ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

🦋概要編集

チョウ)とは、昆虫の中の鱗翅目(ガ目・チョウ目とも)のうち、Rhopalocera(ロパロケラ)に分類される種類の総称、またはその成虫の姿のこと。


それ以外の様々な鱗翅類は便宜上「」として区別されるが、系統的に蝶は蛾の一部であり、両者の見た目の区別も明確でない(詳細は後述)。


1万7,000以上と数多くの種が知られ、極地を除いて世界中の各大陸に分布する。

オオゴマダラオオゴマダラの蛹蝶

(イラストは順にオオゴマダラの+幼虫・蛹・成虫)

完全変態で、幼虫を経って成虫になる。


成虫は鱗粉に覆われる大きなと渦巻状に収納されるストロー状の口吻を持ち、華奢な胴体が体毛に覆われている。丸い複眼の間から長い触角が突き出し、その末端が棍棒状に膨らむものが多い。

この口吻は顎が進化した器官で、羽化した直後の僅かな間だけ左右に裂けており1対の顎であった名残を垣間見ることができる。


丈夫で肢が目立たない蛹はほとんどが昆虫として珍しくで隠れもせず、などにくっついたまま蛹化する。そのためか独特な形や色を持つものが多い。蝶のこのような蛹は英語では「chrysalis」(クリサリス)という。蛹の付き方は種類により逆さまにぶら下げる(垂蛹 すいよう)・上半身を糸で支える(帯蛹 たいよう)・葉の溝に沿って付着するなど様々である。


幼虫はいわゆる芋虫であり、見た目は種類により無毛な青虫からふさふさな毛虫まで多岐にわたる。成虫と異なり、口には頑丈なを持つ。


🦋食性編集

原則として草食で、成虫はストロー状の口でや樹液、果実の汁、水分などを啜る。ただし分などを求めて他の動物死体を求めることもあり、稀だが他の動物の流を啜る種もいる。


幼虫は多くがや木の葉を食べて、種によってある程度対象が決まる。花やコケ地衣類、落ち葉などを食べる種も稀にいる。


シジミチョウには、アブラムシカイガラムシアリの幼虫などを食べる肉食性の種も存在する。


🦋蝶と蛾編集

蝶以外の鱗翅類は全て「」と呼ばれ、一般には蝶と対になるように区別されるが、蛾はあくまで「蝶以外の様々な系統の鱗翅類」という便宜的で雑多な括りであるため、系統的には下記の通り蝶は蛾のごく一部である。種数から見ても、蝶は17万種以上知られる鱗翅類の中の数%程度である。


以下の系統図はメジャーなグループのみ抜粋して省略化したもの(実際は百以上のグループの蛾が存在する)。


鱗翅目

┗┳━コバネガ

 ┗┳━コウモリガなど

  ┗┳━ヒゲナガガなど

   ┗┳━ヒロズコガミノガなど

    ┗┳━ホソガなど

     ┗┳━スガハマキモドキガホソハマキモドキガなど

      ┗┳━ハマキガなど

       ┗┳━ボクトウガスカシバガマダラガイラガメガロピゲイラガなど

        ┗┳━

         ┗┳━トリバガイカリモンガなど

          ┗┳━メイガ

           ┗┳━カギバガ

            ┗┳━ヤガドクガヒトリガシャチホコガなど

             ┗┳━シャクガツバメガアゲハモドキなど

              ┗┳━カレハガなど

               ┗━イボタガスズメガヤママユガカイコガなど


ただ雑多な括りである蛾とは異なり、蝶は分類学的にも一つの系統である。しかし、見た目では蛾との区別が明確でない


一般的には「触角が棍棒状・翅が縦に閉じる・色が派手・昼行性・繭を作らない」ものが蝶、「触角が糸/羽毛状・翅が縦に閉じない・色が地味・夜行性・繭を作る」ものが蛾と思われているが、どれもそれに当てはまらない例外が存在し、これらの特徴では判別できない。


一応、多くの蝶は色以外で前述した特徴を総合的に見て蛾と区別できるが、シャクガモドキはれっきとした蝶であるものの、繭を作らないだけで「触角が糸状・翅を縦に閉じない・色が地味・夜行性」などと蛾として印象的な特徴を全部揃っている。これにより、蝶と蛾を外見で完全に区分することはほぼ不可能である。


🦋種類編集

蝶の内部系統は大きく以下7つのグループ(科)に分かれ、ここで簡潔に述べる(それぞれの詳細はリンクのある記事を参照)。


アゲハチョウ

アゲハチョウ美しい訪問者【急】夏者:虫

大型種がメイン。多くが後翅に尾状突起がある。幼虫は盛り上がる胸部から臭い臭角を出して身を守る。550種ほど知られ、ナミアゲハカラスアゲハアオスジアゲハなどが属する。


タテハチョウ

となりのオオカバマダラオオムラサキメネラウスモルフォ

大型種がメイン。前脚が退化し、脚4本に見える。6,000種ほど知られ、オオカバマダラオオムラサキモルフォチョウなどが属する。


シジミチョウ

ベニシジミトラフシジミ☆ ムラサキシジミ

小型種がメイン。翅の縁や体の毛が目立つ。幼虫は平たい楕円形で、アリ共生関係を結ぶ種類が多く、肉食種もいる。5,200種ほど知られ、ベニシジミトラフシジミムラサキシジミなどが属する。


シジミタテハ

センシティブな作品

中型種がメイン。大半が南アメリカ産で残りはオーストラリア東南~東アジアアフリカに産するが、日本にはいない。シジミチョウに似ているが、オスはタテハチョウのように前脚が退化している。1,500種ほど知られ、ミイロシジミタテハアリサンシジミタテハヒョットコシジミタテハなどが属する。


シロチョウ

モンシロチョウ【勝手に昆虫切手作っちゃったシリーズ】No.6春、香る

中型種がメイン。翅は単調で白や黄色の種類が多い。1,100種ほど知られ、モンシロチョウスジグロシロチョウキチョウなどが属する。


セセリチョウ

イチモンジセセリアオバセセリダイミョウセセリらくがき

中型種がメイン。ずんぐりした体型で、素速く飛ぶ。幼虫は食草の葉を巻いて巣を作る。3,500種ほど知られ、イチモンジセセリキマダラセセリアオバセセリなどが属する。


シャクガモドキ

中型種がメイン。南アメリカ産で、日本にはいない。夜行性・灰色で閉じない翅・糸状の触角など、どこからどう見ても蛾にしか見えないが蝶である。35種ほど知られている。


蝶は蛾から派生したグループであるため、どことなく蛾と似たシャクガモドキやセセリチョウが原始的と思われやすく、かつての学説でもこれらが最も起源が古い蝶と考えられた。しかし意外とそうではなく、後からの遺伝子解析によると下記の系統図の通り、むしろ蝶として代表的ともいえるアゲハチョウの方が起源が古いであることが判明した。


┗┳━アゲハチョウ

 ┗┳━シャクガモドキセセリチョウ

  ┗┳━シロチョウ

   ┣━タテハチョウ

   ┗━シジミチョウシジミタテハ


🦋英名の由来編集

英語名「butterfly」(バター羽虫)およびそれに類似する言葉を言及した文献記載は10世紀以前まで遡り、長い歴史にあることが分かるが、その由来は諸説紛々で明確でない。一例としてヤマキチョウの黄色型の雄による、バターが産するで草地を飛び舞うことによる、などがある。


🦋蝶のイメージ編集

などと並んで美しい自然物として飛び抜けて知名度が高く、蝶や昆虫自然が主題でない創作でも、高頻度に装飾エフェクトなどの美しい物事のモチーフとされる。派手で死後でも簡単には色褪せない翅から標本として人気が高く、また幼虫とのギャップや目立つから、昆虫の不思議な完全変態を述べる際に常に代表格として取り上げられる。


派手でどことなく儚いイメージから、古くから世界各地の文化で色んな物事の象徴とされる。


平安時代では死者がこの世に甦った姿」とされ、弔いの詠にはしばしばが使われる。それ故「名前を言うのも気持ち悪い」物だったらしく、日本語では元「カハビラコ」「カービル」(にいるヒラヒラあるいは皮の張ったびびるもの)と呼ばれていた。後に中国語の「tie」を無理やり日本語の発音にした「てふ」が使われる。なおギリシャ神話においてプシュケも蝶の羽を持つ。


中国では「老齢」を表す耄耋(mao tie、マオティエ)との語呂合わせから、長寿=めでたいものの図像として「と蝶(mao tie)」の絵が好まれた。


ミャオ族の神話では蝶は人間の先祖とされており、生のシンボルとする国もあるようである。


物事が始まる予兆や変化の兆しと例えられることも多い様だ。


🦋蝶に関連する作品・キャラクター一覧編集

作品名(五十音順)キャラクター名(モチーフとなった蝶の種類)
Yes!プリキュア5蝶がモチーフのプリキュア
イナズマン/イナズマンFイナズマン
宇宙刑事ギャバンニジチョウモンスター
ウルトラQ巨蝶モルフォ蝶
ウルトラマンエース殺し屋超獣バラバ
ウルトラマンマックス魔デウス
円盤戦争バンキッドエフゾロ中佐
王様戦隊キングオージャーパピヨンオージャー/ゴッドパピヨン(ルリタテハキアゲハ)
オーディンスフィアメルセデス
カードキャプターさくらスピネルルビー・ムーン
刀語真庭蝶々
仮面ライダーギリーラ
仮面ライダーアマゾンズ蝶アマゾン
仮面ライダー555バタフライオルフェノク/スマートレディ/スワローテイルオルフェノク(アゲハチョウ)
仮面ライダーキバスワローテイルファンガイア(アゲハチョウ)
仮面ライダーディケイド仮面ライダーディエンド(アオスジアゲハ)
仮面ライダーOOOアゲハヤミー/クロアゲハヤミー(アゲハチョウ・クロアゲハ)
仮面ライダー鎧武レデュエ
仮面ライダーガッチャードゲンゲンチョウチョ/バレットチョウチョ
鬼滅の刃胡蝶しのぶ(アサギマダラ)
グランブルーファンタジーシルフ(モンシロチョウ)/ナルメア
ご当地萌えキャラシモンちゃん(オオムラサキ)
サガフロンティアサイレンス
サクラ大戦細川ミロク()
サンサーラ・ナーガアオスジアゲハ/チョウザメ
サンダーマスク熱エネルギー魔獣パラジュードン
ジャンボーグAバタフライング
少年の日の思い出エーミール
ジョジョの奇妙な冒険空条徐倫
シン・仮面ライダー仮面ライダー第0号(チョウオーグ)
スマイルプリキュア!ちょうちょデコル
スーパー戦隊ゲンソウ怪人/チョウシンカ/ヒルアゲハギン/蝶絶神デーボス
スーパーペーパーマリオアンナ
世界樹の迷宮毒吹きアゲハ
紅い蝶-
戦国BASARA大谷吉継(戦国BASARA)
SSSS.DYNAZENON_CHRONICLEバイアミューザー
チャージマン研!昆虫学者/サンダナパレス・アグリアス(ミイロタテハ)
デジモンフロンティアフェアリモン
デジモンストーリーハッカーズメモリーフーディエモン
天体戦士サンレッド水道管アゲハ
東方妖々夢西行寺幽々子反魂蝶
東方天空璋エタニティラルバ
ドラゴンクエストじんめんちょう
BanG_Dream!Morfonica
ひろがるスカイ!プリキュアキュアバタフライ(アゲハチョウ)
ビーファイターカブトビーファイターアゲハ
非公認戦隊アキバレンジャー歌舞伎町メスグロヒョウモンチョウ(メスグロヒョウモン)
武装錬金パピヨンドクトルバタフライ
BLEACH地獄蝶
文豪ストレイドッグス与謝野晶子
ペルソナ3アイギス/メティス
ポケモンバタフリー(モンシロチョウ)、アゲハント(アゲハチョウ)、ビビヨンカプ・テテフ
星のカービィモンチョテレパトリス黄泉返る極蝶
ポップン or ∀ガンダム月光蝶
魔法少女まどか☆マギカGertrud
ミクロイドSアゲハ
女神異聞録ペルソナフィレモン/魔王パンドラ
女神転生シリーズチョウケシン/オキクムシ/オベロン/ティターニア
ヤダモンヤダモン
夕闇通り探検隊鳴子様
妖怪ウォッチぜっこう蝶/ゼッコウ蝶/サイコウ蝶/アゲアゲハ
ラブライブ!スーパースター!!ウィーン・マルガレーテのアイコンが蝶
リルリルフェアリル蝶の羽のフェアリル
ルーンファクトリー4コハク
VOCALOIDメルリ 歌う蝶の森(曲) 右肩の蝶(曲) 初音ミク蝶(衣装)
xxxHOLiC壱原侑子のモチーフが蝶

🦋関連イラスト編集

蝶と椿夢の蝶

🦋水面に蝶が飛んでいます


🦋別名・表記ゆれ編集

日本語チョウ/ちょう 蝶々/ちょうちょ/チョウチョ/てふてふ 胡蝶/蝴蝶※1 夢見鳥

英語butterfly/バタフライ

ドイツ語Schmetterling/シュメッターリング※2

フランス語papillon/パピヨン※2


※1:中国語名でもある。

※2:実際はをも含めて鱗翅類全体を指す総称であるが、慣行的に「蝶」と訳される。


🦋関連タグ編集

 昆虫 完全変態 鱗翅目 

芋虫 青虫 毛虫

羽化  蝶羽根 鱗粉

花と蝶 猪鹿蝶 胡蝶の夢 青い蝶 バタフライ効果

蝶ネクタイ 蝶結び バタフライショーツ お蝶


🦋他の記事言語編集

Butterfly

関連記事

親記事

鱗翅目 りんしもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66814680

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました