ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ギリシャ神話に登場するドラゴン。ピュトンやピュトーンとも表記される。
地母神ガイアから誕生し、デルフォイの信託所で番人または信託を授ける役割を持っていた。その大きさは信託所に巻き付くくらいに大きく、性別は概ね雄として描かれる。
ある時、ピュートーンは「レートー神の息子によって殺される」という予言を授かるが、これにはさしものピュートーンも肝を冷やし、やられるぐらいならやられる前にやってやるとレートー神を殺そうとするも、神々によって保護されたレートーは無事にアポロンを出産。アポロン神は母を殺害しようと目論んだピュートーンに復讐すべく、弓矢でピュートーンを仕留めた。
しかしながら、アポロンにも思うところはあったのか、世界の中心と呼ばれるアポロン神殿の要石の下にピュートーンの死体を葬った。その後、信託所で巫女がトランス状態になるのはピュートーンの死体から出る毒気によるものだと言われている。

デルフォイの信託所の番人であった蛇女デルピュネとは同一の存在とも、二人で信託所を管理していたとも言われており、ピュートーンが雌とも扱われる所以である。

ちなみにアポロンに殺される事が確定した原因は何も予言のせいだけではない。というのもレートーはゼウスの正妻ヘラの嫉妬によって「陽の元で子供を産めない」呪いに掛かっており、この呪いの穴を突いた神々のサポートもあり、デロス島にあるオリーブの木陰でアポロンを産む事が出来たという訳である。詰まる所、ヘラは利害の一致しているピュートーンを利用してとっととレートーを始末すれば良かったものの、レートーに呪いを掛けたせいで結果的にレートーを助けてしまったのである。もう少しヘラが冷静に計画を立てていたらピュートーンも生き永らえていたのかもしれない。

またニシキヘビの英名であるPythonはピュートーンに由来する。

登場作品

デビルサマナーや真・女神転生4 FINALにて種族「邪龍」の悪魔として登場。
デザインは死して尚毒気を出しているという逸話から紫色の煙を纏った骨蛇として描かれている。

 神代巨神海洋アトランティスにて雑魚敵として登場。
原典だと生まれからして強力な存在だったのにも関わらず、野良の魔獣として島々に生息している。グラフィックはムシュフシュの流用。

関連タグ

ギリシャ神話 アポロン ドラゴン退治

関連記事

親記事

アポロン あぽろん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピュートーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 399

コメント