ピクシブ百科事典

バイウールー

ばいうーるー

ポケットモンスターシリーズに登場するポケモン。ソード/シールドから登場。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.832
分類ひつじポケモン
タイプノーマル
高さ1.3m
重さ43.0kg
特性もふもふ/ふくつのこころ/ぼうだん隠れ特性


進化

ウールーバイウールー

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場するポケモン。
ウールーの進化系で、毛がブチ模様になり角も大きく成長した。

立派に伸びた角は異性にアピールするもので、戦いに用いられることはないという。実際にゲーム内の攻撃モーションでも頭から突っ込むようなことはせず、後ろ足で蹴り上げる動作を行う。
彼らから取れた羊毛は極めて弾力性に富んでおり、これを加工して作ったカーペットの上に乗るとトランポリンのように跳ねる事が出来るらしい。

名前の由来は「倍、バイ(bi:2つの)+ウールー」と思われる。
また、モチーフはおそらくイギリスに広く分布する四本角の羊・ジャコブヒツジ。
他に羊毛のカラーリングがサッカーボールを思わせるものとなっており、今作の世界観にも関連づけられていると思しい。

ストーリー中ではホップのパートナーであったウールーが進化した個体が登場し、ある時は敵として、またある時はダブルバトルの味方として活躍する。一時期スランプから脱却するための試行錯誤の一環でパーティーから外されるが、最終的にはパーティーに復帰し、彼のベストメンバーの一体としてチャンピオンカップやトーナメントの試合にも参戦する。


ゲーム上での特徴

HABCDS
7280100609088

合計種族値は490もあり、序盤に登場するノーマルタイプとしては珍しく高め。
その見た目通り防御・特防が高い。特に防御は特性もふもふのお陰で非常に強固。加えてコットンガードも覚えるので一層堅くなる
また、ガードシェアガードスワップバトンタッチなども覚えられ、その守りの堅さを仲間に分ける形でサポートする事が可能。更にボディプレスきしかいせいで守りの堅さを実質的な攻撃力に変換する事も可能。ただただ自分の身を守るだけでは終わらないのも面白い。

一方、攻撃面では上述されているように角を用いる(と思われる)技を本当に何一つ覚えられない。つのでつく」さえも習得できない。しかし何故か「ずつき」は覚える。わざわざ角が相手に当たらないように位置取りを調整しながら攻撃するのだろうか。
その他、体毛や脚力を活かしたわざを覚える傾向が強く、四足歩行型のポケモンにしては珍しく「メガトンキック」なども習得できる。
また、「エレキボール」や「ワイルドボルト」なども覚えられる。体毛の静電気を利用するのだろうか。しかし「10まんボルト」クラスの膨大な電気は扱えない。この辺りが先輩との大きな違いである。


関連タグ

ポケモン剣盾
使用トレーナー:ホップ
メリープ モココ
ゴーゴート
デカグース/アローララッタヨクバリス/バイウールー/タチフサグマ→???

関連記事

親記事

ウールー うーるー

pixivに投稿された作品 pixivで「バイウールー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 614875

コメント