ピクシブ百科事典

ヒカリ(アニポケ)

あにぽけのひかり

アニメ『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:豊口めぐみ


「だーいじょーうぶ!」

概要

アニメ『ポケットモンスター』シリーズにおける3代目ヒロイン
同時に『ダイヤモンド&パール』編(以下DP編)のもう一人の主人公であり、この立ち位置は歴代ヒロインの中でも初。
現時点では唯一サトシと所持ポケモンを交換したヒロインであり、また唯一OPでサトシとデュエットしたヒロインでもある。

ハイタッチ!


先代ヒロインのハルカと同様、ポケモンコーディネーターとして活躍・成長していくが、ヒカリの場合は母・アヤコが元トップコーディネーターであるという経歴もあって、トレーナーから転身したハルカとは異なり最初からコーディネーターになることを目標としている。

DP編ではポケモンコンテストに挑戦しながら、サトシやタケシと共にシンオウ地方を旅して回った。

人物

容姿

ヒカリちゃん


モデルとなったゲーム版から多少デザインが変更されている。
髪が黒から紺になり、マフラーが短くなった上濃いピンク色になっている。更にゲーム版ではボストンバッグを使用しているがアニメ版ではリュックになっている他、コート着用時もゲーム版での髪留めはピンクであるのに対し、アニメ版では通常通り黄色になっている。

性格・能力

年頃の女の子らしく明るく活発で気が強く、思ったことははっきりと口に出す。
しかしコンテストでスランプに陥った際には、打たれ弱い部分と同時に仲間を心配させまいと気丈に振る舞う強さを見せた。またポケモンの危機に自ら飛び込んで救おうとするなど、行動や性格にサトシと似たところが多く見られる。
そのためか先輩・後輩という関係ながらも、普段は互いに対等な目線で接している。負けん気が強い性格から意見がぶつかり合い喧嘩をすることもあるが、互いに素直なためすぐに仲直りしてしまう……いわばケンカップルだったりする。

恋愛には疎い方だが概念自体は理解しており、全く理解していないサトシほどではない。しかし幼馴染のケンゴから好意を抱かれていたり、コウヘイから猛アピールを受けているのに気づかないあたり(本人は若干引き気味だが)、結構鈍感なのかもしれない……

公式サイトでは料理はイマイチと紹介されているが、他の歴代ヒロインたち(セレナを除く)と違い比較的料理はできる方で、DP編94話ではサトシやポケモンたちにホットケーキを振る舞っている(カスミは料理は不得手、ハルカも彼女ほどではないが特にポロック作りが苦手。アイリスは木の実を採るくらいで料理をしたことがない)。そもそも10歳なのだから、普通に上手なレベルに入るほう。

女の子らしくおしゃれが大好き。特に髪を大事にしており毎朝の手入れは欠かさず、ポッチャマバブルこうせんで整えることもある。
作中ではコンテストドレスをはじめ様々な姿を披露しており、サトシのジム戦に際してはチアガールの格好で応援することもある。ポケモンコンテスト出場時にはポニーテールツインテール縦ロールなど様々な髪型を披露し視聴者を楽しませてくれる。
普段の服装はかなり短いスカートだが、当然の如く鉄壁スカートである(しかしDP編39話では角度上鉄壁ではなく中が見えてしまったが、パンツは描かれていない)。

口癖は「大丈夫!」なのだが、これを口にする時は大丈夫でないことが多く、サトシたちから「ヒカリの大丈夫はアテにならない」と言われる。また周りの人たちも影響されたのか、彼女のこの口癖を使うことが多い。ちなみに対義語は「だいじょばない」。
その他「ちーがーいーまーすー!」など言葉の一音一音を強調するのも癖である模様。

幼なじみのケンゴやユモミから「ピカリ」と言われることを嫌っている。
これは幼稚園時代に嫌がるプラスルマイナンを抱きしめた時に、2体の電気で髪が光りながら爆発状態になってしまい、その際ケンゴから名付けられたもの。からかわれて笑いものにされたため、それ以来ヒカリはプラスルとマイナンがトラウマになっていた。
161話でプラスルとマイナンを見ただけでもひどく取り乱した様子を見せ、続く162話のウララとの対戦中でも同じ状態に陥ったが、マンムーヒノアラシの励ましで克服する。

作中では

サトシとの出会いは傷ついたピカチュウを保護したことがきっかけ。その際野生のポケモンと間違えて攻撃してしまい、反撃を受けて自転車を破壊されている。カスミ・ハルカに続く3人目の「ピカチュウに自転車を壊されたヒロイン」となった。
このことについてはしばらくの間触れなかったが、後に状況が状況だったこともあり「気にしてない」と発言している。

