ピクシブ百科事典

レーザートラップ

れーざーとらっぷ

レーザートラップとは、映画版「バイオハザード」に登場する警備システムのことである。またはみんなのトラウマである。
目次[非表示]

概要

映画版『バイオハザード』は上映国によってはR-18指定がされるほど残酷な描写が多いことで有名だが、中でも残酷なのが『1』で見られたレーザートラップによって特殊部隊が全滅する場面であろう。

このトラップ、逃げ場のない狭い通路の正面から横一文字のレーザー光線が迫ってきて、侵入者の肉体を切断しようとするというシンプルかつ残酷な代物。
トラップの通路に入った特殊部隊の隊員たちは、途中で通路内に閉じ込められてしまい、外にいる仲間に必死に助けを求める。
1回目のトラップで衛生隊員のと男性隊員のがスパッと切断されてしまう。
2回目のトラップでは残った隊長と男性隊員が回避を試みるものの、男性隊員の方は避けきれずに胴体を真っ二つにされてしまう(この時、直前まで低い位置にあったレーザーが、隊員の回避ジャンプを見越して上部に移動するという意地の悪さ)。
唯一生き残った隊長は3回目のトラップに挑むも、3回目はなんと逃げ場のない網目状のレーザーでそのままその隊長の体は細切れになってしまう…(通称、サイコロステーキ)。

この場面は仲間や多くの視聴者に衝撃を与え、心にトラウマを植えつけた。なおこの場面は地上波放送の際にはかなり修正が加えられている。それでも結構グロい。
この場面が印象に残るのは、その殺害手段の残酷さもさることながら、1、2回とギリギリのところで回避させ希望を見せておきながら最後には絶対回避不能な状態に追い込むといういたぶりの描写と、レーザートラップ解除がタッチの差で間に合わないというえげつなさ、それまでの道中での頼れる存在であり「この人なら最後まで生き残るかも…」と視聴者に思わせた隊長が、その矢先に細切れになって惨殺されるという意外性などが主な要因であろう。

因みに劇中で一度このレーザートラップのあった場所に戻るシーンがあるが、そこで隊長のサイコロ肉塊がほんのわずかだけだが映っている。

映画版『バイオハザード3』『バイオハザード5』『バイオハザードザ・ファイナル』でも再び登場している。

オマージュ

・ゲーム版バイオハザード4では同様のレーザートラップが存在。時期はこちらが後なので逆輸入と言えるだろう。コマンドでスタイリッシュにレーザーを避けるレオンのなんとカッコいい事か。というか人間をやめてる。ちなみに回避に失敗した場合、日本版だと単に吹っ飛んで即死だが北米版だと映画版通りに素晴らしいレオンの真っ二つっぷりが披露される。
・更にアンブレラクロニクルズでは映画版バイオの施設「ハイヴ」をまんまオマージュした施設がオリジナルストーリーにて登場。レーザートラップが初見殺しとして登場する。回避成功すると人間をやめたクリスジルのスタイリッシュな回避がみられる。というか後ろ開いてるんだからそのまま逃げればよかったのに…
バイオハザード6でもレーザートラップが登場。しかし、上記した他作品と違って即死はしないがけっこう痛い。しかも発生源を破壊しない限り永遠に起動するため、注意。
・「Angelbeats!」でもレーザートラップが登場。対天使用のはずが暴走してSSSメンバーを一名ズタズタに裂いた。ってか誰だアレ作った奴・・・作り方なんで知ってんだよ・・・

関連タグ

みんなのトラウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「レーザートラップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55127

コメント