ピクシブ百科事典

オクト・エキスパンション

おくとえきすぱんしょん

NintendoSwitch用ソフト「splatoon2」の有料追加コンテンツ。
目次[非表示]

概要

2018年6月14日に配信された有料追加コンテンツ(1800円+税)。
タコの若者を操作してチャレンジをクリアし、地上へ脱出する事が目的となる。
見事地上へと脱出できると、タコの姿をナワバリバトルなどで使用可能になる。

内容

チャレンジは全80で様々なお題が設定してあり、NAMACOポイントを消費して挑戦する。
クリアすると隣接する次のチャレンジに挑むことができ、クリアの証としてキャラクター等を模した消しゴムの様なネリメモリーを獲得できる。

何度も失敗するとテンタクルズに助けを求める事でステージを飛ばすことができ、この方法で最後までクリアしてもタコの使用が解禁される。

ストーリー

駅のホームの様な場所で目覚めた一人のタコの若者。そこはネル社が運営する地下実験施設を繋ぐ鉄道、深海メトロの一部だった。しかし、若者は全ての記憶を失っており、自分が誰なのかもわからない。

「もしや おヌシ・・・魂にシオカラ節のグルーヴを宿したタコなんか・・・?」

偶然出会ったアタリメ司令に8号と名付けられ、彼とテンタクルズに手助けをしてもらいながら、若者は地上を目指すことになる。

果たしてその先にある真実とは・・・。

キャラクター

8号(No.10008)

タコちゃん


記憶を失ったタコの若者。
No.10008の8を取って、8号とアタリメ司令に名付けられる。
最初に目の色や髪型を選ぶ(思いだす)ことができる。

アタリメ司令
8号が出会うおじいちゃんで、実はシオカラーズの祖父。
3号前作でタコ退治を手伝った若者)と共に偵察に出たが、何者かに襲われ8号と共に地上を目指すことになる。

3号
前作での主人公。
前作とは違い、マントを着けている。

消毒済みのタコ
いつもと様子が(というか色が)違うタコトルーパータコゾネス
青と黄色が主となっていてはっきり言ってキモい。
地下の実験施設に足を踏み入れると消毒され、自我は無くなってしまうようだ。

テンタクルズ

オクトのテンタクルズ


おなじみの2人。8号に様々なアドバイスを送り、地上へと導く。
いつもとファッションが違い、ヒップホップ風になっている。
また、二人の過去や出会いも明かされる。
NAMAKOポイントが足りなくなると、ヒメ(のパパの財布)から借りる事ができる。

ナマコ車掌
深海メトロの車掌で地下施設の案内人。どんな業務もそつなくこなす。
外見はナマコそのものだが、車掌らしく帽子を被っている。
青い半透明の体内には発光器官があるようで、キラキラと光が揺らめいている。
8号に地上へと出る方法を教える。

グソクさん
深海メトロに乗車しているダイオウグソクムシの深海の住人。
ダークグレーのスーツと丸型サングラスを身に付けた大柄の乗客。
その見た目から怖そうな印象を受けるが、実は気さくなジェントルマン。
ネリメモリーをシリーズでコンプリートすると、特別なギアをプレゼントしてくれる。

デンワ
深海メトロ中央駅に設置していあるレトロな電話。
8号にNAMAKO端末とNAMAKOカードを渡す。

その他にも、深海生物がモチーフになっているキャラクターが多数登場する。

関連タグ

splatoon2

関連動画

pixivに投稿された作品 pixivで「オクト・エキスパンション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104416

コメント