ヒカリの旅路

DP編

話数主な出来事
1話新人トレーナーとしてフタバタウンから旅立つ
3話サトシ・タケシと出会い、共に旅をすることに
9話ミミロルを初ゲット
10話ポケッチゲットで大丈夫!
11・12話ポケモンコンテスト・コトブキ大会に参加。2次審査2回戦でノゾミに破れる
19話パチリスをゲットする
22話非公式のコンテストに出場
25話ポフィンの作り方を教わる
26・27話ポケモンコンテスト・ソノオ大会に出場。ライバル・ケンゴに勝ち、初のリボン「ソノオリボン」をゲット
(ここまでが第一次ヒカリ盛期とされる。この後は……)
33話ポケモンなりきり大会に出場
34話ブイゼルをゲット
49話ポケモンコンテスト・ヨスガ大会に出場するも1次審査で敗退。ここからスランプに陥る
50~52話ポケモンタッグバトル大会に出場し準優勝。汚名返上を果たす
55話ブイゼルとサトシのエイパムを交換する
60話エイパムがエテボースに進化
61話ポケモンコンテスト・ズイ大会に参加。進化したばかりのエテボースで臨むがまたも1次審査で敗退。スランプがますます深刻化する
62話記念のメイドコスチューム
63話幼馴染のユモミと再会
67話トバリシティで初めてのジム戦を体験
77~79話ポケモンコンテスト・ミクリカップに参加。1次審査を突破しハルカを僅差で下して優勝。2つ目のリボンをゲットし復活を果たす
84話ウリムーをゲットする
86話ポケモンスタイリスト主催のヨスガコレクションに参加。見事優勝を果たす
94話パチリスが病気になってしまうが、タケシのおかげで無事回復
104話ウリムーがイノムーに進化するも、トレーナーレベルが足りないせいか指示を聞かなくなってしまう
106話ヒカリのトレーナーレベルが足りないまま、イノムーがマンムーに進化
114話ポケモンコンテスト・アケビ大会に参加。4つ目のリボンをゲット
119話野生のボスゴドラと遭遇し、サトシやタケシとはぐれマンムーが負傷。手持ちポケモンと協力し看病したため、マンムーが指示を聞くようになる
161~162話ポケモンコンテスト・アサツキ大会に参加。5つ目のリボンをゲット
174~177話シンオウグランドフェスティバルに参加。ノゾミと決勝戦で戦うが敗北
183~189話サトシのシンオウリーグ挑戦を最後まで見守る
191話ミミロルがモデルにスカウトされたため、フタバタウンでサトシやタケシと別れる
特別編ホウエン地方へ旅立つ


BWシーズン2

話数出来事
1話ラストシーンにて再登場
2話サトシと再会、デントアイリスと初対面
6~7話ポケモンワールドトーナメント・ジュニアカップに参加。2回戦でアイリスに敗れる
9話サトシたちと別れジョウト地方へ旅立つ


所有ポケモン

ブイゼルの所有時はみずタイプ単体が2体、サトシのエイパムとの交換後もノーマルタイプ単体が2体とタイプの偏りが見られたが、最終的なメンバーのタイプはバラけている。

ヒカリ!
ダイジョウブ!


CV:小桜エツ子
旅立ちの日にナナカマド博士からもらった初心者用ポケモンで、ヒカリの一番のパートナー。性別は♂だが、応援の際はヒカリと同じチアガール服を着る。
一般的なポッチャマの例にもれずプライドの高い性格な上にいじっぱりで、その上お調子者(サトシ談)。
ポッチャマのままでヒカリを見守るため、進化できるレベルに達した後もがまんポッタイシへの進化を抑えていたが、ジョーイから「かわらずのいし」をもらい、以後その効果で進化をしないままになった。
初めはモンスターボールに入っており登場しない回もあったが、66話以後はピカチュウ同様外に出たまま毎回登場している。
その性格が災いして他のポケモンたちと喧嘩になってしまうことが多く、結果的にマンムーを除くヒカリのポケモンの中では屈指のトラブルメーカー。家出をしたり、EDでもピカチュウたちと喧嘩をしたりしてしまっているほど。
また、サトシのフカマルが使うりゅうせいぐんの失敗技(りゅうせい)が、なぜかいつも命中してしまう。

CV:川上とも子(DP編9話~100話)→雪野五月(DP編103話~)
旅に出たヒカリが初めてゲットしたポケモン。サトシのピカチュウに一目惚れしており、アピールも積極的。
コンテストバトル以外にも、ミミロルのれいとうビームは要所要所で活躍している。
ピカチュウの応援時にはチアガール服を着る。最終話でモデルにスカウトされた。

