ピクシブ百科事典

ミロカロス

みろかろす

ミロカロスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.350
英語名Milotic
ぶんるいいつくしみポケモン
タイプみず
たかさ6.2m
おもさ162.0kg
とくせいふしぎなうろこ / かちき(第6世代~) / メロメロボディ(隠れ特性)


  • ふしぎなうろこ:状態異常(こんらん・メロメロ等はのぞく)のとき「ぼうぎょ」が1.5倍になる。
  • かちき:何らかのステータス低下を受けると「とくこう」が2段階上がる。
  • メロメロボディ:接触技を受けると30%の確率で相手を「メロメロ」状態にする。

概要

命名

他言語版の名称

英語 Milotic
イタリア語Milotic
スペイン語Milotic
フランス語Milobellus
ドイツ語 Milotic
韓国語  밀로틱
中国語 美納斯
日本名はミロのヴィーナスギリシャ語で「美しい」という意味の“xάρις”(英字:“charis”。後のカロス地方の語源)に由来するものと思われる。中国名も同様で、「美しいヴィーナス」という意味になっている。
フランス名は後半がラテン語で「美しい」を意味する“bellus”に変わる。
それ以外は英語で「神秘的な」を意味する“mystic”との掛け合わせと思われる。韓国名もこの音訳にあたる。
このように、世界的に美しいとされているポケモンである。

進化

ヒンバスミロカロス

現状唯一の、複数の進化条件を持つポケモンとなっている。

  • 「うつくしさ」のコンディションが170以上になった状態でレベルアップする(各バージョン共通)。
  • アイテム「きれいなウロコ」をヒンバスに持たせて通信交換する(『ブラック・ホワイト』以降)。
いずれかの条件を満たせば進化できる。これは「うつくしさ」が「ポケモンコンテスト」に関わるステータスの一つで、これが開催されないバージョンでは基本的に上げる手段も用意されていないため。

ただし、コンディション自体は個体ごとに記録され、コンテストの無い作品に送られてもマスクデータとして機能し続ける。そのため、あらかじめコンディションの上がっているヒンバスを受け取れば、「『ブラック』のみで進化させる」といった芸当も可能である。
また、『HGSS』における散髪・毛づくろいには「うつくしさ」のコンディションを上げる副作用があり、これらを繰り返す事によっても条件を満たす事ができる。表向きの効果が「なつき度を上げる」であるため勘違いされやすいが、同バージョンにおいてもなつき度は進化条件に含まれておらず、これら以外の方法を用いてどれだけなつかせてもそのヒンバスは進化しない
以上から、ここでも美しさに大きな比重が置かれているポケモンという事が覗える。

349§350


容姿

みにくいアヒルの子』をでやったかのような驚異的な進化を遂げており、ヒンバスの貧相な面影はどこにも無くなっている。
(なお後の世代でみにくいアヒルの子が実装されてはいる)

体型リュウグウノツカイアロワナデンキウナギを掛け合わせたようなものとなり、後ろ半分のみが目立つ長い円筒状となった。
この鱗は一般的に濃いめの水色ピンク色で表現されるが、実際には七色であり、見る角度によって配色が変わるとされる。尾ビレはのように展開し、更に華やかな印象を与える。

頭部からは太さの異なる2対のピンク色のヒレが伸びており、それぞれ触角もみあげのようになっている。もみあげ状の方は性別によって長さが異なり、メスの方が長い。
首筋(?)には3対の黒い器官が確認できるが、用途は不明。

色違いはもみあげ状のヒレが薄紫に、鱗の水色部分が金色に、それぞれ変化する。

Milotic
色・Milotic


散々強調されてきた美しさは、ゲーム内では「最も美しいポケモン」とまで定義されており、よく絵画や彫刻の題材にされるという。
なお、魚の散髪って何だよとか深く考えてはいけない。

ストーリーでの扱い

初登場は『ルビー・サファイア』(第3世代)。
普段は大きな湖の底で生息しているとされ、野生では出現しなかった。
進化前のヒンバスも極めて生息域が限られており、希少なポケモンとして名前だけが知られるような存在であった。

