ピクシブ百科事典

目次[非表示]

広義のドクガ

ドクガ科に分類されるの総称。しかしこの総称は、誤解を召しやすいものである。何故なら、その中で本当に毒を持った種は下記のドクガ属などにしか及ばなず、少数である。英名も幼虫の草むら(Tussock)のような毛束に因んで「Tussock moth」(直訳:フサガ)と呼ばれ、「毒」要素に因んでいない。

リンゴドクガが本群の無毒種の一例である。

狭義のドクガ

ドクガ科のドクガ属に分類される蛾の総称で、通常はその中の一種「Artaxa subflava」を示す和名である。を広げた大きさは約30~40mm。全身は黄色っぽく、前翅に褐色の飫肥城門と黒色の小点があるという特徴も持つ。
その名が示す通り、幼虫の時に天敵から身を護るために、の部分に毒針毛があり、刺されると激しい皮膚炎(かぶれ)を起こし、週数間はかゆみが続くはめになってしまう。更に幼虫から成虫になる時に、この毒毛針を翅に付着させて飛び立つため、どちらににせよ、迂闊に素手などで触るのは良くない。

さらに始末の悪い事に、直接触れなくても毒針毛がに飛ばされることもある為、非常に厄介である。モスラかよ。

おまけにこいつら、卵や繭にすら毒がある。やんなっちゃうよもう。

対処法

もしも刺された場合はかきむしったりせず(かきむしると毒針が皮膚により深く刺さって悪化する)、セロハンテープなどで毒針を取り除いたり、患部を冷水で洗い流すとよいそうだ。
というより、皮膚科に行った方が早いかもしれない。また、成虫を駆除した場合は、死骸を放置すると風で毒針毛が飛び散る可能性があるので、に埋めるといいらしい。

関連項目

 

ドクガンダー(成虫) 毒蛾男 エイドクガー 殺人ドクガーラ 奇械人ドクガラン ドクガンバ ドクガロイド

モルフォン ドクケイル

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122

コメント