ピクシブ百科事典

エルフーン

えるふーん

エルフーンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.547
イッシュ図鑑第1版 No.053
イッシュ図鑑第2版 No.083
ぶんるい かぜかくれポケモン
タイプ くさ / フェアリー
たかさ 0.7m
おもさ 6.6kg
とくせい いたずらごころ / すりぬけ / ようりょくそ(夢特性)


他言語版の名称

英語 Whimsicott
イタリア語Whimsicott
スペイン語Whimsicott
フランス語Farfaduvet
ドイツ語 Elfun


進化

もふもふ!


モンメンエルフーン (「たいようのいし」を使用)

概要

『ポケモンBW』から登場するモンメンの進化系。
綿花そのものな進化前から一転、胴体のある小柄で可愛らしい妖精のような姿となり、身体部分は褐色となっている。

自身の体よりも大きな繊維状の綿を身に纏っているが、後ろから見ると綿の中心に蕚(ガク片)が付いており、現実世界に存在する綿花と同じである。
また横から見ると案外背中の綿には厚みはなく、蕚が本体の付近にあるために綿が横に広がっているという感じである。例えて言うなら、ポンデリングを背負っているようなイメージで描くとわかりやすい。


その見た目通り性格は無邪気。特定の棲み処を持たず、つむじ風に乗って各地を気ままに飛び回り、どんなに細い隙間でものように潜り抜けてしまう。
そして民家に侵入しては、部屋中に綿毛をばら撒いたり、家の中の家具を動かし大切なものを隠すといったイタズラを好むハタ迷惑な性質を持つ。

この事から名前の由来はおそらく『エルフ+タイフーン(typhoon:台風)』と思われる。
エルフという言葉は「森の妖精」や「悪戯っ子」という意味があり、図鑑説明やフェアリータイプが追加された事はそれを踏まえているのだろう。
羊っぽい外見は、綿花が誤伝されて生まれた伝説の植物「バロメッツ」を参考にしたためと思われる。

そのもふもふであり、最終進化系とは思えぬ非常に愛くるしい容姿と、パワーの低さをカバーして余りある一級品の攪乱性能から、現在に至るまで高い人気を博しているポケモンである。

ゲームにおける特徴

石により進化するポケモンだが「ヤグルマの森」などの揺れる草むらにまれに出現。
『ブラック』『ブラック2』のみに野生で出現し、『ホワイト』『ホワイト2』ではシッポウシティ(2では4ばんどうろ)に住む女性から進化前のモンメンをチュリネと交換できる。
以降の作品にはモンメンしか野生で登場しない為、その都度進化させる必要がある。

第5世代のシナリオでは、御三家でポカブ又はミジュマルを選んだプレイヤーにとって非常に頼りになる草枠のポケモン。
また、同タイプのツタージャを選択していた場合、役割がはっきりしているエルフーンorドレディアに乗り換えたトレーナーや、攻撃役のジャローダと役割分担で進めたトレーナーもいた事だろう。
どちらにしても、旅のメンバーを一考させるほど頼りになった存在と言える。


HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
種族値6067857775116480
素早さの種族値が116とずば抜けて高い。
同じ綿草ポケモンのワタッコとは外見や能力値などの類似点が多く、素早さでは勝るもののHPでは劣っているなど若干の差異が見られる。

フェアリーの中ではアブリボンカプ・コケコと同じくガブリアスの102を上回るが、それ以外のステータスは低いため自身だけでガブリアスの対策をするにはやや無理がある。一応じめんわざも半減するが。

タイプ一致の「ギガドレイン」「ムーンフォース」などを始め、「ぼうふう」「サイコキネシス」「シャドーボール」など攻撃技は豊富だが、殴り合うよりもじわじわ削ったり味方をサポートしたりとトリッキーな戦いの方が向いている。


そんなエルフーンの最大の特徴とも言えるのが特性「いたずらごころ
その性能は「変化技を使用する際に優先度が通常より+1される」というもので、変化技を相手より先に繰り出すことができる。
……といった様に、とにかく変化技や補助技のレパ-トリーに事欠かないポケモンである為、特性の恩恵を最大限フル活用することが出来、あらゆる戦術を先手で決めてしまうことが可能。

相手にすると面倒なことこの上なく、こちらがどんなポケモンを繰り出しても相手が有利になるような変化技を先に仕掛けられてバトルの流れを作られてしまう可能性が非常に高い。
これが一部から害悪と言われる原因である。


特性のおかげで殆どの場合に先手が取れるので耐久に特化した育成がしやすいのもポイント。
素早さは116もあるので無振り(136)でも最速70族(134)より速い。とはいえ「いたずらごころ」自体はライバルが増えているので油断禁物。

だが先制技を牽制する効果は第7世代に入って増えており、特性ビビッドボディじょおうのいげんサイコメイカーなどで対処は可能。
しかし、「おいかぜ」など自分を対象にする技はそれらで防ぐことができないので、こちらも「いたずらごころ」+「ちょうはつ」など別の方法で対処する必要があるのも強みに拍車をかけている。


またエルフーンの場合、他の特性もかなり有用な為敢えて別の特性で突っ込んでくる可能性も十分考えられる。

もう1つの特性「すりぬけ」の「『リフレクター』や『ひかりのかべ』などの防御壁系の効果を無視して攻撃できる」という効果は攻撃力が並であるエルフーンにはやや使いにくいが、「エルフーン=いたずらごころ」という強い固定観念を逆手に取り、攻撃を前面に押し出した個体で挑むのも十分にアリであるため一考の価値はあるとも言える。

第6世代から「みがわり」もすりぬけられる様になり、フェアリータイプの攻撃相性の良さもあって「いのちのたま」「こだわりメガネ」で火力強化を測るのも悪くない。


隠れ特性「ようりょくそ」は、同特性を持つくさタイプの中では最速となれる。
第7世代では「いたずらごころ」へのマークが厳しくなったので素早さを上げる手段として少しずつだが候補になっているらしい。


天敵としては4倍弱点を突いてくるどくタイプや、第7世代より「いたずらごころ」で先制化された技を無効化してしまう様になったあくタイプの存在。
幸いエルフーン自身はフェアリータイプなので後者はタイプ一致弱点で返り討ちにしたいところ……だが、攻撃面にやや難があるためHP満タンの状態から返り討ちにするのは不安が残る。
フェアリー技すら等倍に抑えるほのお複合どく複合などは素直に逃げるべし。

なお余談だが、第6世代のフェアリータイプ追加により、このポケモンはモンメン共々どくタイプの技が4倍弱点になっている。
これは初代のパラスパラセクト以来14年ぶりのことで、後に出たマシェードカプ・ブルルがこれに続いている。

アニメでのエルフーン

BW編から登場しているが、大抵はモブとしての扱いであり、残念ながらメインをはった話はない。
BWシーズン2編第10話では、1話の中では最も長く登場する。ポケモン幼稚園の幼児として登場し、他が未進化ポケモンの中で唯一の最終進化系であった。

関連イラスト

「おい、静電気くれよ」
人をダメにするなんたらかんたら


みがわり
いたずら5秒前



関連タグ

ポケモン一覧 ポケモンBW くさタイプ フェアリータイプ
エルフーンたんマジ妖精 もふるーん 綿花 シルフ 白い悪魔

pixivに投稿された作品 pixivで「エルフーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5922544

コメント