ピクシブ百科事典

キャタピー

きゃたぴー

『ポケットモンスター』シリーズに登場する、キャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.010
英語名Caterpie
ぶんるいいもむしポケモン
タイプむし
たかさ0.3m
おもさ2.9kg
とくせいりんぷん/にげあし(隠れ特性)

※りんぷん:わざの追加効果を受けない。
※にげあし:野生のポケモンから必ず逃げられる。逃走を妨害する技や特性の影響も受けない。

進化

キャタピートランセル(Lv.7)→バタフリー(Lv.10)

No.010~No.012



概要

初代から存在するイモムシポケモン。結構かわいい。
角から強烈な臭気を出して敵を追い払うとあるが、残念ながらそういった技を持っていない。アゲハチョウの幼虫に似ているが、最終進化系のバタフリーモンシロチョウに似ている。

くりくりとした、愛らしい大きい目は「よく見ると体の模様」という記述もあった(小学館:2006年出版)が、「そのまま目になっている」という記述(ウィキペディア)もあり、真相は定かではない。おそらく、各書き手にゆだねられている。

アニメにおいては涙目になったりしているため、アニメ版では本物の目であるらしい。

幼虫だけあって戦闘力は低く、レベルで習得できる技は現在「たいあたり」・「いとをはく」・「むしくい」(第4世代から)のみ。バタフリーは攻撃力は高くないので、「むしくい」まで習得させてもあまり活かせるとは言えない。レベル7になったらすぐにトランセルにしてしまおう。

一応、教え技で「いびき」を覚える。ウスタビガの幼虫など鳴く芋虫がいるからかもしれない。BW2からは「エレキネット」も教え技で覚えられるようになった。どこから電気を出しているかは謎。

ちなみに、サトシが始めて自力で捕まえたポケモンでもある。捕獲した話の終わりにトランセルに進化している。

関連イラスト

[010]キャタピー「いとをはく」
🍃



関連タグ

ポケモン一覧 むしタイプ
ポケモン RGBP FRLG
トランセル バタフリー

幼虫仲間

ビードル ケムッソ クルミル コフキムシ アゴジムシ

pixivに投稿された作品 pixivで「キャタピー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 786551

コメント