ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エルフーン

えるふーん

エルフーン(Whimsicott)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するモンスターの一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0547
イッシュ図鑑(BW)No.053
イッシュ図鑑(BW2)No.083
アローラ図鑑(SM)No.088
メレメレ図鑑(SM)No.088
ウラウラ図鑑(SM)No.048
ポニ図鑑(SM)No.038
アローラ図鑑(USUM)No.106
メレメレ図鑑(USUM)No.106
ウラウラ図鑑(USUM)No.051
ポニ図鑑(USUM)No.050
ガラル図鑑No.263
カンムリ雪原図鑑No.169
ブルーベリー図鑑No.057
ローマ字表記Elfuun
ぶんるいかぜかくれポケモン
タイプくさ / フェアリー(第6世代から)
たかさ0.7m
おもさ6.6kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性1いたずらごころ:変化技の優先度が+1になる(第7世代からはあくタイプに無効)
特性2すりぬけ:リフレクター・ひかりのかべ・オーロラベール・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる
隠れ特性ようりょくそ:天候が「ひざしがつよい」の時、「すばやさ」が2倍になる
タマゴグループしょくぶつ/ようせい

他言語版の名称

英語Whimsicott
イタリア語
スペイン語
ドイツ語Elfun
フランス語Farfaduvet
韓国語엘풍
中国語(簡体字)风妖精
中国語(繁体字)風妖精

進化

モンメンとエルフーン

モンメンエルフーン (「たいようのいし」を使用)


概要

第5世代『ブラック・ホワイト』から登場するモンメンの進化系。

綿花そのものな進化前から一転、胴体のある小柄で可愛らしい妖精のような姿となり、身体部分は褐色となっている。


自身の体よりも大きな繊維状の綿を身に纏っているが、後ろから見ると中心に蕚(ガク片)が付いており、これも実際の綿花と同じである。

また横から見ると案外背中の綿には厚みはなく、蕚が本体の付近にあるために綿が横に広がっているという感じである。例えて言うなら、ポンデリングを背負っているようなイメージで描くとわかりやすい。


この綿は太陽の光を浴び続ける事でどんどん成長・膨張し、増えすぎて邪魔になった分は自らちぎってばら撒いている。風が強すぎると千切れてしまう事もある事から、結構取れやすい毛である事が窺える。


その見た目通り性格は無邪気。特定の棲み処を持たず、つむじ風に乗って各地を気ままに飛び回り、どんなに細い隙間でものように潜り抜けてしまう。文字通りの風来坊

そして民家に侵入しては、部屋中に綿毛をばら撒いたり、家の中の家具を動かし大切なものを隠すといったイタズラを好むハタ迷惑な性質を持つ。


天候が晴れだとその分空気が温まって空に浮かび上がりやすくなる為、毛が増えると言いつつも、やはり彼らが一番活動しやすい時間帯は晴れた昼間なのだろう。

一方、綿ゆえに水を苦手としており、かけられると体が重くなって観念する。と言ってもゲーム上では逆に強く、ぼうふうも覚えるので雨天でも問題なく戦えるが。


この事から名前の由来はおそらく『エルフ+タイフーン(typhoon:台風)』と思われる。

エルフという言葉は「森の妖精」や「悪戯っ子」という意味があり、図鑑説明やフェアリータイプが追加された事はそれを踏まえているのだろう。

羊っぽい外見は、綿花が誤伝されて生まれた伝説の植物「バロメッツ」を参考にしたためと思われる。


そのもふもふであり、最終進化系とは思えぬ非常に愛くるしい容姿と、パワーの低さをカバーして余りある一級品の攪乱性能から、現在に至るまで高い人気を博しているポケモンである。


ゲームにおける特徴

BWBW2


  • 第5世代のシナリオでは、御三家でポカブ又はミジュマルを選んだプレイヤーにとって非常に頼りになる草枠のポケモン。また、同タイプのツタージャを選択していた場合、役割がはっきりしているエルフーンorドレディアに乗り換えたトレーナーや、攻撃役のジャローダと役割分担で進めたトレーナーもいた事だろう。どちらにしても、旅のメンバーを一考させるほど頼りになった存在と言える。

XY


ORAS / SMUSUM

  • モンメンから進化させる必要がある。ただ、後者はモンメンが『サン』『ウルトラサン』限定なので注意。

ソード・シールド


LEGENDSアルセウス


スカーレット・バイオレット

  • 藍の円盤で内定。
    • 元々の「いたずらごころ」+「コットンガード」に加え、テラスタルによってどく4倍弱点を消せるようになったため、耐久型として鬼に金棒と言うべき性能となった。はがねタイプに変わればボーンラッシュ以外の目ぼしい連続攻撃技を半減以下で受けてシャットアウトできる。

性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
種族値6067857775116480

  • 素早さの種族値が116とずば抜けて高い。同じ綿草ポケモンのワタッコとは外見や能力値などの類似点が多く、素早さでは勝るもののHPでは劣っているなど若干の差異が見られる。



特性の考察

  • そんなエルフーンの最大の特徴とも言えるのが特性「いたずらごころ。その性能は「変化技を使用する際に優先度が通常より+1される」というもので、変化技を相手より先に繰り出すことができる。

  1. ステータスを3段階上げる「コットンガード
  2. 状態異常技の「くさぶえ」「しびれごな」「どくどく
  3. 毎ターン体力を吸収する「やどりぎのタネ
  4. 相手を妨害する「アンコール」「ちょうはつ」「すりかえ
  5. 味方を助ける「おきみやげ」「おいかぜ」「うそなき」「ひかりのかべ
  6. 可愛さを生かす「メロメロ」「あまえる」で相手を惚れさせて骨抜きにする。

・・・・といった様に、とにかく変化技や補助技のレパ-トリーに事欠かないポケモンである為、特性の恩恵を最大限フル活用することが出来、あらゆる戦術を先手で決めてしまうことが可能。


  • 相手にすると面倒なことこの上なく、こちらがどんなポケモンを繰り出しても相手が有利になるような変化技を先に仕掛けられてバトルの流れを作られてしまう可能性が非常に高い。

  • 特性のおかげで殆どの場合に先手が取れるので、耐久に特化した育成がしやすいのもポイント。素早さは116もあるので無振り(136)でも最速70族(134)より速い。とはいえ「いたずらごころ」自体はライバルが増えているので油断禁物。

  • だが先制技を牽制する効果は第7世代に入って増えており、特性ビビッドボディじょおうのいげんサイコメイカーなどで対処は可能。しかし、「おいかぜ」など自分を対象にする技はそれらで防ぐことができないので、こちらも「いたずらごころ」+「ちょうはつ」など別の方法で対処する必要があるのも強みに拍車をかけている。

  • またエルフーンの場合、他の特性もかなり有用な為、敢えて別の特性で突っ込んでくる可能性も十分考えられる。

  • もう1つの特性「すりぬけ」の「『リフレクター』や『ひかりのかべ』などの防御壁系の効果を無視して攻撃できる」という効果は攻撃力が並であるエルフーンにはやや使いにくいが、「エルフーン=いたずらごころ」という強い固定観念を逆手に取り、攻撃を前面に押し出した個体で挑むのも十分にアリであるため一考の価値はあるとも言える。

  • 第6世代から「みがわり」もすりぬけられる様になり、フェアリータイプの攻撃相性の良さもあって「いのちのたま」「こだわりメガネ」で火力強化を測るのも悪くない。

  • 隠れ特性「ようりょくそ」は、同特性を持つくさタイプの中では最速となれる。第7世代では「いたずらごころ」へのマークが厳しくなったので素早さを上げる手段として少しずつだが候補になっているらしい。

  • 天敵としてはタイマンで弱点を衝いてくる相手や、第7世代より「いたずらごころ」で先制化された技を無効化してしまう様になったあくタイプの存在。

  • 幸いエルフーン自身はフェアリータイプなので、後者はタイプ一致弱点で返り討ちにしたいところ・・・だが、攻撃面にやや難があるためHP満タンの状態から返り討ちにするのは不安が残る。特にフェアリー技すら等倍に抑えるガオガエンスカタンクなどは素直に逃げるべし。

第5世代

  • 当初からダブルバトルのサポートとして度々採用され、特にテラキオンに「ふくろだたき」を仕掛けて攻撃力を上げるプレイングは当時の必勝パターンの一つだった。

ふくろだたき


第6世代

  • フェアリータイプを獲得。当時のフェアリー最速の地位を生かし、シングルバトルでもパーティの補完としてよく採用された。

第8世代

  • サポート要員としてかなりの人気を誇った。ランクマッチの「シーズン6」以降は対戦で好んで使用されやすいポケモンのトップ10に入ってしまったことで、使用が禁止されるポケモンの1体に選ばれてしまったほどである。

第9世代

  • 藍の円盤に内定。暴れ回れるかと思いきやエルフーンスレイヤーことサーフゴーがいる為、どうなるかは分からない。

  • テラスタルのとの相性は抜群。はがねテラスタルでどく4倍弱点を含む弱点を粗方消せる上に、大方の連続攻撃技も封殺できる。「いたずらごころ」ミラーマッチ対策にはあくも良いかもしれない。他にも、いざという時にフェアリーテラスタルで雑に打点を補強するという手もある。

  • ダブルバトルでは解禁早々に対策となる「ねこだまし」をシャットアウトするためだけにゴーストテラスタルを搭載した型や「おんみつマント」を持った方が環境に進出。自身の「にほんばれ」でサポートできる晴れパエースとしてはウネルミナモと組むケースが目立つ。

  • シングルでは想像の通りやはりサーフゴーが重い(実際サーフゴーの能力配分はエルフーンを狩る事に特化していると言える程)上に、ダイマックス枯らしという役割があった第8世代と異なり明確な使い道が無く、優先度+2の「しんそく」で「コットンガード」を積む前に削れてしまう、後出しだと流行している「どくびし」を踏んでもうどくを撒かれて無限戦術が破綻する、などの理由から特筆すべき使用率を出せていない。「ちょうはつ」「アンコール」「サイコノイズ」が飛び交うメンタル技環境となっているのも大きい。音技のスペシャリストであるアカツキガチグマアシレーヌも厄介。それらはくさウエポンを搭載することで対策できるが、エルフーンにとって汎用性が低いとされるくさウエポンを入れたらその時点でパーティ構築に負担がかかっていると言える。

使用トレーナー

ゲーム版


番外作品

ポケモンマスターズ

セレナ(21シーズン)&エルフーンバレンタインセレヒカ

  • セレナ(21シーズン)&エルフーン
    • 2021年サンクスデイ(バレンタインデー)イベントに合わせて実装。相手全体をまひ状態にしたり、味方全体の素早さをあげられるテクニカルで、自分の素早さがあがっていたり、相手の素早さがさがっているほど技の威力がアップする。バディーズわざ「ビターでスウィートなフェアリーレイ」は相手まひ時に威力がアップ。

ポケパーク2

  • フローラエリアに登場。ウイッシュパークへ繋がる道の張り紙を破いてしまい、きのみパーティの招待状にしてしまったようで、ピカチュウミジュマルジャローダの場所を教えてくれる。
  • おいかけっこに勝利すると友達になれる。……のだが、素早さが段違いなのでツタージャの素早さをひたすら鍛えてから挑みたい。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

BW編から登場しているが、大抵はモブとしての扱いであり、残念ながらメインをはった話はない。


  • BW80話
    • チュリネと寄り添う様にお昼寝する姿が見れる。

  • BW95話
    • ポケモン幼稚園の幼児として登場し、他が未進化ポケモンの中で唯一の最終進化系であった。

その他

SM1話・6話・8話・30話・40話・46話・90話・96話・130話
劇場版白き英雄キュレムVS聖剣士ケルディオ神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒ココ

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 41話:画像で登場。

余談

公式にも「みがわり」を使う代表的存在として認知されているのか、ポケモンセンターでみがわりのぬいぐるみを公式販売するときにエルフーンのみがわりぬいぐるみと付けているほどである。


池袋支店にもエルフーンの模型とみがわりヌイグルミがセットで置いてあり、子供や女子などのライト層からは普通にかわいいという評価である。一方、対戦で苦しめられている一部の方々からは「何がかわいいのかさっぱり分からない」とかなんとか…。


関連イラスト

「おい、静電気くれよ」人をダメにするなんたらかんたら

ヒウンシティ上空からいたずら5秒前


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン BW BW2

ポケモン一覧 くさタイプ フェアリータイプ

エルフーンたんマジ妖精 もふるーん


0546.モンメン0547.エルフーン→0548.チュリネ


同複合タイプ


関連ポケモン等





CPタグ


その他


.

関連記事

親記事

モンメン もんめん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10410895

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました