ピクシブ百科事典

仮面ライダーEVE

かめんらいだーいぶ

門脇純が仮面ライダーになるまでの「仮面ライダー前夜の章」
目次[非表示]

概要

石ノ森章太郎原作『仮面ライダー』の続編である小説。著者は石ノ森プロ、『S.I.C HERO SAGA』シリーズで知られる早瀬マサト。角川書店の「特撮エース」で連載され、講談社から書籍2巻として出版された。そのため、『仮面ライダーSPIRITS』に広告が載っている(ちなみに同萬画の16巻(『新』以前)に早瀬氏がコメントを毎刊載せていた)。

原作萬画版の続編として描かれ、本郷猛ビッグマシンなどは萬画版の設定で登場する。
仮面ライダー2号以降の昭和ライダーは、ほぼ特撮版で登場。挿絵ではアニメ・漫画タッチで描写されている(一文字と結城、本郷以外はいいところがないが)。
また連載時と書籍で結末が違い、全体のストーリー描写も細かく違っている。

ストーリー

ショッカー壊滅から30年が流れた頃、再び怪人が出没した。そこに現れた、30年の冷凍睡眠から目覚めた門脇純ガイボーグ。かつての同志であった怪人たちとの戦いや、浦島太郎の如き数奇な運命に悩みつつ、滝二郎(特撮版における滝和也)、立花藤兵衛、仮面ライダー4号結城丈二カメレオン怪人らの協力を得て、復活を待ち望むショッカー首領との戦いに挑む!!

主人公・門脇純は「ガイボーグ」から、10人ライダーの協力を得て「仮面ライダーガイア」に覚醒する。

(1日1ガイア)キックしてみよう(6ガイア目)

「仮面ライダーガイア」

印象

読んでみて、『仮面ライダーBLACK』に似ていると感じるのは、記事作成者だけではないはずだ。
(ストーリーに出てくる改造人間の名称が「○○怪人」と、ゴルゴムと同じ、で門脇純とジェイドの因縁がブラックサンとシャドームーンに酷似しているし、両方ともキングストーンみたいなの持ってる、挿絵の仮面ライダーガイアは仮面ライダーBLACKRXっぽい)
もしかしたらゴルゴムの仕業かもしれない。

あと、作中で2号ライダーが「コントみたいな戦い」って再生怪人に言ってるのだが、平成ライダーに言ってるのか、仮面ノリダーに言ってるのか、それとも石ノ森プロ自身を自虐してるのか……?

関連項目

仮面ライダーガイア

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーEVE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4055

コメント