ピクシブ百科事典

タルタロス

たるたろす

ギリシャ神話の神。奈落そのもの。英表記はTartaros/Tartarus。希表記はΤάρταρος(ΤΑΡΤΑΡΟΣ)
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ギリシャ神話に登場する世界。
  2. 女神異聞録ペルソナおよびペルソナ3に登場するダンジョン
  3. MK-STYLEの運営するMORPG。 ⇒ TARTAROS


概要

ギリシャ神話、またはその神が管理する場所の名。
ギリシャ神話でいう地獄であり、仏教用語を借用して奈落と訳すこともある。
冥府のもっと底にあり、青銅の門と壁で守られているほか、普通の人間は突風にあおられ立ち入ることすらできない。

タルタロスの住人達

タルタロスには、かつてゼウス神族に反旗を翻したティターンテュポーンが閉じ込められている。なお、彼らが暴れる余波で地震や台風が引き起こされるという。
また冥府における審判の結果とくに罪深いとされた者、あるいは大神ゼウスの勅命で神々への反逆者とされた者らもタルタロスに送られる。

ギリシャ神話ではタルタロスに送られる者は一般に多くないとされていた。天国のエリュシオンに招かれなかった者のうち大部分は、ハーデス自身の治めるエレボスで特に罰せられることもなく暮らしていたという。

しかし後世のローマ時代に書かれた『アエネイース』となると、死せる者のうち僅かだけがエリュシオン(ギリシャ神話版の楽土.天国)に行き、残りの大部分がこのタルタロスに送られていた。


著名な幽閉者たち

息子を殺して神々に馳走し、女神デメテルに実際に食べさせるという罪を犯したのがタンタロスである。この者は沼の上の木につるされ、水も果物も目の前にありながら口にできずに飢えと渇きに悩まされる罰を受けている。

タナトスを謀り捕えて死すべきものから死を奪い、ペルセポネとの三日だけ復活させるという、約束を破って現世に居座るなど冥府に多くの混乱をもたらしたのはシシュポスである。シシュポスは坂の上に岩を押し上げるという罰を受けている。頂上に達する直前に岩は重みを増して下まで転げ落ちてしまう。

旧世界時代の大神ウラヌスが自らの子孫として作った神々、ゼウス率いるガイアの神々が打ち破った。負けたティタンらは地獄へ幽閉された。

関連タグ

奈落 ギリシャ神話 TARTAROS

ペルソナ3のタルタロス

タルタロス



物語における最大の謎と言える、用途不明の建造物。
1日と次の1日の狭間に現れる特殊な時間帯「影時間」のみ、主人公たちの通う私立月光館学園の立つ場所に出現する。
中にはシャドウが徘徊している。

いくつかの階層に分かれていて、途中封鎖されている箇所もある。
この封鎖は12体の大型シャドウを倒すごとに解除されていき、ストーリーの進行と共にもっと上の階へ上がれるようになるという仕様になっている。
ストーリー上踏破はしなければならないが、ペースはプレイヤー次第の任意攻略型ダンジョン。
(ただし1つのフロアに留まりすぎるとチート級の強さを持つシャドウが現れ襲ってくるので、1つのフロアでひたすら狩りを繰り返すことは不可能)

このタルタロスの出現理由や存在意義は、物語が進む中で明らかになる。

他の記事言語

Tartaros

pixivに投稿された作品 pixivで「タルタロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3538924

コメント