ピクシブ百科事典

フェアリータイプ

ふぇありーたいぷ

フェアリータイプ(Fairy Type)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するタイプの一種である。
目次[非表示]

概要

ポケモンは種族ごとに、1,2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。
そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。

第6世代・「ポケットモンスターX・Y」から追加された18番目のタイプ。
新規タイプの追加は第2世代のあくはがね以来なので、4世代・約14年ぶりとなる。

フェアリータイプのポケモンは、小柄可愛らしい姿をしているものが多い。
とは言え、クレッフィのような変わった見た目のポケモンもいる。特に伝説のポケモンなどは妖精というより精霊の立ち位置であるケースが少なくない。
「ようせい」タイプではなく「フェアリー」タイプなのは精霊のモチーフもこのタイプに含まれるからなのだろう。
そのせいか、タマゴグループの「ようせい」はあまり関係なかったりする。
(「ふていけい」であるサーナイトが属する一方で、「ようせい」に属するハピナスやプラスル・マイナンは属さない)

XYにて登場した際には既存ポケモンにもフェアリータイプが加わった。
マリルプリンクチート等は新たにフェアリーが追加されており、ピッピブルーに至っては追加どころかタイプ自体がノーマルからフェアリーに変更されている
だが「何であいつらがフェアリーでがフェアリーじゃないんだ!!」と腑に落ちない人もいることだろう。フェアリーの基準はあまりよくつかめない。とりあえず、日本人が抱きがちな「かわいい=妖精」で決めているわけではない(妖精の起源の北欧では妖怪のような特徴のものもたくさんいる)。
それに、やみくもにフェアリーを増やすと例えばラッキーハピナスがフェアリータイプになった場合とんでもないことになってしまうので考え物ではある。

ただ、一部で話題になったクノエジムや、フェアリータイプ専門トレーナー「メルヘンしょうじょ」、フェアリーのZワザ「ラブリースターインパクト」などを鑑みるに、基本はやはり「ファンシーで可愛い」をイメージしたタイプと言える。

フェアリーの遊び場


相性面で一番の特徴はドラゴン技が無効であること。
たとえそれが時間を歪める技だろうが空間ごと切り裂く技だろうが平然と無効化してしまうのである。
そしてこちらはドラゴンタイプの弱点を突ける。ドラゴンタイプにとっては文字通り天敵となる。
ドラゴンに加えて、あくタイプと第5世代で猛威を奮ったかくとうタイプの弱点も突ける。
ちなみに、ドラゴンタイプに対しての効果抜群はバランス調整のためだと公式の質疑応答で語られているが、あくタイプかくとうタイプにも強いのは、聖なる力で悪意と暴力を浄化するという意味も込められているのかもしれない。そして、ドラゴンは東洋でこそ神(≠GOD)サイドの存在だが、妖精の伝承が盛んな西洋では邪悪の象徴とされる。
以上から、このタイプは他のRPGの作品で言うところの属性に類するものと思われる。差し詰めヒーローは遅れて現れるといったところか。

フェアリーの弱点は攻撃属性としては不遇の筆頭だったどくタイプはがねタイプのみ。この2タイプに対してはフェアリータイプの技も今一つである。
強い者に強く弱い者に弱いという、メタ的な位置づけのタイプである。
聖なるものが穢されるという意味でどくが、妖精は鉄を苦手とするという伝承からはがねが弱点になったとも推測できる。どちらも科学に関係しているのが興味深い。
また、妖精は炎を恐れるという伝承がある故か、ほのおは弱点ではないがフェアリー技を半減してしまう。
この3タイプは耐性の多いタイプのベスト3であり、「フェアリータイプの技に耐性がある相手にはサブウエポンも通用しない場合が多い」という弱点が意図的に設定されている(だが偶然にも全員じめんタイプで弱点を突けてしまったりする)。
その他のフェアリータイプの耐性としては、弱点を突ける3タイプに加え、何故かむしタイプが該当する。威力半減タイプの数がくさタイプと並んでワーストになってしまったむしタイプの皆さんの心中や如何に。
弱点2つ、耐性4つ(内1つ無効)というかなり恵まれた耐性と言える。
なお、フェアリー→フェアリーはノーマル・ひこう・かくとう・いわ・むしと同じく等倍。

これによって、今まであくタイプに不利だったサーナイトが今度はあくタイプ相手に有利に戦え、4倍弱点がないのが強みだったズルズキンサザンドラに4倍弱点が、弱点の無かったヤミラミミカルゲに初めて弱点が出来てしまい、ただでさえ厄介なあのマリルリがドラゴンを射程圏内に入れて現在進行形で猛威を奮っている

……とはいえ、ドラゴンかくとうの両タイプはサブウェポンが豊富である。そのため、得意なタイプだからといって安易にフェアリータイプを交代で繰り出すと、等倍以上の攻撃を食らって倒されてしまうケースも多い。
フェアリータイプのポケモンの種族値を見てもらえれば分かるが、基本耐久面は「とくぼう」の方が高く、「ぼうぎょ」は平均並かそれ以下というポケモンが多いため、物理攻撃には案外脆い。
特に使用率が高いガブリアスはタイプ一致の「じしん」を多用する。考えなしに繰り出して「じしん」で押し切られたら目も当てられない。「げきりん」を読んで登場できればよいが、ガブリアスは「どくづき」や「アイアンヘッド」を覚えている場合もあるので油断はできない。多少なりとも慎重な立ち回りを必要とする。
かくとうタイプの方も多くが先制技枠に「バレットパンチ」を所持していたり、「どくづき」を覚えられる種族も多く、気が抜けない。

むしろフェアリータイプは他のタイプとの複合で真価を発揮しているものが多い。
前述のサーナイトやマリルリはもちろんのこと、クチートクレッフィのようなはがねとの複合が特に強力。
はがねタイプとは上手に弱点を打ち消し合っており、弱点2・耐性11という凄まじい耐久性能になっている(特性「ふしょく」が……と思いきや、この特性に攻撃技無効を打ち消す効果はないのでとりあえずは安心しよう)。

タイプ新設の影響で技も様々な種類が追加されている。
特殊技は「ムーンフォース」「ようせいのかぜ」「マジカルシャイン」「ドレインキッス」など。特に「マジカルシャイン」は技マシンであり汎用性が高く、そこいらのドラゴンやあくタイプをビクビクさせているとか。
一方で物理技は「じゃれつくただ一つ。妖精さんは乱暴はお嫌いの様子である(その割に威力が90もあるが)。
ただし「じゃれつく」を覚えられるポケモンは「ムーンフォース」を、「ムーンフォース」を覚えられるポケモンは「じゃれつく」を覚えられない。
補助技は「ミストフィールド」「ジオコントロール」などがある。
また、既存の技である「あまえる」「つきのひかり」もフェアリータイプに変更されている。これに関しては以前「かみつく」がノーマル→あくに変わった前例が存在する。

XY発売前から話題になっていためざめるパワーの仕様についてだが、タイプの計算式はそのままであるためめざパ妖は存在しない。恐らくは過去作産のめざパのタイプが変わらないようにするための措置であろう。
一方アルセウスは、新たに登場した「せいれいプレート」によってフェアリータイプになれるようになった。
(余談だが、フェアリータイプの技の威力を上げられるアイテムはこの「せいれいプレート」のみ。他のタイプはプレート以外にもあるというのに)

pixivではドラゴンタイプを相手にしたイラストが多く投稿されている。

森のフェアリー♂タイプ
フェアリータイプ。



世代別の特徴

第6世代

妖精のような可愛らしいタイプ……と銘打って登場したが、発売前のフェアリー追加組の中にマリル(マリルリ)クチート(メガクチート)がおり、どちらも特性ちからもちである。この時点でどう見ても嫌な予感しかしなかった人が多数いたことだろう。
その嫌な予感はものの見事に的中することになった。
物理ではマリルリとメガクチートが超火力、高耐久、優秀な耐性、新技「じゃれつく」を引っ提げ環境を席捲。
特殊ではメガサーナイト、ニンフィア、(ORASから)メガチルタリスが新特性フェアリースキンによる超火力を引っ提げ同じく環境を席捲。
その他、クレッフィが「いたずらごころ」による変化技乱舞と弱点の少なさで、メレシーが超耐久と「トリックルーム」「ガードシェア」等の技で活躍。
伝説戦ではゼルネアスが超性能の積み技「ジオコントロール」を駆使し超火力全体技兼ドラゴン狩りの役目を負っている。
天敵と目されていたはがねタイプは耐性見直しにより一気にその数を減らしており、フェアリーの勢いは絶えることなく続いた。
ぶっちゃけ前世代のドラゴンタイプの如く破壊の限りを尽くしているのが現状。はかいポケモンより余程破壊的なポケモンが目立つ。

一方で従来猛威を振るっていたトゲキッスは、ノーマル剥奪による耐性変更、フェアリー技が殆ど与えられていない等が原因でやや鳴りを潜めた。
エルフーンもファイアローの登場で「いたずらごころ」によるギミックが成り立たなくなる事態が多発した。

第7世代

御三家初のフェアリータイプ持ちであるアシレーヌ、映画で出てきた新しい幻のポケモンであるマギアナなど、この世代で追加された数は比較的多め。

特に対戦ではカプ神が大暴れしており、それぞれ強力なフィールドを展開して潰しにかかってくる
それぞれ、130族で高威力のでんき技を撃てる他補助技も豊富なカプ・コケコ、先制技を無効化しながら圧倒的な火力で有無を言わさず吹き飛ばすカプ・テテフ、耐久が高い上に状態異常無効かつ定数ダメージ持ちで技を受けながら潰すという独自の立ち位置を築くカプ・レヒレ、全くさタイプ中物理最高火力を叩き出すカプ・ブルルという強力なラインナップで、レーティングでは間違いなく対策必須ポケモンに数えられる。
4匹とも相手のHPを現在値の半分にする新技しぜんのいかりを覚えられ、Zワザ化することで現在値の1/4にすることもできる。
ただしカプ・ブルルのみやや使用率が低い。くさタイプでもあるせいで弱点が多く、またくさ技も半減が多く通りにくい。せめてまともなフェアリー技でもあれば……

更にゴースト複合のミミッキュも強力な特性「ばけのかわ」を駆使して暴れ回っている。カプ神と並び対策必須のポケモンに名を連ねる。
リージョンフォームで新たに加わったこおり複合のアローラキュウコンは、隠れ特性ゆきふらしと新技オーロラベールを駆使して立ち回る。ただ強さの大半はこおりタイプ由来で、フェアリーとしてはドラゴン無効、かくとう等倍などタイプ耐性の面が強い。

幻のポケモンマギアナは、はがね複合で耐性が多く、更に場のポケモンが倒れる度にとくこうが上がるという特性ソウルハートと、使用後とくこうが2段階下がるが威力130を誇るフェアリー特殊技フルールカノンという固有かつ強力な要素を持つ。ただし「フルールカノン」以外の技威力に乏しく、フェアリー技もその下が「マジカルシャイン」になってしまう。

ただ、前作で暴れ過ぎたのか「フェアリースキン」の補正倍率が1.2倍に落ちてしまった。これによりサーナイトとチルタリスはやや弱体化。おまけにサーナイトは同タイプの強力なライバルの登場でかなり厳しい立場に立たされた。メガシンカで差別化できるので不遇ではないが。
また、フェアリータイプ限定の話ではないが、エルフーンやクレッフィが幅を利かせた要因となった「いたずらごころ」に「変化技のうち相手にぶつけるタイプの技は、あくタイプに対してのみ必ず失敗する」というデメリットが追加され、かなり手痛い弱体化となった。こうして、エルフーンもクレッフィも、今までほど無闇に変化技をバラ撒くことはできなくなった。
一応あくタイプに対してはタイプ一致のフェアリー技で弱点を突くことはできるが、2匹ともそこまで火力特化しているポケモンではなく押し切られる場合もあり、安定はしない。

他のタイプとの相性

フェアリータイプの技を相手に与えた場合

  • かくとう・ドラゴン・あくタイプのポケモンには、効果が抜群になる。
  • ほのお・どく・はがねタイプのポケモンには、効果が今一つになる。

他のタイプの技をフェアリータイプに与えた場合
  • どく・はがねタイプの技は、効果が抜群になる。
  • かくとう・むし・あくタイプの技は、効果が今一つになる。
  • ドラゴンタイプの技は、効果が無しになる。

フェアリータイプのポケモン一覧

新たにフェアリータイプが付加された第5世代以前のポケモン
進化系統毎の並びなので全国図鑑の番号は昇順とは限らない。

No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化) 付加形態
173ピィ035ピッピ036ピクシータイプ1
174ププリン039プリン041プクリン タイプ2
439マネネ 122バリヤード - - タイプ2
175トゲピー 176トゲチック 468トゲキッス タイプ1
298ルリリ 183マリル 184マリルリ タイプ2
209ブルー210グランブル- - タイプ1
280ラルトス 281キルリア 282サーナイト タイプ2
303クチート - - - - タイプ2
546モンメン 547エルフーン - - タイプ2

付加形態「タイプ1」のポケモンはタイプ1のノーマルタイプから変更されたもの、
「タイプ2」のポケモンはタイプ2に追加されたものを指す。

第6世代(XY)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
669フラベベ 670フラエッテ 671フラージェス
682シュシュプ 683フレフワン - -
684ペロッパフ 685ペロリーム - -
700ニンフィア - -
702デデンネ - - - -
703メレシー - - - -
707クレッフィ - - - -
716ゼルネアス - - - -
719ディアンシー - - - -

第7世代(SM)
No.名前(たね) No.名前(1進化) No.名前(2進化)
038アローラキュウコン- -
730アシレーヌ
742アブリー 743アブリボン - -
755ネマシュ 756マシェード - -
764キュワワー - - - -
778ミミッキュ - - - -
785カプ・コケコ - - - -
786カプ・テテフ - - - -
787カプ・ブルル - - - -
788カプ・レヒレ - - - -
801マギアナ - - -

メガシンカポケモン


特殊な条件で追加・変化


フェアリータイプポケモンの主な使い手

マーシュ / ジムリーダー(カロス)
マツリカ / キャプテン(ポケモン)

マーシュ様
マツリカちゃん



その他のタイプ


関連タグ

ポケモン一覧 ポケモン技絵
RGBP GSC RSE DPt ポケモンBW ポケモンXY ポケモンSM
ドラゴンスレイヤー
妖精   

ふりそで(トレーナー)
メルヘンしょうじょ

pixivに投稿された作品 pixivで「フェアリータイプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 675300

コメント