CV:西村ちなみ
やんちゃな性格でヒカリを困らせることもしばしば。
ヒカリが育てる自信を失い、ゲットした後一旦逃がされている。その後サトシの励ましもあって、改めてヒカリのポケモンとなる。
ピカチュウ以外のレギュラーポケモンの中では初のでんきタイプ持ち。以降のシリーズではエモンガデデンネトゲデマルと、ピカチュウと同系統のポケモンが仲間になっている。
電気の色は青。

CV:犬山イヌコ石塚運昇(進化後)
ウリムーの時は素直であったのだが、イノムーに進化してからはヒカリのトレーナーとしてのレベルの問題から、あまり言うことを聞かなくなる。食べ物以外の時はまったく動こうとせず、穴に閉じこもってしまうほどであった。
その後、ロケット団との戦闘で何度も攻撃を受けた怒りからか、ヒカリの言うことを聞かない状態のままマンムーに進化。攻撃的な性格となって出される度に暴れるようになり、かつてのサトシのリザードンと同じくメンバーの問題児となってしまう。
しかし、野生のボスゴドラとの戦いで大ダメージを受け、ヒカリから看病されたことをきっかけにようやく心を開く。
こおりのつぶてを使った、パチリスのほうでんとの合体技「氷のシャンデリア」と、ヒノアラシかえんぐるまとの合体技「フレイムアイス」がある。どちらもコンテストバトルの土壇場で完成させた。
また、ヒカリがプラスルとマイナンの放電によって「ピカリ」状態になり戦意を喪失してしまった際には、ヒノアラシと共に叱咤している。

CV:古島清孝
ジョウトフェスタにてコトネとのバトルで勝利し、その賞品としてもらったタマゴから生まれたポケモン。生まれたばかりでもサトシのハヤシガメと互角に戦った。
ヒカリになついており、抱きしめられた時にはポッチャマの嫉妬を買った。ポッチャマの挨拶を2度も無視したことで仲が悪くなり、事あるごとに喧嘩をしている。
DP特別編でマグマラシに進化した。

CV:井上喜久子
サルビア王女から譲り受けたポケモン。おっとりした上品な性格。
面倒見が良く、ヒカリ曰く「お姉さまタイプ」。優雅な動作を入れるため技を出すのが遅いが、実力は高い。


CV:古島清孝
ゲット当初はヒカリの指示を聞かなかったが、ゴヨウのアドバイスによりヒカリの支持を聞くようになった。
ポケモンコンテストよりもバトルに興味があったことから、サトシのエイパムと交換し、後にサトシのポケモンになった。コンテスト向けに習得した回転を加えた技はバトルでも利用された。
ヒカリはヨスガシティのコンテストの2次審査にブイゼルで挑むつもりだったが、1次審査で落ちたため出場は叶わなかった。
ヒカリは元手持ちだからか、ブイゼルのバトル時には他のポケモンよりも精を出して応援することが多い。

CV:伊東みやこ佐藤智恵(進化後)
ポケモンコンテストに興味があったことから、ノゾミの助言でサトシにブイゼルと交換してもらったポケモン。
オウからポケモンピンポンの強化選手としてスカウトされ、彼に預けられた。

関連イラスト

ヒカリとポッチャマとミミロルと
もっと光を


最終回5周年


ポケモンコンテスト

アニポケまとめ
DPコーディネーターアンソロジー


グランドフェスティバル

親友ライバル!
グランドフェスティバル


サルビア王女コス

ヒカリ姫
ヒカリ



関連タグ

アニポケ ダイヤモンド&パール 想い出はパール!友情はダイヤモンド!
歴代ヒロイン ポケモンコーディネーター サトシの旅仲間 ダイパーティ
ポケモンコンテスト コンテスト衣装 グランドフェスティバル
サトシ タケシ ノゾミ シンジ ウララ ケンゴ ナオシ サルビア アヤコ コウヘイ ハルカ コトネ アイリス

ゴウ(トレーナー):アニメシリーズにおけるサトシとのW主人公繋がり。

カップリング

サトヒカ タケヒカ シンヒカ ケンヒカ ジュンヒカ コへヒカ ノゾヒカ ハルヒカ コトヒカ 最強女子コンビ セレヒカ
ポチャヒカ パチヒカ ミミヒカ

関連記事

親記事

歴代ヒロイン れきだいひろいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒカリ(アニポケ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55684

コメント