ピクシブ百科事典

目次[非表示]

🦋概要

チョウ)とは、昆虫の中の鱗翅目(ガ目・チョウ目とも)のうち、Rhopaloceraに分類される種類の総称。残りの様々の鱗翅類は便宜上に「」としてまとめられてきたが、系統的に蝶は蛾の1グループである。

成虫は鱗粉に覆われるストロー状の口を持つ。幼虫イモムシ/ケムシ)とを経って完全変態をする。ストロー状の口で花の蜜や果実の汁、水分などを啜る。(中には動物の流血を啜る種もいる。)

幼虫は種によってある程度決まった草や木の葉を食べる。
(例 モンシロチョウキャベツや菜の花、ナズナなどのアブラナ科植物。アゲハチョウミカン山椒などのミカン科の植物。ツマグロヒョウモンパンジースミレなどのスミレ科の植物。ヤマトシジミはカタバミの葉。オオムラサキはエノキの葉を食べる。)
花や茎、アブラムシが出す蜜、アリの幼虫等を食べる種も存在する。

との区別は棍棒状の触角、昼行生など複数の特徴を総合的に見ての区別であり、明確でないシャクガモドキという糸状の触角をもつ夜行性の蝶もいるため、両者を外見で完全に区分することはほぼ無理である。

一般的には翅の色が綺麗なものが蝶、黒・灰色・茶色など綺麗ではない色のものが蛾と思われているが、鮮やかな柄を持つガも、茶色や黒、灰色のチョウも沢山いるので色で判断は出来ない。

英名の由来

英名「butterfly」(バターの羽虫)およびそれに類似する言葉を言及した文献記載は10世紀以前まで遡り、長い歴史にあることが分かるが、その由来は諸説紛々で明確でない。一例としてヤマキチョウの黄色型の雄による、バターが産するで草地を飛び舞うことによる、などがある。

蝶のイメージ

平安時代では「死者のがこの世に甦った姿」とされ、弔いの詠にはしばしばが使われる。それ故「名前を言うのも気持ち悪い」物だったらしく、日本語では元「カハビラコ」「カービル」(にいるヒラヒラあるいは皮の張ったびびるもの)と呼ばれていた。後に中国語の「tie」を無理やり日本語の発音にした「てふ」が使われる。なおギリシャ神話においてプシュケも蝶の羽を持つ。
物事が始まる予兆や変化の兆しと例えられることも多い様だ。
中国では「老齢」を表す耄耋(mao tie)との語呂合わせから、長寿=めでたいものの図像として「と蝶(mao tie)」の絵が好まれた。
ミャオ族の神話では蝶は人間の先祖とされており、生のシンボルとする国もあるようである。

実在の種類

蝶の種類は約1万5千とも2万とも言われており、ここには書ききれないほど多い。ここでは日本産の種を中心に一部を記す。
日本産はおよそ250種程。

アゲハチョウ(ナミアゲハ)
カラスアゲハ
クロアゲハ
ナガサキアゲハ
ベニモンアゲハ
オナガアゲハ
モンキアゲハ
ジャコウアゲハ
オナシアゲハ
ホソオチョウ
ウスバシロチョウ
ウスバキチョウ
アオスジアゲハ
ミカドアゲハ
コモンタイマイ
アポロウスバシロチョウ
トリバネアゲハ
シボリアゲハなど。

  • シジミチョウ科(体が小さい。一部の種の幼虫は蜜を出してアリを呼び、餌をもらい、敵から守ってもらう。アリの幼虫やアブラムシを捕食する肉食性の種も存在する。)
ベニシジミ
ヤマトシジミ
ルリシジミ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
クロマダラソテツシジミ
クロシジミ
ゴイシシジミ
ミドリシジミ
アカシジミ
ムラサキシジミ
ウラギンシジミ
ホリイコシジミ
オガサワラシジミ
アリノスシジミなど。

  • シジミタテハ科(日本には生息しない。シジミチョウに似ているが、タテハチョウの様に前足が退化している。)
ミイロシジミタテハ
タイワンシジミタテハ
アリサンシジミタテハ
ヒョットコシジミタテハなど。

モンシロチョウ
スジグロシロチョウ
ミヤマシロチョウ
エゾシロチョウ
キチョウ
モンキチョウ
ヤマキチョウ
ツマベニチョウ
ツマキチョウ
ヒメシロチョウ
クロテンシロチョウ
スゴモリシロチョウなど。
 
アカマダラ
サカハチチョウ
アカタテハ
ヒメアカタテハ
クジャクチョウ
キタテハ
ルリタテハ
コヒオドシ
ヒオドシチョウ
キベリタテハ
コノハチョウ
キミスジ
リュウキュウムラサキ
ヤエヤマムラサキ
タテハモドキなど。

ヒョウモンモドキ
コヒョウモンモドキ
ウスイロヒョウモンモドキ
アトグロヒョウモンモドキなど。

ホシミスジ
コミスジ
ミスジチョウ
フタスジチョウ
シロミスジ
ヤエヤマイチモンジ
アサマイチモンジ
イチモンジチョウ
アサギミスジ
イナズマチョウ
トラフタテハ
キンミスジ
ボカシタテハ
アメリカアオイチモンジなど。

クロコノマチョウ
ヒメヒカゲ
ジャノメチョウ
タカネヒカゲ
ベニヒカゲ
ヒメウラナミジャノメ
ウラナミジャノメ
ヒメジャノメ
コジャノメ
サトキマダラヒカゲ
キマダラモドキ
シロオビヒカゲ
クロヒカゲ
ナミヒカゲ
オオヒカゲ
ウラジャノメ
ルリモンジャノメ
ベニスカシジャノメなど。

