2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガラルマッスグマ

がらるまっすぐま

ガラルマッスグマとは、ガラル地方におけるポケモン「マッスグマ」のリージョンフォーム。
目次[非表示]

ガラル以外のマッスグマは→マッスグマ

基礎データ

図鑑No.264
英語名Galarian Linoone
分類とっしんポケモン
タイプあく/ノーマル
高さ0.5m
重さ32.5kg
特性ものひろい / くいしんぼう / はやあし(隠れ特性)


進化

ジグザグマッスグタチフサグマ


初期中間最終
ガラルジグザグマガラルマッスグマ(Lv.20)タチフサグマ(夜・深夜にLv.35以上)
※通常種と進化条件は同じ。

概要

ポケットモンスター ソード・シールド』に登場するポケモンで、ガラル地方の環境に適応する為に独自の変化を遂げた、マッスグマリージョンフォーム
正式名称は「マッスグマ(ガラルのすがた)」
進化前のジグザグマ共々初めて登場したカントー以外のポケモンのリージョンフォームである

時速100キロほどの速さから繰り出す体当たりや、頭突きなどの攻撃を得意としている。その攻撃は自動車を撥ね飛ばす程の威力だが、外した時に生じる隙も大きい。

向こう見ずな性格を持ち、自分より強い相手に対しても平気で戦いを挑む。
この特徴とまっすぐ突き進む得意技から、やり場のない怒りや悩みをかかえる若者からも支持を得ている。

まっすぐな性格であることは変わっていないのだが、ヒャッハーな人相とタイプのせいで「マッスグマなのにまっすぐに育たなかったのか」とネタにされる事も。

ゲームでの特徴

進化前同様にエール団の構成員が使用するポケモンの一つにもなっている。
また、今までに発見されていたマッスグマとは違い、更にもう1段階進化をする

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
7870615061100420


ガラルジグザグマと同じく習得技が異なっており、原種と全く能力値は同じ。
マッスグマが進化時に「きりさく」を覚えるのに対し、こちらは進化時に「つじぎり」を覚えられる。
しんかのきせき」の恩恵を得られるので、あえて進化させずにサポート役として運用するのも良い。

使用トレーナー

漫画版


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

15章でエール団のしたっぱ男のポケモンで登場。


関連タグ

ポケモン ポケモン剣盾 ガラル
リージョンフォーム ガラルのすがた
タチフサグマ

263.ジグザグマ/ガラルのすがた264.マッスグマ/ガラルのすがた→265.ケムッソ  

同複合タイプ

アローラコラッタ/アローララッタ

序盤ノーマル一覧

No.初期No.中間No.最終
019コラッタ(アローラコラッタ)020ラッタ(アローララッタ)--
161オタチ162オオタチ--
263ジグザグマ(ガラルジグザグマ)264マッスグマ(ガラルマッスグマ)862タチフサグマ
399ビッパ400ビーダル--
504ミネズミ505ミルホッグ--
506ヨーテリー507ハーデリア508ムーランド
659ホルビー660ホルード--
734ヤングース735デカグース--
819ホシガリス820ヨクバリス--
831ウールー832バイウールー--
915グルトン916パフュートン--


夜進化組

イーブイ/ブラッキー(+なつき)
ニューラ/マニューラ(+するどいつめ)
グライガー/グライオン(+するどいキバ)
リーシャン/チリーン(+なつき)
アマルス/アマルルガ
アローラコラッタ/アローララッタ
カラカラ/アローラガラガラ(SM・USUM)
イワンコ/ルガルガン(まよなかのすがた)
ユキハミ/モスノウ(+なつき)
マホミル/マホイップ(まっちゃ・レモン・ソルト・ミント・トリプル)
リングマ/ガチグマ(満月の夜+ピートブロック)

関連記事

親記事

ガラルジグザグマ がらるじぐざぐま

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108340

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました