないがそれから程なくしてある日突然にパトリックに暇を出す。

そして心を許す事の出来る相手が1人もいなくなった彼はある人物をヨーロッパ某所の私邸へと招きよせる。

「私の寿命もあと僅かだ 神の資格を持ちながら肉体の限界に逆らえぬとは 皮肉なものよ」

最期

自分の居場所を遂にBSAAに突き止められ、その一員となっていたクリスジルが邸宅の突入を試みる中、待ち望んでいた人物が遂にやって来た。

それはあのアルバート・ウェスカーであった。自分の所へ戻ってくるように仕向ける形でアルバートと再会したスペンサーは自身の理想とウェスカー計画について語り出す。

「私は神になり いずれ新世界創生に立ち会うはずだった ラクーンの失態以降 計画は途絶したがな……」

「だが お前という才能を創り出しただけでも意義はあった」

自身の最高傑作の1つであるアレックスが裏切り自身の前から去った今、もう1人の生き残りであるアルバートに自身の夢を語り最後の希望を託そうとしていたが…

「神か… なるほど 俺が引き継ごう」

その言葉と同時にウェスカーは自身の創造主であるスペンサーの肉体を手刀で容赦なく貫いた。

「神の資格? 笑わせるな 貴様にはそれを口にする資格すらない その言葉を口にしていいのは真に力ある者だけだ」

スペンサーの野望を引き継ぐ事を宣言したアルバートによって引導を渡され、己の半生を賭けた目的を果たせぬまま絶命する。

かつて世界を未曾有の恐怖に陥れ主人公達の人生を一変させたアンブレラの総帥であったが、1作目からかなりの年月が経過していたため、アルバートの回想に登場した際は生命維持装置で延命して車椅子生活を余儀なくされている等、アンブレラの頂点に君臨していた頃の権力や威厳を失い弱りきった瀕死の老人に成り下がっていた。

己の身勝手で歪んだ野望の為に数多くの無関係な人間を道具として切り捨て、他者の命を散々弄んだ彼の最期は、今までの繁栄ぶりとは程遠い惨めなものであり、自分が行なってきた非道行為すべてが仇となって自身に跳ね返って来た因果応報ともいえる末路であった。

これにより、アンブレラの創立メンバー3名は全員この世を去る事となったが、彼がこれまで行なってきた計画により誕生した呪いの産物達(その呪いの産物の代表的人物が自身を殺害したアルバート・ウェスカーと裏切ったアレックス・ウェスカーである。)は彼の死後も世界で猛威を振るい続けており、彼の歪んだ野望の傷跡は深く世界にバイオテロという名の悲劇をもたらし続けている。

まるで、それこそが彼の野望である新人類を生み出すための実験や淘汰の為とでもいうように世界は未だ彼の呪縛から解放されていない。

関連項目

アンブレラ エドワード・アシュフォード ジェームズ・マーカス アルバート・ウェスカー ウィリアム・バーキン アレックス・ウェスカー ディルク・ミラー 全ての元凶 吐き気を催す邪悪(?)

pixivに投稿された作品 pixivで「オズウェル・E・スペンサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 885

コメント