コムラサキ
オオムラサキ
ゴマダラチョウ
アカボシゴマダラ
ヒョウマダラ
タイリクゴマダラ
マネシゴマダラ
イリスコムラサキ
タイリクコムラサキ
クロオオムラサキなど。

ツマグロヒョウモン
ミドリヒョウモン
ウラギンヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモン
メスグロヒョウモン
ヒョウモンチョウ
ヒョウモンドクチョウ
オビモンドクチョウなど。




スミナガシ
チベットスミナガシ
シロシタスミナガシ
ヒメスミナガシ
ルリモンスミナガシ
カバイロスミナガシ
ジャノメスミナガシなど

カバタテハ
ウラモジタテハなど。

テングチョウ
ムラサキテングチョウ
アメリカテングチョウなど。

  • マダラチョウ亜科(タテハチョウ科の一群。南方系の派手なチョウ。幼虫が毒をもつ植物を食べ、体内に毒を溜め込む。花によく集まる)
アサギマダラ
カバマダラ
スジグロカバマダラ
オオカバマダラ
オオゴマダラ
ルリマダラ
ツマムラサキマダラ
トンボマダラなど。

モルフォチョウ
フクロウチョウ
ワモンチョウ類など。

イチモンジセセリ
チャバネセセリ
キマダラセセリ
ミヤマセセリ
ダイミョウセセリ
アオバセセリ
ギンイチモンジセセリ
ラッフルズセセリなど。

  • シャクガモドキ科(南米に分布し、日本にはいない。夜行性、灰色の翅、細く尖った触角など、どこからどう見ても蛾にしか見えないチョウの仲間。セセリチョウよりアゲハチョウに近い) … シャクガモドキ

蝶に関連する作品・キャラクター一覧

作品名(五十音順)キャラクター名(蝶の種類)
-シモンちゃん
Yes!プリキュア5蝶がモチーフのプリキュア
イナズマン/イナズマンFイナズマン
宇宙刑事ギャバンニジチョウモンスター
ウルトラQモルフォ蝶
ウルトラマンエースバラバ
ウルトラマンマックス魔デウス
円盤戦争バンキッドエフゾロ中佐
オーディンスフィアメルセデス
カードキャプターさくらスピネルルビー・ムーン
刀語真庭蝶々
仮面ライダーギリーラ
仮面ライダーアマゾンズ蝶アマゾン
仮面ライダー555バタフライオルフェノク/スマートレディ/スワローテイルオルフェノク(アゲハチョウ)
仮面ライダーキバスワローテイルファンガイア(アゲハチョウ)
仮面ライダーディケイド仮面ライダーディエンド
仮面ライダーOOOアゲハヤミー/クロアゲハヤミー(アゲハチョウ)
仮面ライダー鎧武レデュエ
鬼滅の刃胡蝶しのぶ
サガフロンティアサイレンス
サクラ大戦
サンサーラ・ナーガアオスジアゲハ/チョウザメ
サンダーマスク熱エネルギー魔獣パラジュードン
ジャンボーグAバタフライング
少年の日の思い出エーミール
スマイルプリキュアちょうちょデコル
スーパー戦隊ゲンソウ怪人/チョウシンカ/ヒルアゲハギン/蝶絶神デーボス
スーパーペーパーマリオアンナ
世界樹の迷宮毒吹きアゲハ
紅い蝶-
戦国BASARA大谷吉継(戦国BASARA)
チャージマン研!昆虫学者(サンダナパレス・アグリアス)
デジモンフロンティアフェアリモン
天体戦士サンレッド水道管アゲハ
東方妖々夢西行寺幽々子反魂蝶
ドラゴンクエストじんめんちょう
ビーファイターカブトビーファイターアゲハ
非公認戦隊アキバレンジャー歌舞伎町メスグロヒョウモンチョウ
武装錬金パピヨンドクトルバタフライ
BLEACH地獄蝶
ペルソナ3アイギス/メティス
ポケモンバタフリー(モンシロチョウ)/アゲハント(アゲハチョウ)/ビビヨン/カプ・テテフ
星のカービィ黄泉返る極蝶
ポップン or ∀ガンダム月光蝶
魔法少女まどか☆マギカGertrud
ミクロイドSアゲハ
女神異聞録ペルソナフィレモン/魔王パンドラ
女神転生シリーズチョウケシン/オキクムシ/オベロン/ティターニア
ヤダモンヤダモン
夕闇通り探検隊鳴子様
妖怪ウォッチぜっこう蝶/ゼッコウ蝶/サイコウ蝶/アゲアゲハ
リルリルフェアリル蝶の羽のフェアリル
ルーンファクトリー4コハク
VOCALOIDメルリ 歌う蝶の森(曲) 右肩の蝶(曲) 初音ミク蝶(衣装)
xxxHOLiC壱原侑子のモチーフが蝶


関連イラスト

蝶と椿
【素材】蝶



別名・表記ゆれ

バタフライ パピヨン シュメッターリング 夢見鳥 夢虫
チョウ ちょう 蝶々 ちょうちょ チョウチョ てふてふ 胡蝶

関連タグ

昆虫 芋虫 毛虫 羽化 蝶羽根
花と蝶 猪鹿蝶 胡蝶の夢 青い蝶
蝶ネクタイ 蝶結び バタフライショーツ お蝶

他の記事言語

Butterfly

関連記事

親記事

鱗翅目 りんしもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「蝶」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「蝶」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55022273

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました