ピクシブ百科事典

ゴウ(アニポケ)

ごう

アニメ『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「全てのポケモンのゲット!それがオレの夢だ!」
「未来は既に、俺の手の中にある!」

CV:山下大輝 、(6歳時:真堂圭)

概要

ポケットモンスター(新無印)に於ける、サトシと並ぶもう一人の主人公。
カントークチバシティ出身で、四年前のポケモンサマーキャンプで出会ったミュウを含めた、全てのポケモンをゲットするのを目標にする10歳の少年。

一人称は「オレ」。表面上は落ち着いた性格だが、熱い心を持つ一方でエゴが強く、オーキド博士等の有名人にも出会える好奇心は年相応な都会っ子。喜怒哀楽も豊富で、顔芸だけでなく、駄洒落を喋るなど色々と披露する。
髪質と色は父、テカリは母譲り、瞳の色は祖母譲りである。

上記のミュウに出会って以降、ポケモンに強い興味・関心を持つ様になるが、以降学校の授業にも参加せず日々研究に明け暮れ籠りっきりの状況だった。
手持ちが居ないのにも関わらずクチバに現れたルギアに近づいた際、たまたま居合わせたサトシピカチュウと邂逅し、その経緯で共にサクラギ研究所のリサーチフェローとして行動する事となる。
 

家族構成はシステムエンジニアの父イクオ、プログラマーの母クルネと、元気すぎる祖母トメの四人家族で、高層マンション7階707号室住まい(15話で判明)。両者は『GoGoシステム』と云う自営業を営むも、夫婦共働きで多忙を極めており、一家が揃う時間は殆ど無い。
だがゴウ自身はそんな両親のことを強く慕っており、寂しさもポケモン研究に必要な設備機材を貰ってからは没頭する事で解消していた。

コハルとは幼馴染の間柄で、その弟ソウタとも少なからず面識がある。だが、上記の経歴と強すぎる拘りが災いし、他に友達といえる存在はいなかった様で、両親も息子を一人にしている罪悪感と同時に、人付き合いの面での心配も抱いていた。

リサーチ初日はサトシとも野生ポケモンに対するスタンスの違いで喧嘩になるが、その後ロケット団のポケモン強奪に立ち向かう姿勢と、バトルでの真剣な眼差しを直に見て感動。事件解決後、直接友達になって欲しいと話している(サトシは初めから友達として接していたが)。
運命の悪戯か、本来なら彼とは上記のキャンプで出会う筈であった。


科学的な根拠に基づき、天候を観測しながら時間を測定して待つ理論的な考察力を持ち、ポケモンに対する知識も相当に深い。サトシが小難しい話の理解を放棄する横で、ゴウはすんなり飲みこんでいるというシーンもしばしば。
反面、それら情報は専らネットワーク上で集めているに過ぎない典型的なネット世代で、世間一般に知られている知識は普通の一般人と大きな差は無い模様。絵の再現度も画伯並に等しく、壁や登り棒を登るのにも手間取っており運動能力はサトシより下の様子。

当初は理論の優先ばかりで実践が伴っていない頭でっかちな所があり、どく状態のヒバニーに無理をさせて戦闘を継続させる、移動用に捕まえたジュゴンにボールを全投入して本命を捕獲出来ないと、大局を見通せずトレーナーとしてはまだまだ未熟で甘い部分が目立つ。
同時に割と諦め癖が強く、負けず嫌いなサトシやヒバニーとはその辺でも対照的に描かれている。

7話で挑んだバトル大会でもタイプ相性だけで優劣を判断した結果、経験値の高い相手に2タテで初戦敗退を喫し、バトルに対する考えが後ろ向きになりかけるも、サトシが自分を打ち負かしたトレーナー・ホウジと迫力あるバトルを繰り広げるのを目の当たりにして、ポケモンバトルの楽しさにも気付き始めていく。

XY以降のサトシが実力・精神共に小慣れてきたベテランとして描写されがちな分、伸び代の多いルーキーとしての要素を担うポジションともいえる。


キャラクター原案はゲームフリークの杉森建氏で、名前の由来はおそらくポケモンGO
ポケモンの収集がメインのゲームでありゴウの目的と一致している。
または、アニポケを含めたメディアミックス作品にはポケモンの製作に携わったゲームクリエイターの名前が登場人物の元ネタになる事がある為、ポケモンシリーズのゲームミュージックを担当した一之瀬剛氏も元ネタか。

手持ちポケモン

バトルに比重を置いているサトシに対し、ポケモンの収集に比重を置いている人物であり、相棒となるヒバニーをゲットして以降、ほぼ毎回に近いペースでポケモンをゲットしている。
これは名前の元ネタになったポケモンGOから入った新規ユーザーを意識しているものと思われる。

詳細はゴウのポケモンを参照。

余談

アニポケW主人公としてのヒカリや、似た立場にあるアランがいるが、ヒカリはゲーム本編の主人公が基のヒロイン兼任、アランはオリキャラであるが、番外編から本編に登場した青年。それに対しゴウはアニポケオリジナル初のシリーズ開始当初から登場する少年主人公である。テレビシリーズ本編に於ける主人公サイドのアニオリキャラはケンジ以来である。

ビジュアル発表当初は長めの睫毛、左右のヘアピン(と思われたがハイライト)、華奢な脚などの中性的な容姿が相まって一部で性別が迷子、実は女の子ではないか?と言われたが、担当声優が男性であること、公式サイトで少年と記述されているため歴とした男の子であることが確定した。

このポケモンシリーズ全体でもやや珍しいデザインは富安総監督の「ただ物事をハッキリ言うと嫌な奴になるからビジュアルで緩和させたい」という方針を受けたもので、公式で美少年設定でもある。
余談だがアニメディア12月号では総監督自ら(メインキャラクターたちにさせたいクリスマスのコスプレのひとつとして)女装を提案していた。おはスタ金曜日のミニコーナー『霜降り明星の目指せ!ポケモンアニメマスター』でもナビとして登場する。

キャストクレジットでも「もう一人の主人公」であることを押し出したのか、2話からはサトシのピカチュウを差し置いて2番目となった(1話は話の内容上ピカチュウがトップなので3番目)。上記のヒカリがピカチュウはおろかタケシにも遅れを取っていた(4番目)ことを考えると異例の待遇である。

なお幼い頃の声を担当したのは前々作でミルフィと前作でリーリエを担当した真堂嬢である。

男性同行者で一人っ子なのは身元不明のケンジを除けばマーマネに次いで二人目。

関連タグ

アニポケ サトシの旅シリーズ サトシの旅仲間
ポケットモンスター(アニポケ第7シリーズ)

ヒカリ(アニポケ):サトシとのW主人公繋がり。ただしこちらは『ダイヤモンド&パール』編のヒロインも兼ねている。手持ちにうさぎポケモンと炎御三家がいるという点も共通している。
カキ(トレーナー):前作の男性レギュラーでサトシの兄貴分でライバルも兼任。イメージカラーが赤系・手持ちに炎タイプ・褐色肌・落ち着いた性格だが内心は熱いなど似ている部分がある。
ハウ(トレーナー)ポケモンマスターズにて同じく山下大輝氏が演じた(とされている)キャラクター。

関連記事

親記事

歴代男性同行者 れきだいだんせいどうこうしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴウ(アニポケ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3161813

コメント