ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アゲハモドキ

あげはもどき

アゲハモドキガ科に属す蛾の一種。 有毒の蝶であるジャコウアゲハに擬態している。
目次 [非表示]

概要

和名アゲハモドキ
学名Epicopeia hainesii
分類鱗翅目 シャクガ上科(カギバガ上科) アゲハモドキガ科 アゲハモドキ属
開翅長5.5~6.0cm
分布域日本(北海道、本州、四国、九州)、朝鮮半島、台湾、中国、チベット、ベトナム、ラオス
幼虫の食樹ミズキ科ミズキクマノミズキハナミズキヤマボウシ
越冬態
成虫の発生期5~10月/年2化性

アゲハモドキガ科に分類されるの一種。

薄暗く湿った林縁をゆるやかに飛び回る。

花の蜜を吸い、蝶のように湿った地面で吸水する。

♀は昼行性だが、♂は朝方や夕暮れに活動する。

灯火に飛来することもある。

蝶に似た見た目で日中にに集まる為、と勘違いされる事が多い。

有毒蝶のジャコウアゲハ擬態しており、黒っぽい翅や翅と腹部の赤い模様、尾状突起まで再現しているが、擬態元より小型な事や櫛状(♂)および糸状(♀)の触角、止まり方や飛び方などで見分けがつく。

何故か♂がジャコウアゲハの♀に、♀がジャコウアゲハの♂に擬態する。

ジャコウアゲハが分布しない北海道やジャコウアゲハの食草ウマノスズクサが自生しない場所にも生息するが、そのような場所では擬態が機能しないと思われる。

幼虫は体表が白い蝋状の物質に覆われる。

食樹はミズキヤマボウシなど。

日本本土亜種、対馬亜種、台湾亜種、中国亜種の4亜種に分けられる。

台湾亜種は白い翅を持つ。

近縁種

オウサマアゲハモドキ

世界最大のアゲハモドキでインド北部からインドシナ半島にかけて分布し、日本には分布しない。

ベニモンアゲハの仲間に擬態していると考えられている。


オナガアゲハモドキ

日本では対馬で幼虫が一度だけ見つかっている。

オナガアゲハの様な長い尾状突起が特徴。

食樹はアキニレなどのニレ科


オナシアゲハモドキ

スマトラ島マレーシアに分布する。

尾状突起が無いことから、おそらくオナシベニモンアゲハに擬態していると思われる。


キンモンガ

キミスジキンミスジに少し似た姿をした昼行性の蛾。

日本に似た模様の蝶が居ない為、なんの蝶に擬態しているのかは不明。

幼虫の食樹はリョウブ


フジキオビ

ミスジチョウフタスジチョウに姿や飛び方が似ているが、この仲間に毒はないので擬態する意味があるのかは不明。

食樹はナツツバキ


この他にもキゴマダライシガケチョウオオゴマダラフタオチョウなどの様々な蝶に似た模様の種が存在する。

関連タグ

擬態

ジャコウアゲハ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました