ピクシブ百科事典

毒蛾男

どくがおとこ

毒蛾男とは、漫画『仮面ライダー』に登場する怪人の名称である。

概要

漫画『仮面ライダー』の最終章『仮面の世界』編に登場する毒蛾改造人間
ショッカーが推し進める、日本政府が密かに行おうとしていた全日本国民洗脳計画に便乗して日本国民総洗脳計画『10月計画』という一大プロジェクトの総指揮官・ビッグマシンのサポートをすることを使命としている。

普段は人工皮膚を被って、日本政府の『10月計画』の協力企業『日の下電子』の女性社長秘書・千草として暗躍している。
本人曰はく「男でも女でもない」といっているが、最初に正体を露わにした際、千草の姿の下から男性の姿が現れた事から、素体となったのは男性だと推測される。

改造人間ですら三日三晩眠らせてしまうというTVシリーズで登場するゲルショッカー怪人エイドクガーの能力と似たような作用をもった毒鱗粉が主な戦力。
また、口吻を状に変化させ、敵を貫く攻撃手段も持っている。

ちなみに毒鱗粉はマスクなどで覆って、鱗粉を吸い込まないようにしていれば無力化することが可能。頭に血がのぼると、冷静さを失い、口吻を何度も伸ばしたり縮めたりして地団駄を踏むというコミカルな一面を持つ。

事件を調べていた一文字に正体を悟られるものの、彼の油断も手伝って上記の毒鱗粉で深い眠りに誘うことに成功。そのまま始末しようとしたが、途中で気が変わり、再び改造を施す為にショッカー基地へと運ぼうとした。
しかし、の様子がおかしい事に疑問を抱き、千草の動向を友達に探らせていた日下礼奈(『日の下電子』の社長・日下甲之助の1人)により一文字が救出されてしまい失敗に終わってしまった(友達がマスクで顔を覆っていた為、毒鱗粉が無効化される事が分かっていたのと、事を荒立てたくなかったのか、直接殺害するような事もせず、一文字を取り逃した際は相当に口惜しがっていた)。

その後、一文字が『日の下電子』の調査の為に侵入し、滝次郎と出会いって脱出した所へ、騒ぎと聞き付け駆けつけた場面で出番が終わってしまった為、その後の動向や消息は不明。

『10計画』の失敗から責任を取らされ、処刑になってしまったかもしれない。

関連項目

ショッカー怪人 仮面ライダー(漫画) ドクガ

pixivに投稿された作品 pixivで「毒蛾男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1261

コメント