ピクシブ百科事典

目次[非表示]

誘導分岐

  1. ギリシャ神話に登場する魔神。
  2. ゲーム『ファイナルファンタジーシリーズ』の登場人物。⇒テュポーン先生
  3. ゲーム『東京放課後サモナーズ』の登場キャラクター⇒テュポーン(放サモ)
  4. ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』に登場する星晶獣。→テュポーン(グラブル)

概要

容姿は上半身が人間で下半身が蛇、肩から無数の蛇が生えている 。古代の壺絵では翼を持った姿で描かれている。頭が天体を擦り、両腕は世界の端から端まで届く巨体に凄まじい怪力、決して疲れない脚、耀く目玉、発声するだけで山々を揺らし、全種類の声を介し、火を目や口から出す。台風 (Typhoon)の語源でもある。
蛇女エキドナの夫で、ケルベロスオルトロスケートスネメアの獅子キマイラスキュラゴルゴンヒドララドンスフィンクス等の父親。ティターン神族を迫害し、神々の王になったゼウスに復讐すべく、女神ガイアに生み出された。竜女デルピュネーはテュポーンの部下。
ゼウスとテュポーンの闘いは世界を揺らし焼いた。その有様は冥府ハデスティターン達も恐れる程。
一度はゼウスの脚の腱を奪って幽閉するが、ヘルメス神がゼウスの腱を取り戻し、諸神の助けでゼウスが復活すると形勢逆転。追い詰められたテュポーンは運命の女神モイライを脅迫して何でも望みが叶う「希望の果実」を口にするが、実はテュポーンが口にしたのは全ての希望を奪う「絶望の果実」だった。食べた事で全身の力が抜け、戦闘不能になったテュポーンはゼウスに捕えられ、シチリアエトナ火山の下に封印された。今でもエトナ山に噴火が多いのは、下敷きにされたテュポーンが暴れる為だと言われる。

テュポーンを恐れた神々が動物に姿を変えてエジプトに逃げたので、エジプト神話の神々が動物の姿をしているのはその為だとされる。また、パン神がカプリコーンに化けた事から「パニック」という言葉が生まれた。ただし、ケートスヒュドラが息子というのは間違い。テュポーンが生まれたのはギガントマキアの後であり、それ以前に倒された彼らがテュポーンの息子である筈がない。

関連タグ

ギリシャ神話 エキドナ ガイア
風属性 魔神 モンスター

関連記事

親記事

ガイア がいあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テュポーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 652132

コメント