ピクシブ百科事典

タチフサグマ

たちふさぐま

タチフサグマとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.???
ぶんるいていしポケモン
タイプあく/ノーマル
たかさ1.6m
おもさ46.0kg
とくせいすてみ/こんじょう


進化

タチフサグマ、またまた修正


ガラルジグザグマガラルマッスグマタチフサグマ

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』から追加されたマッスグマの進化系。
(分岐進化であるニンフィアを除き)第4世代以来実に13年ぶりに登場した既存ポケモンの進化形で、後のネギガナイト等がこれに続いている。

名前の由来は恐らく「立ち塞ぐ+アナグマ」から。
ジグザグ動き回り、真っ直ぐ突っ走り、最後は停止して立ち塞がる。

動物然とした進化前から一転、手足がスラリと伸びた二足歩行の獣人の様な体型へ変化している。
非常に好戦的な性格だが、自分から攻撃を仕掛けることは少なく、挑発して相手の攻撃を誘い出し腕をクロスさせて攻撃を防ぐ「ブロッキング」で迎え撃つ。この「ブロッキング」を起点に反撃を繰り出す戦法を得意とする。

リージョンフォームのポケモンから新種のポケモンへと進化するのはタチフサグマが初となり、従来のマッスグマではタチフサグマには進化できない。
ガラル地方のマッスグマは、他の地方に比べて同種間の競争が激しく過酷な環境下に生きている。そのような環境で育まれた生存本能によって、タチフサグマへの進化を獲得した。


外見こそパンクロッカーだが、元ネタは道に現れて通行人の行く手を阻む怪異、例えば『衝立狸』なのではないかと思われる (ぬりかべに類似した妖怪には、狸、狢等の変化が目立つ)。ぬりかべの項目を参照。
といってもジグザグマ族はタヌキというよりアナグマなのだが。まあ、ムジナはその両方を意味する事があるのでそうおかしい事でもないだろう。

関連イラスト

タチフサグマ



タチフサグマ(ホウエンの姿) [オリポケ イラスト]


ホウエンのすがた

関連タグ

ポケモン剣盾 あくタイプ ノーマルタイプ

ルガルガン(まよなかのすがた)……体形や目のデザイン、好戦的だが後の先スタイルを好むなど共通点が多い。

KISS:ニューヨーク出身のビジュアル系バンド。ハードロックな外見がよく似ている。
ちなみにタチフサグマがKISSと似ているとネットで話題になった際、ツイッターでKISS公式とジーン・シモンズが反応した。
後にニューズウィークの取材に対し「ポケモンは長らく家庭の中心にいた存在であり、ポケモンがKISSに敬意を払っているのを見れて喜ばしい」と好意的なコメントをしている。

関連記事

親記事

ガラルマッスグマ がらるまっすぐま

pixivに投稿された作品 pixivで「タチフサグマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 153103

コメント