ピクシブ百科事典

デデンネ

ででんね

デデンネとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンである。
目次[非表示]

基礎データ

ばんごうNo.702
ぶんるいアンテナポケモン
タイプでんき / フェアリー
たかさ0.2m
おもさ2.2kg
とくせいほおぶくろ / ものひろい / プラス(隠れ特性)


他言語版の名称

英語Dedenne
イタリア語Dedenne
スペイン語Dedenne
フランス語Dedenne
ドイツ語Dedenne


概要

ポケットモンスターXY』で初登場した、毎作おなじみ電気ネズミ「電気袋組」の一種。
その中では身長20cmと最も小さい、オレンジ色のハムスターのような姿のポケモン。

顔と胴体の幅がほぼ等しいので、かなりずんぐりむっくりしており、かつての丸かったピカチュウと同時にライチュウも彷彿とさせる。
ポケモンを知らない人に対し、デデンネとライチュウを並べて「デデンネが強くなったらライチュウになります」と言えば騙せそうなほど似ている容姿である。

耳は黒とクリームの楕円型で、黒い尻尾は細長く、背中には縦線の模様が入っている。赤い頬の電気袋からは、同類の中で唯一ネズミらしいヒゲが生えている。


アンテナポケモン」の分類通り、そのヒゲは固有の電波を送受信できるアンテナとなっている。それで仲間とコミュニケーションを取る他、遠くの仲間とも連絡を取り合う事が出来、エサや電気のありかといった情報を皆でシェアしている模様。

曰く上のヒゲがセンサー、下のヒゲが電気を放つ器官であるようだ。
尻尾と耳の形も角度によっては黒電話を彷彿とさせるが、今の子供どころか初代直撃世代ですら知らない子が多そうなのが残念である。

ピカチュウら他のでんきタイプと同様、きのみの他電気も主食としており、発電所や民家に忍びこみ、コンセントに尻尾を突っ込んで電気を吸い取り盗んでしまう。
その為、電気代がおかしいと疑われる対象になっている様子。

これは電気を生みだす力が弱く、自身だけでは満足に賄えないからであり、他の電気ポケモンからも吸い取るという、色々とバチュルに似た生態を持っている。
その為、エネルギー節約の為に眠っていることも多いらしく、アニメ版では眠りネズミという別名があると語られている。

この事から、正確なモデルは「眠りネズミ」「森の妖精」の異名を持つヤマネと思われ、タイプもポケモン史上初のでんき・フェアリーの複合となっている。
また、イタリアでペットとして飼われているげっ歯類・デグーにも、尻尾の形や体系が瓜二つである。

名前の由来は「antenne(フランス語でアンテナのこと、ただし発音はアンテーヌ)」+「電気」+「ヤマネ」だと考えられている。

2021年に行なわれたpokemonday投票企画「キミにきめた」では、連覇王者だったこのポケモンに4倍近くもの投票差をつけて、新王者の座に着いた。

KINGデデンネ




アニメのデデンネ

XY第1話でモブポケモンとして初登場し、その後第3話にて野生の個体が登場。声は佐藤恵が担当。

3話

その可愛らしい容姿を気に入ったユリーカシトロンに頼んでキープしてもらおうとしたが、デデンネが取ろうとした木の実をヤヤコマ(後にサトシが捕まえることになる個体)に取られ、泣いて立ち去ってしまったためキープできなかった。

4話

サトシ達が気になったのか追いかけてきたようで道中再会し、再びキープしようとするユリーカ達と総出で追いかけっこを展開し彼女達を翻弄する。ピカチュウに捕まりそうになるが、穴の中を進むうちに見知らぬ場所に迷い出てしまい、サトシ達とはぐれてしまう。

ロケット団の襲撃を退け、改めてユリーカのキープポケモンとなった。アニポケXYの番宣ポスターでも彼女の頭に鎮座している。
使った技は「たいあたり」「ほっぺすりすり」「でんきショック」。

15話

野宿中の際、試しにシトロンのハリマロンとバトルをしたが、ハリマロンがマカロンの食べ過ぎで本気を出せず彼がこけた所にでんきショックをかましてまさかの勝利を果たした。

16話

ちょっとした手違いでポケモンセンターにてリムという少女がデデンネをピチューと間違えて連れて行ってしまいしばらくリムと行動を共にした。リムと行動している間も落ち着きがなく、彼女にドーナツを買ってもらうわ勝手にUFOキャッチャーの中に入るわこれまた勝手にぶどう畑に入ってスピアーさんの群れに襲われるわでさんざんリムを振り回したがリムからは気に入られており一度自分のポケモンにならないかと誘われたりもした。

ユリーカの元に行ってしまったピチューが終始不安そうだったのに対してデデンネはユリーカと離れてそこまで深刻そうにはしていなかったりする。また話の最後には途中でドーナツを食べてしまったためにおなか一杯でエサを食べなかった。

以降

デデンネとヌメラちゃん!
ポケモンまとめ


このようにたびたびトラブルを招いたり、肝心な時はユリーカのポシェットで眠っていたりすることが多かったが、ヌメラが仲間入りしてからは、臆病なヌメラを守るためにたった1匹でロケット団に立ち向かうなど、非常に勇敢な面も見せるようになり、ロケット団襲撃によって仲間とはぐれたりしたときは、「アンテナから電波を送受信できる」ことを生かして離れたピカチュウと連絡を取り合ったり、ユリーカの指示を聞いてバトルも行ったりする。
そういうこともあって眠ることも多いものの少しずつではあるがしっかりしており、食いしん坊のハリマロンが起こす騒動に呆れたこともある。

ゲーム上における特徴

スマブラ3DS/WiiUではアイテムのモンスターボールから登場。
ほうでん」した電撃は斜め4方向に向かって放出され、ステージにある障害物も貫通する。

素早さが高く、特攻もエモンガよりわずかに上回る電気ネズミ系統にしてはそれなりに高い数値を持っている。反面攻撃は低く、電気タイプらしく耐久値も低め。
特に素早さは101と100族を抜かせる絶妙な素早さで多くのドラゴンタイプに先手を取る事が出来る。

しかし、特殊のほうが高いくせに、ムーンフォースはおろかフェアリータイプの主力技マジカルシャインもわざマシンで覚えられないなどからっきしという致命的な弱点があり、フェアリータイプとして戦うには唯一の物理技じゃれつくしかない。
そのためせっかくの多くのドラゴンを抜かせる素早さと技を無効化できる耐性を活かせないどころか、電気複合が裏目に出て、サブのじしんでこちらが落とされるのが関の山である。

めざめるパワー氷という手もあるが、デデンネの特攻程度では落としきれないことが多く、頼みの「こおりのジュエル」も未解禁(そもそも補正値が弱体化している)と八方塞がりなのが現状である。
さらに素早いとはいってもドラゴン最メジャーであるガブリアスにはギリギリ素早さで負けてしまっているため、何もできずにじしんで落とされることもしばしば。ふうせんを持たせてもどくづきで落ちる。
・・・・・・はっきり言って、ガブリアスにギリギリ先制とれるエモンガの方がドラゴン狩りに適している気がする。フェアリーなのに。

そういった特徴から無理に攻撃に回るのではなく、強化されたあまえるなどの補助技を先手で撃ち逃げしていく味方のサポートで使用した方が適していると思われる。
物拾い要因として割り切れば、複合タイプであることの強みが生き、またレベル100まで育てるため微妙な素早さも気にならない。何より、四天王の2人を対処できることもあって、非常に頼もしい存在と言える。

ORASでは、特性ほおぶくろと相性のいいリサイクル、苦手な地面技を回避できるでんじふゆう、耐久型やタスキ持ちに強いいかりのまえばなどを新たに習得。
ダブルバトルのサポート役として、にわかに注目を集め出している。

剣盾では追加コンテンツ『鎧の孤島』で登場。ようやくマジカルシャインを取得できるようになり苦節7年、威力不足が解消される事となった。
だがその一方で、特性ほおぶくろと相性のいいリサイクルに加えどくどくが没収の憂き目に。これによりほおぶくろによる耐久運用は実質崩壊してしまった。幸いなかまづくりは残されており、ダブルバトルで隠れ特性のプラスをなかまづくりして味方の特攻を上昇させるコンボも健在。

関連イラスト

デデンネ
デデンネ


あっちょんぶりけ
リアルデデンネ



ライチュウとのコンビ

ライチュウとデデンネ
もちもち



関連項目

ポケットモンスター ポケモンXY ポケモン一覧
でんきタイプ フェアリータイプ
シトロン(アニポケ) ユリーカ
カプ・コケコ…同タイプの後輩

電気袋組
ピチューピカチュウライチュウ(アローラライチュウ)
プラスルマイナン
パチリス
エモンガ
デデンネ
トゲデマル
モルペコ

関連記事

親記事

電気袋組 でんきぶくろぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デデンネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9384773

コメント