そのため、ストーリー後半以降に特別なトレーナーが繰り出してくる傾向が強い。これは捕獲難度が下がった後の世代でも一貫している。
代表例がルネシティジムリーダーミクリで、こんらんの追加効果を持つ「みずのはどう」と回復技の「じこさいせい」による持久戦を図ってくる強敵である。
だがもっと強烈なのは道中120番道路の一般トレーナーの手持ちで初見殺しを行うという鮮烈なデビュー戦であろう。
タイプ自体は初見でも比較的想像が付いたようだが、バトルになる120番道路はのよく降る環境であり、予測可能回避不可能な状態で押し流されるという被害が相次いだ。
こうした事から、リアルでも尊敬と畏怖の入り交じった特別な感情を抱く人は少なくない。

先述のように、「ポケモンコンテスト」とは「卵が先か鶏が先か」といった関係で、存在レベルで密接に関わっている。
ただし、あくまでコンテストであるため、ミロカロスだからといって特別な採点がなされるわけではない。特に、「きれいなウロコ」で進化した個体は他の種族と同じく初期コンディションが0である。磨かれてこその美しさという事なのだろう。

ヒンバスに引き続き、進化パターンの似ているギャラドスとの対比が意識されている節もあり、破壊の象徴とされている先方に対して慈しみポケモン」と分類されている。争いを嫌い、怒りや憎しみの気持ちを静める波動を放つという内面まで美しいポケモンなのである。

ギャラドスとミロカロス
1番道路とかいうマジキチロード



ブラック・ホワイト』(第5世代)では進化方法が増えたほか、低確率ではあるが直接野生のミロカロスが釣れるようになった。
また、ボールから出した際に種族ごとに異なるエフェクトが発生するようになり、100kgを超えているミロカロスは「地響きと土煙を立てて着地する」という完全に重量級の扱いがなされるようになり、どこかイメージが揺らぎ始める。

X・Y』(第6世代)は語源の同じカロス地方が舞台ということで、名前繋がりで何らかのクローズアップがなされるかとも思われたが、彫刻が1体置かれているのみで登場すらしなかった。フレンドサファリにもいないという事態(だがこれらは『ORAS』への伏線だったともとれる)。
ギャラドスが獲得したメガシンカもミロカロスには用意されず、対比関係も薄れてゆく。
ついには「世界一美しい」と形容されるポケモンまで別に現れ、すっかり存在感を無くしてしまった。

しかし、世代の変わった『サン・ムーン』(第7世代)では以前と同じく「最も美しいポケモン」として登場。
美しさに定評のあるトレーナーの手持ちにもなり、イメージの回復が進んでいる。

対戦における特徴

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ合計
ヒンバス201520105580200
ミロカロス95607910012581540
上昇値+75+45+59+90+70+1+340

「こうげき」が低いこと以外は軒並み優良という、合理的なステータスとなっている。これはギャラドスの配分をシャッフルしたものでもあり、ここでも両者の関係性が示唆されている。

注目すべきはやはり高い「とくぼう」で、HPも100に迫る数値であることから抜群特殊技でも中々落とされない強固な特殊耐久を持つ。
物理耐久こそ並だが特性「ふしぎなうろこ」が発動すれば十分過ぎるほどに高く、おまけに「じこさいせい」まで覚える。
更にこんな耐久なのに「とくこう」が100もある「すばやさ」も比較的高いのだから恐ろしい。

ただし技のレパートリーは案外狭く、一致技以外だと「れいとうビーム」「こごえるかぜ」「ミラーコート」「じこさいせい」「さいみんじゅつ」がいいところ。
実はこう見えて特殊火力や特殊耐久を上げる積み技を覚えない。またサポート技にもあまり恵まれていない。

ミロカロスの歴史

登場した第3世代から多くのトレーナーを引きつけ、様々な研究や対策がなされてきた。
登場時から上記の技の大半が揃っており、「ふしぎなうろこ」相手の「どくどく」等に合わせてミロカロスを繰り出すなどで発動させていた他、『エメラルド』以降は「ねむる」「ねごと」も展開できるようになった。
下手に特殊技を振ろうものなら問答無用の「ミラーコート」で1体屠るというえげつないことも平気でやってのけた。

第4世代、特に初頭に入ると突如ミロカロスが覚醒する。
何と「さいみんじゅつ」が大幅強化され「命中70+2ターンねむり」という恐ろしい技になった。
唯でさえ耐久も火力も高水準なのに2ターンも隙を用意されてはたまらず、これにより対戦相手を次々と永眠させ、トラウマを植え付けてきた。
またかえんだまの登場で「ふしぎなうろこ」を能動的に発動できるようにもなった。
ただし「さいみんじゅつ」は『Pt』以降以前の仕様に戻り、徐々に鳴りを潜めていった。

テ果ノ界世
深水面邂逅



第5世代、競合相手のスイクンが前世代末期に「ぜったいれいど」を獲得し一気に蔓延していった。
さらに、新ポケモンのブルンゲルゴーストタイプを複合し耐性を多く持ち、便利な特性「のろわれボディ」、更には「おにび」で物理耐久を擬似的に挙げられることからシェアを拡大した。
これら2匹に埋もれたミロカロスは徐々に第一線から退くようになる……
だが「ねむり」の仕様が「交代するとターン数が1からリセットされる」ことになり、「さいみんじゅつ」とこの頃初登場の「ドラゴンテール」のコンボができるようにはなった。
なお、この頃にやってきた隠れ特性は「メロメロボディ」である。ややピンポイント気味だが相手を選べば使えるだろうか?

蛇睨み
いつくしみポケモン



第6世代『XY』では何と新特性「かちき」が2つ目の通常特性として設定された。
相手から能力を下げられると特殊火力が倍になる。これは低くないとは言え陳腐化傾向にあったミロカロスのステータスを増強するのに十二分な効果であった。
特に「いかく」持ちの投入が多いダブルバトル以上の団体戦では環境を変動させるレベルで、発動機会に困らないばかりか、いるだけで相手に選出をためらわせるほど。ミロカロスはトラウマメーカーに返り咲いたのである。
しかもあくまで通常特性扱いなので、同時に追加された「とくせいカプセル」で昔から育ててきたミロカロスをこの特性に変えることができるのも嬉しい限り。
とは言え、能動的に発動させられない(自分自身や味方が能力を下げる技を使っても発動しない)点はこれまでの特性と変わらない。現時点で全ての特性が相手依存というのも珍しい個性である。
一転『ORAS』では追加技が「とぐろをまく」という……「こうげき」を上げても何に使えと?
「ねむり」のターンの仕様も『XY』で戻っているので「ドラゴンテール」とのコンボもできなくなってしまったし。

第7世代ではやけどの仕様変更によって「かえんだま」を持った際のダメージが半減した。「ふしぎなうろこ」の使い勝手がややよくなった。
またZワザで1度だけなら各種能力を上げられるようになり、対応力が上がった。

ポケとるでのミロカロス

1回目の更新でボスとして降臨。しかし、その凶悪ぶりはイワーク以上に酷いものだった。
まず、初期配置でいきなりバリア化されたヒンバスが外周と中央に並んでいる。
サポートポケモンにヒンバスを入れればどうにかなるが、ヒンバスの攻撃力が30しか無い上に、タイプ半減で威力は15。初期配置を崩した所でHPは全然削れてなかったりする。
そしてオジャマも酷く、3ターンに一度3マスバリア化する所まではいいのだが、なんと、ランダムで連続オジャマをしてくる。バリアとブロックが混ざったこのオジャマを食らえば、リフレッシュはほぼ確定。そうで無くても、全くコンボが繋がらない。
しかも、元の捕確率は3%。イワークでコインやホウセキが削れたプレイヤーを泣かせた。
この様な鬼畜性能のせいで、ノーアイテムで捕獲するのは夢のまた夢である。

ポケモンGOでのミロカロス

2017年12月22日に追加された第3世代第2陣のうちの1匹。

野生では出現せず、ヒンバスから進化させることで入手することになるのだが、その入手難易度が鬼のように高いとしてプレイヤーの間で悲鳴が上がっている。

まず、進化前のヒンバスの出現率がとにかく低いメリープヨーギラス並みの出現率と言われ、また水辺にしかいない為川や海がない場所ではまずお目にかかれない。
一応、卵から孵化させて入手するという手もあるが、やはりというか当然というか、孵化するのは最もレアリティの高い10kmタマゴからとなる。
一応雨が降っていればそれなりに出現しやすくはなるようだ。

何とか入手することができたとしても、今度は進化するまでに100個という膨大な数のアメが必要になる。
通常、1進化しかしないポケモンはアメの要求個数が50個で済むのだが、どういうわけかヒンバスは1進化しかしないポケモンでありながら100個も要求されるのである。まあ、400個も要求されるコイキングなどに比べればまだマシな数ではあるのだが……
ヒンバスの尋常ではない入手難易度の高さを考えると、最早レイド報酬で手に入る「ふしぎなアメ」の投入も考えなければならないレベル……というか、現状ではアメの確保は「ふしぎなアメ」を投入して稼ぐことが強く推奨されている。一応、相棒ポケモンに設定して稼ぐことも可能だが、アメを1個手に入れるのに5kmも歩かされるため、やや効率が悪い。

そして、どうにかこうにかアメを100個集めて、これでようやく進化できるか……というと、そうはいかない
まだもう1つ手順を踏む必要があるのである。

それは、相棒ポケモンに設定して一緒に20km歩くこと。
……2kmではない。20kmである。
初見でこの尋常ではない距離数を目にして思わず唖然としたプレイヤーも多かったことだろう。
ちなみに、これがどれくらいの距離なのかというと、だいたい東京から川崎までの距離に匹敵する。相当な暇人でもない限り、とてもではないが1日でこれだけの距離を一気に歩くのは非常に困難。既定の距離に達するのに最低でも数日はかかることを覚悟した方が良いだろう。
(ちなみに……「相棒に設定して5km歩くとアメが1個手に入る=20km歩くとアメが4個手に入る」ので、アメを96個集めた状態で相棒に設定すれば後は歩くだけで2つの条件を同時に満たせる)

肝心の性能面はというと、原典同様火力がそこそこであり耐久力に優れたステータス配分となっているため、残念ながら火力が重要視されるレイドバトルやジム攻略にはあまり向いていない。
とはいえその耐久面はシャワーズとほとんど変わらないので、シャワーズ感覚で使えるのは嬉しい所。
技はというと、一致技が通常に「たきのぼり」、ゲージに「なみのり」を揃える。「たきのぼり」は確かに威力こそ高いが「みずでっぽう」に比べモーションが遅く使い勝手は今一つ。「なみのり」は半分ゲージで威力たったの65と一見使えない技のように見えるが、発動クールタイムがダントツで短いので「ハイドロポンプ」とダメージ効率が殆ど変わらない。
総じてゲージ技の回転率を上げたシャワーズという評価になるが、進化の手間を考えると実戦投入ならあちらで間に合うという人も多い。
とはいえ防衛面に目を向けると、一定間隔で通常技を出す関係上「たきのぼり」の方が「みずでっぽう」より優秀で、かつ「なみのり」は回避が困難なのでシャワーズよりも適任となる。
耐久も高いので防衛用の要塞として育て上げる手は十分ありといえる。

ミロカロス!


何より、これだけ苦労させられる分、無事に入手することができた時の喜びもまた格別なので、是非とも手に入れておきたい1匹である。

アニメでのミロカロス

AG編第35話で初登場。
ポケモンコーディネーターが持つポケモンというイメージがついたためか、アニメ版ルネジムのジムリーダーで元コーディネーターという設定になったアダンも手持ちに加えている。
DP編で初登場となったミクリのパートナーとしても登場。「アクアリング」などの技を覚えている。

主な使用ポケモントレーナー

関連イラスト

タワータイクーンの クロツグが しょうぶを しかけてきた!
シロナさんとミロカロスとハンモック


/ワンダフォー\
きたわねオジャマムシー


無題
MIMI



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧 みずタイプ
RSE DPt HGSS ポケモンBW ポケモンBW2 ポケモンXY ポケモンSM
ギャラドス ハクリュー スイクン ジャローダ スワンナ ディアンシー
ソルロック ルナトーン:タイトルが『サン・ムーン』なのに登場すらしなかったポケモン。
美しい ふつくしい ミロのヴィーナス

pixivに投稿された作品 pixivで「ミロカロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3247225

コメント