ピクシブ百科事典

ガイア

がいあ

ギリシャ神話に登場する女神。転じて様々な名称に用いられている。
目次[非表示]

曖昧さ回避

ガイアとは、ギリシャ神話に登場する大地の女神あるいは大地そのもののこと。
これを元に様々な固有名詞に用いられている。

  1. ギリシャ神話に登場する大地の女神(本記事で説明)
  2. 機動戦士ガンダムの登場人物。(→ミゲル・ガイア
  3. ウルトラマンの一人→ウルトラマンガイア
  4. 武装神姫バトルマスターズの中ボス的な登場人物。
  5. グラップラー刃牙の登場人物。環境利用闘法を得意とする軍人。
  6. 機動戦士ガンダムSEEDDESTINYに登場する、犬に変形するモビルスーツ。→ガイアガンダム
  7. 聖剣伝説 LEGEND OF MANA』に登場する「大地の顔」と呼ばれる岩の賢人。
  8. ファイアーエムブレム覚醒』に登場する、盗賊⇒ガイア(FE覚醒)
  9. トヨタ自動車がかつて製造・販売していた自動車詳細

ギリシャの女神ガイア

概要

ギリシャ神話において、ガイアは混沌カオスから生じた神々の母である。
独力で天空の神ウラヌスを生み出し、またこれを夫とすることで世界を統治する多くの神々や怪物たちも生み出した。

ウラヌスとの決別

ウラヌスとの間には、タイタン神族、キュクロプス(サイクロプス)、ヘカトンケイルが生まれた。
タイタン神族は美しい神々で、キュクロプスは単眼の巨人、ヘカトンケイルは百の腕と五十の頭を持つ巨人である。
そしてウラヌスが最初の神々の王となった。
ウラヌスはキュクロプスとヘカトンケイルが醜い怪物であったため喜ばず、これを大地の底(ガイアの胎内、あるいはタルタロスとも)に押し込めてしまった。
ガイアは自らの子を姿のみで罰した夫を許せず、我が子のタイタン神族から夫を討つ者を募る。
どの子らも父ウラヌスを恐れ断ったが、農耕神クロノスのみが応じた。
ガイアは喜んで大鎌を与える。クロノスは何も知らないウラヌスに隙をついて襲いかかった。
襲撃は成功し、ウラヌスは男根を切り落とされて王位を捨てて逃れ去った。
海に落ちたウラヌスの男根は泡を放ち、ここから美の女神アフロディーテが生まれる。

クロノスの時代

以上の功績と優れた統率力を認められて、クロノスが二代目の王となった。
しかしクロノスはキュクロプスとヘカトンケイルを解放しなかった。
このためガイアはクロノスを疎んじ、後にゼウスがクロノスに反乱を起こすとこれを支援する。
ハデスポセイドンら、クロノスに飲み込まれた兄弟たちを吐き出させる薬を処方したのだ。

ゼウスとの死闘

ゼウスはクロノスたちタイタン神族をタルタロスに幽閉し、三代目の王となった。
キュクロプスとヘカトンケイルとは地の底で彼らを見張る役目を与えられた。
これはガイアにとって許しがたいことであった。
結局のところ、彼女の子供たちは大部分が地の底に追いやられたことになるからだ。
しかもゼウスがこれほど強力な権力を手にすると、ウラヌスやクロノス以上の暴君になりかねない。

そこでガイアは我が子のギガンテスという巨人たち(ウラヌスとの子とも、単独で生んだともいう)に、ゼウス一党を襲わせる(ギガンテスは複数形、単数形はギガス)。
そして力を増す薬草を育ててギガンテスに与えようとするが、これはゼウスが先手を打って摘んでしまう。
ゼウスはあらゆる軍勢を集めた。天の神々、海の神々、そしてハデス率いる冥界の神々、さらには人間の英雄ヘラクレスまで招集する。
神々と英雄それぞれの活躍によりギガンテスは敗れ去った。

そこで最後にガイアはギリシャ最強の怪物と恐れられるテュポーンを生み出す。
一時はゼウスすら敗れて暗い洞窟に封印されるほどの苦戦であったが、何とか倒して封じた。
この後は、ガイアは反乱への支援をしなくなったようだ。

大地そのものとしての神

ガイアはその後レアデメテルと続く大地の女神の最初の一人である。
このため大地そのもの、あるいは地球そのものの異称もガイアと呼ぶ。

余談

神々の王権争いに関与して反乱者を支援し、時には自ら怪物を生み出して王権争いに介入しているガイアであるが、どうやら現代でも若者の上昇志向を煽っているらしい。
ファッションについて囁いたのをきっかけにこの世界の人間にいろいろ囁いているとか。
また、上述のように彼女は大地、ひいては地球そのものと同一視されている存在であり、これを踏まえ科学分野では「地球は生命体のような自己調整システムを備えている」とする「ガイア理論(ガイア仮説とも)」にその名が引用されている。

関連タグ

ギリシャ神話 地母神 女神

関連イラスト

がいあ

 

******
地母神 ガイア

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2895588

コメント