ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゲッコウガ

げっこうが

ゲッコウガ(Greninja)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0658
セントラルカロス図鑑No.009
ブルーベリー図鑑No.217
ローマ字表記Gekkouga
ぶんるいしのびポケモン
タイプみず / あく
たかさ1.5m
おもさ40.0kg
せいべつ87.5%♂・12.5%♀
特性げきりゅう:自身のHPが1/3以下になった時、みずタイプの技の威力が1.5倍になる
隠れ特性(第7世代から)へんげんじざい:場に出る度最初の1回だけ(第9世代より)、技を繰り出す直前に自分のタイプがその技と同じタイプに変化する。
特性(特殊個体きずなへんげ:相手を倒すとフォルムチェンジする

他言語版の名称

英語Greninja
スペイン語
イタリア語
ポーランド語
ドイツ語Quajutsu
フランス語Amphinobi
韓国語개굴닌자
中国(簡体字)甲贺忍蛙
中国語(繁体字)甲賀忍蛙
ロシア語Грениндзя
ヒンズー語ग्रेनिंजा
タイ語เก็คโคกะ
ギリシャ語Γκρενίντζα

進化

水もしたたるいいゲコ族

ケロマツゲコガシラ(Lv.16)→ ゲッコウガ(Lv.36)


概要

第6世代『ポケットモンスターX・Y』に初登場したポケモン・ケロマツの最終進化形。


青ベースのスタイリッシュな忍者のような外見になり、マフラーのように首回りへ巻き付けた長いピンクのが印象的。前作水御三家のダイケンキをモチーフにしたのに続き、今回は忍者の要素を引き続き意識している。

体色も全身が引き締まった紺色となり、その影響で分かりづらいが鼻の穴もある。肘及び膝部分の白くて丸い部分は、進化前のケロマツとゲコガシラが泡があった時の名残だと思われる。


モチーフは指の間の水かきが目立つ細身のボディから、滑空する事で有名なトビガエルだと言われている。忍者にも「飛び加藤」と呼ばれた加藤段蔵が存在しており、狙っているのかもしれない。


名前はカエルの鳴き声の「ゲコ」と、もっとも有名な忍術の流派の1つ「甲賀流」から(中国語名などだとそのまんま)。また「月光」がかかっているとの説もある。


センシティブな作品

最大の特徴は、身体の各部からを金属並みに硬化させる性質を持った特殊な粘液を分泌できる事。

戦闘の際は太腿の十字模様に手を当て、水で出来た手裏剣忍者刀を生成して変幻自在の戦を繰り広げ、その切れ味は本物の鋼鉄すら容易く切断するほど(手裏剣以外は他媒体で披露する傾向にある)。


舌のマフラーは、空気の流れを感じ取って見えない敵の様子を探るセンサーとしての役割があり、有事の際には解いて、自在に動かせるワイヤーや武器代わりとしても用いる。


ポカ〜ン

このように非常に精悍な容姿と戦いを見せるポケモンだが、基本的に無駄な争いは好まない平和的な気質でもあり、ゲーム上でも非戦闘時ではケロマツ・ゲコガシラから引き続き糸目の呑気な表情がデフォルト。手足の白い部分を触られると嫌がり、舌マフラーを触られると顔が(><)になって喜ぶ姿が見られる。


第六世代においては破格の優遇を受けているポケモンであり、アニメでは唯一無二の強化形態を手に入れ大活躍し、スマブラにも参戦するなど、今では同世代の代表格としての地位を不動とした人気ポケモン。


そのこともあってか、2016年6月7日に結果発表された「ポケモン総選挙720」では、伝説ポケモンピカチュウなどを差し置いて1位を獲得した。

ここまでならアニメ+スマブラ効果とも呼べそうであるがそこから4年後の2020年に行われたTwitterのみの投票企画「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」でも、名だたるポケモンを押しのけ、

2位のルカリオに3万8300票もの差をつけての堂々1位

登場から6年以上経っても衰えない人気には驚くばかりである(翌年2021年の投票企画「#キミにきめた」では16位だが、一般的な人気投票とは趣旨が異なるのでノーカンでもいいと思われる)


スマブラ参戦!!

色違いは全体的に黒くなり、よりあからさまにニンジャらしいカラーリングとなる。

黒装束にスカーフのような真紅の舌から、元ネタは横山光輝原作の東映特撮ドラマ『仮面の忍者赤影』の主人公である飛騨忍者赤影だと思われる。


ゲーム上の特徴



  • ORASでは期間限定・映画上映記念で「ゲッコウガ(スマブラ)」「ゲッコウガ(そうせんきょ)」が配布されていた。



  • 第8世代ではここまで人気が出たにもかかわらずまさかの未登場。一方で本編ではないがポケモンユナイトへの参戦を果たした(詳細は後述)。

ゲッコウガ


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
72956710371122530

ステータス

わずかに特殊に寄った両刀の高速アタッカー。もちろんこの手のお約束で防御面は脆い。水御三家でこのような素早さに特化した能力の持ち主は初めてとなる。

タイプはこれまた水御三家初の「みず・あく」複合。この複合自体はメガシンカポケモンがいるが、このポケモンたちとはまた違った動きを見せるため特に差別化を意識する必要はない。


特筆すべきはやはり高い素早さだろう。122という値は登場当時は全御三家中最速であり、現在でも(強化形態であるメガジュカインサトシゲッコウガを除けば)水御三家最速、全体でもマスカーニャに次ぐ俊足。


隠れ特性

もうひとつゲッコウガを語るうえで欠かせないのが隠れ特性の「へんげんじざい」。

これは自分のタイプを繰り出した技と同じものにするという非常にトリッキーな特性であり、事実上自分の技をすべてタイプ一致(威力1.5倍の補正がかかる)で繰り出せる。これによりスペック上はやや不足気味の火力を補うことができる。

ただし自分のタイプ相性まで変化するため、使いどころ次第では自分の首を絞める結果になりかねない。忍者のごとく敵の裏をかくクレバーな運用が求められる。


レパートリーは多く、「へんげんじざい」を採用する場合はタイプ一致にこだわる必要もない。

忍者モチーフの技がなかなか多く、先制技かつ連続攻撃技である専用技「みずしゅりけん」をはじめとして、「じんつうりき」「かげうち」「つじぎり」「えんまく」「みがわり」「まきびし」「かげぶんしん」といった忍術らしい技を数多く覚える。


その他も「なみのり」「たきのぼり」「ハイドロポンプ」「あくのはどう」「れいとうビーム」といった王道のものから、「くさむすび」「いわなだれ」「アクロバット」などと豊富な攻撃技を持ち、「ちょうはつ」「とんぼがえり」「くろいきり」などの搦め手も習得できる。


先制技の「みずしゅりけん」があれば、最速にされる事が少ないファイアローを返り討ちにできてしまう。

また、ゲッコウガと同速のポケモンが存在しないため素早さを気にせず「めざめるパワー」を粘る事が出来るのも大きな利点だった。


第6世代

物理技の方は主力技だった「つじぎり」「たきのぼり」「アクロバット」などがやや火力不足気味であったため、特殊一本で採用される事の方が多い......というのは『XY』までの話。

ORAS』で「ダストシュート」「けたぐり」といった有用な物理技を教え技で習得。フェアリータイプメガガルーラさえも倒せるようになり、物理型・両刀型ゲッコウガが増えてますます読み辛くなっている。

持ち前の器用さと高い素早さも相まって、対策の難しいポケモンとなっている。


第7世代

「げきりゅう」と「Zワザ」を組み合わせた瞬間火力に特化した型も出現。火力だけで言えば「げきりゅう」が発動した「ハイドロカノンZ」の技威力はなんと450にまで到達する。

タイプを変えつつ弱点を突く「へんげんじざい」型と火力の一点特化を狙う「げきりゅう」「きずなへんげ」型のいずれも優秀で、甲乙つけがたい状態になっている(一応数自体はへんげんじざい型が多いが)。

また、あくタイプながらも使用率は特に高く、御三家の中では一位。その順位は、ミミッキュランドロスに次いで3位と水御三家最強の座をほしいままにしている。


第8世代

まさかのリストラ。出られたら出られたでエースバーン相手に有利だったのだが......。


第9世代

待望の復活USUM以来、久々にオシャボ厳選ができるというのも見逃せない点でありファンは嬉々としてオシャボ選びに勤しんだ。

ちなみに、“ゲッコウ(月光)”とつく名前から、現状ではムーンボールに収めたいという人が多いようだ。


新技としては

  • 物理型でメインウェポン候補となる「アクアブレイク」
  • 「ねっとう」の代替となる「ひやみず」(蛇足だが、「みずでっぽう」の習得もこの世代からである)
  • サブウェポンに「くさわけ」「マッドショット」「かわらわり」「ローキック」
  • 変化技なら「つるぎのまい」「カウンター」「すりかえ

などを習得。

カウンター・すりかえはタマゴわざのため、ものまねハーブで遺伝させよう。

前者は低耐久を補う「きあいのタスキ」と相性の良い技の1つである。後者はやはり相性の良い火力アイテムである「こだわりメガネ」をサポートに昇華させる技となっている。

DLCではさらに「ヘドロウェーブ」、先制技潰しの「はやてがえし」、天候次第ではほのおタイプに可変できる「ウェザーボール」を手に入れた。


前作でエースバーンが大暴れしたこともあって、今作からは「へんげんじざい」に「場に出るごとに1回まで」という制限が設けられた。


この世代ではマスカーニャドラパルトハバタクカミテツノツツミレジエレキヒスイマルマインレイスポスと、自身を上回る俊足がわんさと存在しているため、取り敢えず最速に仕上げて「いのちのたま」や「きあいのタスキ」を持たせるのでは腐りがち。「こだわりスカーフ」で素早さを増強するか、いっそそれらを捨ててひかえめ準速に育てるという手もある。

そんな中でもタイプ相性上本来苦手なはずなれんげきウーラオスなどのかくとうアタッカーへの安定択として「カウンター」を持っていることは強みの1つ。他にもどくびしがんせきふうじといった搦手を使えると言う強みも相変わらず。


なお、ネモの自宅にはゲッコウガを描いたと思われる『しのび しのぶ』という絵画が飾られている。ネモの家にはストーリー開始直後に赴けることもあり、早い段階からこれがゲッコウガ参戦の伏線になっているのではないかという推測の声は存在していた。


本作はゲッコウガが連れ歩きできる初めてのシリーズ作品だが、そのモーションは糸目で棒立ちというのほほんとしたもの。さらに今作ではステータス画面でもこの糸目の棒立ち姿を見せてくれる(それまでは戦闘中同様の待機モーションだった)。

更にピクニック時でもこの表情。糸目で寝転がる様は誰が呼んだか休日のサラリーマン


今作の草御三家マスカーニャが「へんげんじざい」持ちであること、並びにエースバーンが先に参戦していたことで、「へんげんじざい」系の特性を持つ御三家が初めて一堂に会することとなった。

またこのゲッコウガの参戦により、アニポケXY編でのサトシの手持ちを『SV』で再現できるようになった(ピカチュウ・ゲッコウガ・ファイアローヌメルゴンルチャブルオンバーン)。


シリーズ4で解禁されて早々に環境に進出したが、「へんげんじざい」の弱体化は大きく、それまでの世代ほどの活躍はない。

前評判通り、スピードを削ったひかえめ準速型も目立ち、スピードを削った分パワーを追求した「げきりゅう」みずテラスタル型も多い(というより、シーズン8開始から1週間過ぎ程度では約4分の3がみずテラスタル型である)。テラスタルは他に、かくとう対策のゴースト、フェアリー対策のどくが目ぼしいところ。


持ち物は高速勢に対する出落ち防止のための「きあいのタスキ」や「こだわりスカーフ」がメイン。

シーズン8終盤にはハバタクカミパオジアンディンルーに強い「きあいのタスキ」ASやんちゃ「へんげんじざい」で「かげうち」「ローキック」「くさむすび」搭載型が上位陣で使われるようになった。やんちゃ型自体はORAS環境に一定数存在していたが、ここまで使用率上位にしっかり刺さる環境となったのは久しぶりである。

なんやかんやで「上位陣に強い」という要素は持ち合わせており、比較的第6世代時と似たような評価に落ち着いている(環境やゲッコウガ自身の性能は大きく変化してしまっているが)。


ところが使用率はというと、シーズン8に27位を記録したきり、シーズン9は48位、シーズン10は67位と、シリーズ4に限っても第7世代までを知るものからすれば誰も低迷と認める実績に甘んじている。

やはりテラスタルの影響でゲッコウガの戦場だった相性の弱みを消し、純粋な種族値・パワー勝負でゴリ押してくるポケモンや先述の上から高火力で殴ってくるポケモンや純粋に相性不利なポケモンが台頭しているのが大きい。


使用トレーナー

ゲーム版

※1:最初にケロマツを選んで最終進化させた場合

※2:ライバルの場合は主人公がフォッコを選んだ場合

※3:ポケモンマスターズでのネオチャンピオン時のバディ

※4:色違い

※5:主人公がハリマロンを選んだ場合

※6:主人公がクワッスを選んだ場合(DLC番外編クリア後)


アニメ版


漫画版


コラボ

ポケモン feat. 初音ミク Project VOLTAGE 18 Types/Songs

  • ポケモンと初音ミクコラボ内企画『ポケミク応援イラスト「海と」』において、KAITOの相棒として抜擢された。【参考】【KAITO(みず)

番外作品

ポケモンGO

ポケモンGO コミュニティ・デイ8月はケロマツ

  • カロス組の登場に伴い実装。他のカロス御三家の最終進化系同様、野生での出現は現時点ではなく、入手するにはケロマツから進化させなければならない。

  • 他の水御三家同様、出現率はやや低め(天候が雨の時には多少上がるが)であり、タマゴからの孵化も候補の多い5kmタマゴからとなるため、飴集めや個体厳選の難易度は高めである。ただし、2021年7月上旬に行われたイベントで種ポケモンであるケロマツが★1のレイドおよびリサーチの報酬となったため、厳選難易度は一時的に緩和された。


  • 当初は覚える技があまりパッとしなかったことや、みず御三家は汎用性の高いラグラージの独壇場であったこともあり、やや厳しい立場に置かれていた(ラグラージと比べると耐久が低く、長時間の戦闘が苦手である点、出現率が雨天時を除いてあまり高くなく、相応に入手難易度が高いこともネックであった)。このため、どちらかといえばコレクション用のキャラと見做されていた。

  • しかし、2023年8月に開催されたケロマツのコミュニティ・デイで新規習得した通常技「みずしゅりけん」によって凄まじい速度でゲージ技を連発できるようになり、同時にエネルギー効率の良いタイプ一致のゲージ技「ハイドロカノン」を習得したため、使い勝手が大きく強化された(どれくらいかというと、「みずしゅりけん」3発で「ハイドロカノン」「つじぎり」1発分のゲージが貯まる。「つじぎり」に至っては発動後に「みずしゅりけん」を2発撃てばもう一度発動できるようになる)。耐久が低いという欠点は据え置きだが、短いスパンでゲージ技を連発して相手に圧を掛ける戦法が取れるようになり、PvPにおいてはラグラージとはまた違った運用が可能となった。「つじぎり」の試行回数を稼ぎやすくなり、バフの発動を狙いやすくなったのも強化点といえるか。

  • また、「みずしゅりけん」と「ハイドロカノン」を習得したことで、ジム・レイド戦においてもそれなりに活躍できるようになった。とはいえ、こちらはメガ進化ゲンシカイオーガの壁が厚く、そこまで推奨されているわけではない。

  • ちなみに、連れ歩き機能が存在する作品にゲッコウガが登場したのは本作が初なのだが、ゲッコウガを相棒にして連れ歩いてみると、ポケパルレで見せていた糸目のぬぼーっとした表情でペタペタと歩き出す。戦闘中の低く身構えたカッコいい姿勢とのギャップにやられた人も少なくないとかなんとか……。この仕様は上述のSVにも受け継がれている。

ポケモンマスターズ

  • セレナ(チャンピオン)&ゲッコウガ
    • 初代ネオチャンピオンの片割れであるセレナのバディで実装。
    • みずとあくを使い分けるデバフの覇者とも言うべきテクニカル。みずタイプ時のみずしゅりけんがパッシブスキルの効果によりランダム確定5段階デバフとなる。これがこのバディーズ最大の目玉。またあくタイプ時のぶんまわすは全体命中ダウンに30%怯みを撒くことが出来る。
    • さらに二回回数制限のあるシンクロわざはノーマルタイプの技でありながら、タイプ抵抗も下げつつ防御特防も2段階確定ダウン、更にBCカウントも減らし味方の全体素早さを三段階も上げる破格の性能。ポケマスのセレナは妨害の女神と化している。

  • カルム(チャンピオン)&ゲッコウガ(色違い)
    • 更に初代ネオチャンピオンのもう一人、カルムのバディとして色違いが実装された。

ポケモンユナイト

人気キャラなだけあって稼働開始時からプレイアブルキャラクターとして参戦しており、タイトル画面に登場するなど本作の顔役の一人となっている。

ロールアタッカー
攻撃範囲遠隔
攻撃タイプ攻撃
わざ1あわ→レベル7でみずしゅりけん/なみのり
わざ2みがわり→レベル5でかげぶんしん/えんまく
とくせいげきりゅう

  • 紙耐久・高火力・高機動・高継戦火力を特徴とし、LoLでいうところの典型的なアサシンである。攻撃モーションはやはり忍者をイメージしたアクションが多く、敵を撹乱して確実にキルを奪うという戦法を得意とする。オブジェクト性能もかなり高く、ロトム程度なら単騎で素早く削りきれる。

  • 主力となるのは連射性能が高くて隙が少ない通常攻撃であり、これによって高い継戦性とDPSを誇る。遠隔型タイプだが、敵との間合いによって通常攻撃が近接と遠隔に自動で切り替わるという性質を持ち、遠くから当てるとヒット時にわざの待ち時間を減らす効果、近くで当てると威力が増加するという変化がある。

  • わざ1のみずしゅりけんは移動しながら遠距離火力をばら撒け、強化状態になると自分の体力を回復できるようになる。もう一方のなみのりは使用時に敵に突進するムーブ技でリスクが高いが「HPが半分以下の敵に対して威力増加」「このわざで敵を倒しきると待ち時間がゼロになる」という効果を持ち、いかにもアサシンと言った性質である。

  • わざ2は補助技であり、自分の分身を作って敵の自動ターゲットを肩代わりさせた上で、分身も敵に攻撃するかげぶんしんが撹乱・生存・火力増強に使えて強力。もう一方のえんまくは使うと短距離を移動しつつ完全なステルス状態になり移動速度を上げて通常攻撃を強化する暗殺スタイル。ただし、見えなくなるだけで無敵ではないので広範囲な技には注意。

  • レーン選択は基本的に中央が推奨される。まず、ゲッコウガ自体がレベル差火力でゴリ押すタイプのポケモンなので敵レーンよりもレベルを上げることが定石である点。次に、ゲッコウガのパワースパイク(戦力が発揮されるレベル)が7と遅めであり、そこに至るまでのケロマツ・ゲコガシラ状態はゲッコウガとは対照的に非常に弱いためである。ゲッコウガがレーンに来ても大して活躍できないどころか相方負担を増大させてしまう。

  • 中央ファームでレベル5になればゲコガシラに進化してかげぶんしんを覚えることが出来、まだ相手もそれほど強力でない最初の蜂戦ガンクに間に合う。ガンクを終えたら速やかに二周目のファームを開始してゲッコウガになるべきである。


  • 使用率が高く、2021年7月-11月にかけてピック率の高い環境キャラではあるが、ピック画面で自分が下になったら即ゲコピック中央宣言などしないで上のメンバーが中央を選択しないか様子見しよう。

  • 最大の弱点は低耐久値である。非常にキル能力が高いキャラながら自身もキルされやすいという弱点があり、ファイアローあたりは天敵である。正面切って戦うよりかは先制攻撃や横からの一撃で耐久的有利を作るなどアサシンらしく振る舞いたい。

大乱闘スマッシュブラザーズ


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

〈レギュラーの手持ち〉

もう一度 ゼロから スタートだ!サトゲコ


〈ゲストなど〉


  • サンペイ・イッペイのゲッコウガ
    • サンペイのゲコガシラがゲッコウガに進化して再登場し、これがアニメ本編の初登場となる。彼の里には昔、忍同士の対立から救った英雄であるゲッコウガが祭られており、兄のイッペイとサンペイはそれに肖りケロマツから育て始めたらしい。


映画『名探偵ピカチュウ

街の住民のパートナーとしてモブのゲッコウガが何体か登場するほか、ミュウツーを捕獲して薬品「R」の製造および研究を行っていたPCN研究所において、戦闘力を強化された個体が合計3匹登場する。


当初は隔離されて厳重に監視されていたが、ティム・グッドマンたちが施設の調査に訪れたことから、このことを脅威と感じたある人物が施錠を解除し、施設を探索していたルーシーに物陰から忍び寄り、舌で絡めとって天井から吊るし上げるという暴挙に及ぶ。さらに、彼女と合流しようとやってきたティムとピカチュウにも襲い掛かる。

素早い身のこなしで3人を追い詰めていくが、最後はピカチュウが機転を利かせてルーシーのコダックのサイコパワーを暴走させた際にその巻き添えとなり、3匹纏めて遥か彼方へ吹っ飛ばされていった。


また、終盤では施設を調査していたハリー・グッドマンの車に攻撃を仕掛けて橋の下に突き落とし、彼を亡き者にしようとしたことが明らかとなっている(当初、ハワードがホログラムでティムにこの時の様子を見せた際にはその様子が映されておらず、ミュウツーがハリーを襲ったかのようにミスリードされていたのだが、後にピカチュウが記憶を取り戻したことで真相が明らかとなった)。

ゲッコウガ

他の媒体ではヒーロー然とした描かれ方をされる傾向にあるゲッコウガだが、本作では暗い施設で音もなく忍び寄り主人公たちを執拗に追い掛け回したり、秘密を探ろうとした人物を抹殺しようとしたりと、完全な悪役として描写されている(特に、暗がりからルーシーに忍び寄るシーンは割と冗談抜きで怖かったという意見が多い)。


なお、あくタイプのポケモンであるにもかかわらず、エスパータイプの攻撃が普通に通ったことに違和感を感じた視聴者もいたようだが、隠れ特性持ちの個体だったと仮定すれば一応辻褄は合う(主人公一行を追跡していた時は「みずしゅりけん」を使用しており、「へんげんじざい」の効果により一時的にみず単タイプになっていてエスパー技が通るようになっていた…というわけである)。

もっとも、製作側が本当にそこまで意図していたかどうかは不明だが。


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • ワイのけろけろ
    • 性別:♂️
    • 性格:しんちょう・個性:ぬけめがない
    • プラターヌ博士が送ったカロス御三家の一匹で、ミアレシティを出た時にワイが仲間に加えて名付けた。
    • ケロムースは消火・クッション・ダミー人形・ラクライ(後のエックスのエレク)に服を奪われたワイの上裸を隠す為のブラジャー代わり・小石に包んで道導にしたりと重宝されている。
    • 特に指示を与えずとも自己判断で行動に出ることが多く、上記のケロムースの活用も殆どは独断によるものである。ただし余計なことをしているケースは今のところなく、気の利いた優れた状況判断力がうかがえる。
    • いつも寝ぼけたような顔をしているが、ジャンプ力に優れ、分身や身代わりなど忍者のような戦法が得意。相当な実力者であるフレア団の彼女達に気取られず一定の距離を保ちながら尾行したり、敵の気配に気付き対処法を取るなど、高い隠密能力の持ち主。
    • デコボコさんどうでコレアから攻撃された際にゲコガシラに、クセロシキの攻撃を察知した際ゲッコウガに進化。エックスの指示に従いながらクセロシキのカラマネロと交戦した。長い舌は自分の耳を塞いで"さいみんじゅつ"を防いだり、相手を投げ飛ばしたりと役立っている。
    • フレア団との最終決戦ではトロバをサポートし、フラエッテと共にバラのキリキザンを倒した。
    • 12章本編中では活用されなかったものの、どうやら普通のゲッコウガと違う特性になっているらしい。
〈ワイの手持ち〉
ヤコちゃん (ヤヤコマヒノヤコマ♀️)
さいさい  (サイホーン♂️)
けろけろ  (ケロマツゲコガシラ→ゲッコウガ♂️)
ぶいぶい  (イーブイニンフィア♀️)
そるそる  (アブソル↔️メガアブソル♂️)
ぜるぜる  (ゼルネアス)


余談

英名「Gre"ninja"」が示す通りの忍びポケモンで、ネーミングはカエルの鳴き声「ゲコ」+甲賀忍者の「コウガ」からと思われる。他にも夜行性であることから「月光」や、トカゲモドキを指す「ゲッコー」説もある。

やはり公式でも「甲賀」を意識はしていたようで、2022年2月22日(忍者の日)に甲賀市のポケふたにゲコガシラ共々採用されており(こちらでのみずしゅりけんは十字ではなく、六芒星型となっている)、着ぐるみも製作されている(参考)。


上述の通りにバリバリの忍者系ポケモンであるが、意外なことに原作シリーズでもしばしば見られる忍者系トレーナーから使われたためしがない。いずれも他のタイプを先行しているか、ゲッコウガが登場する以前の世代をベースにしている為である。

その為かアニメ版の方では、忍者トレーナーの手持ちとして出てくる事がしばしば。


なお、水の刀やクナイを用いるモーションはゲーム内に無いが、それがあるスマブラでは「みずこだち」なる名称が付いている他、アニメでは「いあいぎり」等みず以外の技で使用されていた。


ゲッコウガは商標登録の関係でXY発売前から名前だけは判明していたが、もちろん容姿などの情報はなかった。

そこで一部ファンの間では”ゲッコウガ=月光蛾”と推測されて、むしタイプの新たなポケモンであると勘違いされていた時もあった。

もちろんJanne Da Arcの月光花や∀ガンダム月光蝶も全く関係ない。


また現実世界においてカエルの天敵はヘビだが、実はイッシュ御三家タイプ相性的にも天敵の蛇ポケモンが既にいる。

対面したら素早さの関係上ゲッコウガの方が先手は取れるが、睨まれたら一気に不利になるので逃げるべし。

なお、あくタイプ故にに弱い。カエルなのに。


関連イラスト

ゲッコウガゲッコウガYEEEEE!!

ポケカイラコンポケモンカードイラストコンテスト

ゲッコウガ【PTCGIC2022】水の忍 ゲッコウガ!


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンXY

ポケモン一覧 パートナーポケモン(ポケモン御三家)

みずタイプ あくタイプ ケロマツ ゲコガシラ

サトシゲッコウガ 最強のゲッコウガ

ゲッコウガ(ファイター)


0657.ゲコガシラ0658.ゲッコウガ→0659.ホルビー


カロス御三家最終形態


水御三家・最終形態


同複合タイプのポケモン


関連ポケモン等





コンビタグ

関連記事

親記事

ゲコガシラ げこがしら

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27773738

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました