ピクシブ百科事典

目次[非表示]

特性の効果

初出第五世代
効果自身の能力が相手によって下がると「こうげき」が2段階上がる


概要

第五世代から登場している特性。
通常特性での所有者はコマタナ系統のみ。
隠れ特性での所有者が存外多く、マンキー系統、カモネギポッチャマ系統、ブニャットウォーグルトルネロスボルトロスナゲツケサルがいる。

効果は自身の能力が相手によって下がると「こうげき」が2段階上がるというもの。
故に、「いかく」をくらうと結果として攻撃が1段階上がり、「キングシールド」を使った相手に直接攻撃を使うと下がった攻撃を特性で上げ直して無効にしてしまう
うっかり「こごえるかぜ」とか「バークアウト」とか使っちゃったら目も当てられない。

所有者の多くが「こうげき」が高いので、「いかく」に強くなるのは非常に強力。
特にキリキザンは第6世代ダブルバトルにおいて一時代を築き上げたほど。
ダブルバトルは元々「いかく」が多いため特性が発動しやすいだけでなく、上昇した「こうげき」から放たれるタイプ一致先制技ふいうちで多くの相手を狩りやすい上に、ファイアローひこう技・メガガルーラノーマル技など多くの技を半減できるのが魅力だった。
厄介なギルガルドも特性のおかげで「こうげき」を下げられることが一切ない上に一致弱点まで突ける。
その「ふいうち」が弱体化した上に先制技を封じ込まれることが多くなった第7世代では失速している。

また、第7世代では新ポケモンのナゲツケサルが隠れ特性として「まけんき」を得た。
しかし、SMでは仲間呼びをする事で隠れ特性のポケモンと遭遇できるが、こいつは仲間呼びでケララッパしか呼ばないため、隠れ特性持ちを捕獲できないという問題点がある。
対となるヤレユータンも同じ問題を抱えているが、ナゲツケサルは通常特性が「レシーバー」(ダブル専用特性)なので、より際立ってしまっている(ヤレユータンには「せいしんりょく」がある)。
この問題点はUSUMになっても解決されていない。
だったが、2019/3/28にポケモンバンクにて解禁

能力が相手によって下がるとなのでインファイトなどで自分から下げたりダブルバトルで味方ポケモンの技で下げられた場合は発動しない。

関連タグ

ポケモン 特性
かちき……上記の「とくこう」版

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

コメント