ピクシブ百科事典

オオムラサキ

おおむらさき

日本に生殖する蝶の一種。瑠璃色の美しい翅を持ち、鳥のような力強い羽ばたきをする大型の種。一般的に瑠璃色の羽を持つのは♂のみであり、メスは茶色く地味な色をしている。
目次[非表示]

オオムラサキとは、国内で見られる蝶の一種である。

概要

鱗翅目アゲハ蝶上科・タテハ蝶科・コムラサキ亜科に属する昆虫
国内にいる種では大型に属し、成虫で大人の(50〜55mm)ほどになる。
美しい青紫の翅を持ち、英名でも【Great Purple Emperor】(偉大な紫の皇帝)と荘厳な名を戴いている。

幼虫は夏から秋にかけて榎(エノキ)の葉を食べて成長し、地中で越冬して晩春にとなり、夏に羽化して成虫となる。
ちなみに幼虫の顔は正面から見ると見事に(・ω・)こんな顔をしているため、可愛いと一部で人気。

オオムラサキの幼虫


なお似た顔のものに同じタテハチョウ科のゴマダラチョウ、アカボシゴマダラがいる。ゴマダラチョウは国産種であるが、外国産のアカボシゴマダラは要注意外来生物である。

アカボシゴマダラとオオムラサキ、幼虫の違い


6月7月にかけての短い期間にのみ、成虫として活動する。
その羽音は小鳥並に大きく、非常に力強い。そしてその力強さにかなった高い飛行能力も有している。

なお、翅が青紫なのはオスだけ。メスは茶色で全体的に地味である。
(これでとある役所が病気扱いなったのは有名な話・・・)
主にクヌギやコナラなどのどんぐり系の樹木の樹液や、花の蜜を食する。
餌場では非常に勇敢で、たとえスズメバチが相手であろうと餌を得るために突進し、追い払ってしまう(カブトムシクワガタは全く気にせず食事を続ける)。

主な生息域は、北ベトナムから中国東部、そして日本全域に及ぶ。

国蝶として

オオムラサキは国を代表する蝶『国蝶』に指定されている。
しかしながら、この指定については法的根拠はなく、あくまで日本昆虫学会の指標である。
同時に日本の固有種というには分布域が広く、ミカドアゲハギフチョウ、アゲハチョウをはじめ他にも指定に適した種は多く存在するため、しばし議論の対象となっている。



関連タグ

昆虫
シモンちゃん(オオムラサキがモデルとなった御当地キャラクター)

pixivに投稿された作品 pixivで「オオムラサキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127544

コメント