ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

CV:川澄綾子

アニメ『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』に登場するキャラクター。


ポケモンコーディネーターで、ヒカリのライバルの一人。


人物

ピンク色ツインドリルヘアーが特徴。一人称は「」。


性格は高飛車ツンデレ。自身が1次審査で敗退したミクリカップで優勝したヒカリを敵視している。

ポケモンコンテスト・アケビ大会の初対面時(DP編114話)でも、ミクリカップのことを根に持っており、ヒカリを高評価したミクリまで貶めるような言動をとっていた。

以来、毎回ヒカリの勝利を「まぐれ」と言って見下している。そのため、彼女の友人であるノゾミとは反りが合わない。

その為ある意味ノゾミ以上にハルカでいうシュウポジション寄りなライバルと言える人物。


ただし、ヒカリの実力を本心から否定しているわけではなく、彼女に聞こえないところで「やるわね」「(ミクリカップの)アクアリボンはダテじゃないというわけね」などと呟く場面がある。

また、かなりの努力家であり、ポケモンは相当鍛え上げている。「何度も1次審査で失敗して自分のスタイルを完成させた」と言っていることから、本人も自分が努力型であることは自覚している模様。


他者に対しては高圧的な言動だが、自分の手持ちポケモンへの愛情はとても強く、プラスルやマイナン、ブイズと言った可愛らしいポケモンを育てていると言う年相応な女の子らしい一面があり、敗退したプラスルとマイナンに対しても抱きしめて「あなたたちが一番よ」と優しく労っている。


キャンディ・ムサリーナことムサシも「生意気娘」などと呼んで煙たがっていたが、ウララに「キャンディのお姉様」と呼び慕われていることは悪く思っていなかった様子。


戦績

ミクリカップ

上述の通り1次審査で敗退。ムサシはこの時のウララの姿を覚えていた。


アケビ大会

ミノマダムで1次審査を通過し、ガバイトで2次審査を勝ち進む。

セミファイナルでキャンディ・ムサリーナを降し、ファイナルでヒカリと初対決。タイプの相性では彼女のパチリスに有利だったが、尻尾や「いかりのまえば」を上手く利用した攻撃の前に競り負ける。


アサツキ大会

ダブルパフォーマンスが課されたこの大会では、ガバイトとプリンで1次審査を通過。

続く2次審査では、ヒカリにとってのトラウマであるプラスルマイナンの抜群のコンビネーションで勝ち進み、ファイナルで再びヒカリと激突。彼女のマンムーヒノアラシの技を「アンコール」で封じ、その隙にポイントを奪おうとするが、互いを攻撃させて「アンコール」の効果を消すというヒカリの奇策により形勢は逆転。更にマンムーとヒノアラシの合体技「フレイムアイス」を決められ、大逆転で優勝を逃した。


グランドフェスティバル

大会前には、ヒカリとノゾミの「ファイナルで戦う」という約束を壊すとまで宣言していた。


1次審査で2体のイーブイをそれぞれブースターシャワーズに進化させるという奇想天外なパフォーマンスを見せ、2次審査に進出する。


2次審査では1回戦でいきなりヒカリと対決。バトル開始前から自身の勝利を確信し、自分の引き立て役となるのがヒカリの役目だと挑発していた(忘れてはならないが、彼女はヒカリに勝ったことはない)。

バトル開始直後はブースターガバイトの絶妙なコンビネーションでヒカリを追い詰め、手堅くポイントを奪っていた。しかし、後半でパチリスマンムーの大技「氷のシャンデリア」が完成したことから、一気に形勢逆転される。

ガバイトの「あなをほる」により一度は逃げ切ったものの、逆にその穴だらけとなった地形を利用され大技を決められてしまい、結果はヒカリの大逆転勝利に終わった。

ちなみに過去の大会では全てタイムアウトで判定負けしていたが、グランドフェスティバルにて初めてバトルオフとなった。


完全敗北を喫し、さすがに落ち込んだ様子が見られたウララだが、握手を求めてきたヒカリに対し「私は強い。今回のあなたの勝利もきっとまぐれよ」とすぐに立ち直り、最後までヒカリと和解することはなかった。

その後は、ヒカリとノゾミの決勝戦を真剣な眼差しで観覧している姿が見られた。


結局1度もヒカリに勝利することなく出番は終了し、その過激な言動とは裏腹にウララ自身がヒカリの引き立て役となってしまったのは実に皮肉だが、その特徴的なルックスや性格から話題の的となり、手持ちポケモンに見せた愛情なども手伝ってキャラクターとしての人気はそれなりである。


余談だが、ガバイトのすなあらしにカバーされたブースターの怖い顔トラウマレベルである。

手持ちポケモン

関連タグ

アニポケ ダイヤモンド&パール

ポケモンコンテスト ポケモンコーディネーター

コンテスト衣装 ツインドリル 縦ロール

似たようなトレーナー(ライバル系)

  • ハーリー:前作のヒロインのライバル。卑怯なやり方を好む等、ウララとは違うベクトルでキツい性格で問題行動を起こしている(なんとロケット団と共謀した程、狡猾である)が根は悪くないツンデレ、手持ちにププリン系(ハーリーは進化系のプクリンを所持)とむし複合(ウララはミノマダム、ハーリーはアリアドス)とみずタイプ(ウララはシャワーズ、ハーリーはオクタン)がいる…といった点が似ている。ただし、ウララはライバルを認めなかったのに対してハーリーは後々ライバルを認めるようになった(この事は下記のメンツ全員に当てはまる事である。)。
  • ラングレー:次回作のヒロインのライバル。キツい性格で問題行動を起こしているが根は悪くないツンデレ、ピンク髪…といった点が似ている。だが、彼女はウララと違ってドラゴンタイプを連れておらず、逆にドラゴンタイプを倒しまくる事に強い関心があるドラゴンバスターである(細かい点に焦点を合わせてみると、キツい性格ではあれど時折他人に真っ当な指摘をしたり、手持ちはあまり乙女チックではない重量級寄りである為、ウララよりもウララの同期であるシンジを彷彿とさせるが、そのシンジよりは明るく接しやすい)。
  • ミルフィ:次々回作のヒロインのライバル。ポケモンにはとても優しいが他人にはツンデレ気味という点が似ているが、彼女はウララとハーリーとラングレーと下記のルザミーネとビートとクララとは違って(他人を時折からかう事を気にしなければ)問題行動は一切しでかしてないうえ、ウララの事が大嫌いであるノゾミみたいに無自覚に他人を傷つけるような言葉を言ったりもしない為そこそこマイルド。
  • ルザミーネポケモンSMに登場したトレーナー(立場はゲーム内の黒幕ライバルヒロイン母親。)。性格に難があるがポケモンにはとても優しい、手持ちにみずタイプ(ウララはシャワーズ、ルザミーネはミロカロス)とファンシー御三家(ウララはプリン、ルザミーネはピクシー)と性別メスのみのポケモン(ウララはミノマダム、ルザミーネはエンニュート。ただし、アニポケ限定。)がいる…という点が似ている。
  • ビートポケモン剣盾におけるライバルキャラ(立場は主人公のライバル。)。性格はそれなりに似ているがウララやラングレー、ミルフィと違い、犯罪に等しい悪事(しかも破壊活動や略奪とハーリーやルザミーネやクララの不正が可愛く見える程に暴力的な悪事)を犯すくらい非道で似たようなトレーナーの中では凶暴な危険人物だったが、ポケモンへの愛情は本物。手持ちにブイズ(ウララはブースターとシャワーズ、ビートはニンフィア)とフェアリー複合(ウララはプリン、ビートはブリムオンを筆頭にたくさん所持している)がいる…という点が似ている。また彼の同期には女ライバルであるマリィ(ツンデレだがビートと違って悪辣なところは皆無でポケモンはおろか、人間にも優しい)がいる。
  • クララ:こちらも剣盾に登場したライバルトレーナー。問題を起こしているがポケモンにはとても優しい、名前が(頭文字が違うことさえ気にしなければ)とても似ているうえピンク髪でリボン(ウララはのリボン、クララはドクケイルを模した白いリボン)を付けている、手持ちにむし複合(ウララはミノマダム、クララはペンドラー)とフェアリー複合(ウララはプリン、クララはガラルマタドガス)がいる…という点が共通している。一方で自己中な本性は表に出さない腹黒キャラで卑怯な策で勝利しようとする等、どちからといえばハーリーに似た狡猾な性格であった。バージョンによっては彼女のポジションはセイボリーだが彼もクララやハーリー寄りの性格である。ちなみにセイボリーもフェアリー複合(ガラルギャロップ)を所持している。

関連キャラクター(性格、見た目系)

関連記事

親記事

シンオウゲスト しんおうげすと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154425

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました