ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. アゲハチョウ科に分類されるの総称。本項で記述
  2. アゲハチョウ科の一種(ナミアゲハ)の別名。→ ナミアゲハ
  3. ポルノグラフィティの楽曲『アゲハ蝶』。→ アゲハ蝶

概要

アゲハチョウ(揚羽蝶)とは、鱗翅目のうちアゲハチョウ科に分類されるのこと。

世界中で約600種、日本には約20数種(台風などで海外から飛ばされてきた迷蝶を含めると30種ほど)が確認されている。


ナミアゲハアオスジアゲハなどが有名。大型で鮮やかな模様を持つ種が多いが、クロアゲハなどの黒い翅をもつ種や、ギフチョウなどの小型種も存在する。


「尾状突起」と呼ばれる突起を後に持つ種が多いく、これは主に鳥などの捕食者に頭の位置を誤認させて捕食や致命傷を逃れる効果があるとされる。アゲハチョウの英語名「swallowtail」("燕尾")がこれに由来する。なお、アオスジアゲハなどの一部の種はこれを欠く。


生態

ほとんどの種はに止まってをすする時やを飲む時も絶えず高速で翅をはばたかしており、これが「揚羽蝶」と呼ばれる所以と考えられる。オスは大規模な吸水集団を形成する事があり、毎日同じ場所を周回する行動を行う。そのルートは「蝶道」と呼ばれ、採集する際に見失っても、その場で待てばいずれ現れる。


幼虫(芋虫)は盛り上がる胸部が特徴的で、大きな頭にも見える(本当の頭は先頭の丸い部分)。天敵に襲われると、うなじから「臭角」という臭い匂いを出す二股状突起を伸ばして身を守る。


ジャコウアゲハトリバネアゲハなどでは、幼虫時代から毒のある植物を食べて体内に毒を成虫までためこみ、鳥などの天敵に襲われないようにしている。一方、毒を持たず、代わりに毒を持つ別種の蝶の擬態して身を守る種も存在する。


著名な種類


フィクション・創作関連


関連タグ

 昆虫  常世神


表記揺れなど(別の意味で使われているものも含む)

アゲハ あげは 揚羽 アゲハ蝶 揚羽蝶

関連記事

親記事

ちょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 714299

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました