ピクシブ百科事典

ゲッコウガ

げっこうが

ゲッコウガとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.658
ぶんるいしのびポケモン
タイプみず / あく
たかさ1.5m
おもさ40.0kg
とくせいげきりゅう / へんげんじざい(隠れ特性) / きずなへんげ(特殊個体)


他言語版の名称

英語 Greninja
イタリア語Greninja
スペイン語Greninja
フランス語Amphinobi
ドイツ語 Quajutsu
韓国語  개굴닌자
中国語 甲賀忍蛙


進化

カロス水


ケロマツゲコガシラ(Lv.16)→ゲッコウガ(Lv.36)

概要

ポケットモンスター X・Y』(第6世代)に初登場したポケモン・ケロマツの最終進化形。

ゲッコウガ


青ベースのスタイリッシュな忍者のような外見になり、マフラーのように首回りへ巻き付けた長いピンクの舌が印象的。

英名「Gre"ninja"」が示す通りの忍びポケモンで、ネーミングはカエルの鳴き声「ゲコ」+甲賀忍者の「コウガ」からと思われる(月光+甲賀とも)。
前作の水御三家をモチーフにしたのに続き今回は忍者と、和の要素を引き続き意識している。

最大の特徴は、身体の各部からを金属並みに硬化させる性質を持った特殊な粘液を分泌できる事。戦闘の際は太腿の十字模様に手を当て、水で出来た手裏剣忍者刀を生成して変幻自在の戦を繰り広げる。

専用技「みずしゅりけん」(先制攻撃+連続攻撃)をはじめとして、「じんつうりき」、「かげうち」、「つじぎり」、「えんまく」、「みがわり」、「まきびし」、「かげぶんしん」といった忍術らしい技を数多く覚える、まさにカエルのニンジャである。

ケロマツ・ゲコガシラから引き続きポケパルレでは線目になり、手足の白い部分を触られると嫌がる。舌マフラーを触られると顔が(><)になって喜ぶ姿が見られる。

第6世代(2013年~2016年)においては破格の扱いを受けているポケモンであり、2016年6月7日に結果発表された「ポケモン総選挙720」では、伝説ポケモンピカチュウなどを押しのけ、1位をとった。

スマブラ参戦!!


色違いは全体的に黒くなり、よりあからさまにニンジャらしいカラーリングとなる。
黒装束にスカーフのような真紅の舌から、元ネタは横山光輝原作の東映特撮ドラマ『仮面の忍者赤影』の主人公である飛騨忍者赤影だと思われる。

ゲーム上の特徴

水御三家初の素早さに特化した能力の持ち主。この手のお約束で防御面は脆い。
タイプは水御三家初のみず・あく複合。この複合自体はメガシンカポケモンがいるが、このポケモンたちとはまた違った動きを見せるため特に差別化を意識する必要はない。

技のレパートリーは多く、後述の隠れ特性を採用する場合はタイプ一致にこだわる必要もない。
上述した技に加えて「なみのり」「ハイドロポンプ」「あくのはどう」「れいとうビーム」といった王道のものから、「くさむすび」「いわなだれ」「アクロバット」などと豊富な攻撃技を持ち、「ちょうはつ」「とんぼがえり」「くろいきり」などの搦め手も習得できる。

先制技の「みずしゅりけん」があれば、最速にされる事が少ないファイアローすら返り討ちにできてしまう。
また、ゲッコウガと同速のポケモンが存在しないため素早さを気にせず「めざめるパワー」を粘る事が出来るのも大きな利点。

ただし物理技の方は主力技が両方とも火力不足気味で特殊一本で採用される事の方が多い・・・というのはXYまでの話。
ORASから「ダストシュート」「けたぐり」といった有用な物理技を教え技で習得。フェアリータイプメガガルーラさえも倒せるようになり、物理・両刀型ゲッコウガが増えてますます読み辛くなっている。

隠れ特性は「へんげんじざい」。
自分のタイプを繰り出した技と同じものにするという非常にトリッキーな特性で、実質自分の技をすべてタイプ一致(威力1.5倍の補正がかかる)で繰り出すことができる
持ち前の器用さと高い素早さも相まって、対策の難しい要注意ポケモンとなっている。

第7世代では「げきりゅう」と「Zワザ」を組み合わせた瞬間火力に特化した型も出現。火力だけで言えば「げきりゅう」が発動した「ハイドロカノンZ」の技威力はなんと450にまで到達する。
タイプを変えつつ弱点を突く「へんげんじざい」型と火力の一点特化を狙う「げきりゅう」「きずなへんげ」型のいずれも優秀で、甲乙つけがたい状態になっている(一応数自体はへんげんじざい型が多いが)。
そういった背景もあって前作以上に対処が難しい。汚いなさすが忍者きたない

アニメのゲッコウガ

映画「破壊の繭とディアンシー」ではディアンシーを狙うニンジャ姿の盗賊・ライオットのパートナーとして登場している。
その後、少年忍者サンペイのゲコガシラがゲッコウガに進化して再登場を果たしたことで、ゲッコウガはアニメ本編に初登場した。

視聴者の間ではサトシが進化前であるケロマツをゲットしたこと、その描かれ方から、当初から水御三家では初の最終進化をするのではないかと期待されていた(これまでの水御三家はコメディポジション、未進化が多かった)。

そして新展開を迎えるXY&Z編で満を持して進化を果たし、新たなゲッコウガの姿『サトシゲッコウガ』が明かされる。

大乱闘スマッシュブラザーズでのゲッコウガ

スマブラに参戦でござるの巻


大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii Uファイターとして参戦
参戦に至った理由として、「ポケモンは毎回新世代の枠を一つ確保しておく必要があり、今回は個性があり人気も出そうなゲッコウガを選んだ」とのこと。

軽やかな身のこなしと、変則的なワザで戦う軽量級のテクニカルなキャラとなっている。ちなみに走行速度は全キャラ中3位
必殺ワザとして当て身技の「みがわり」、溜め技の「みずしゅりけん」や「かげうち」、「ハイドロポンプ」がある。
スマッシュワザでは、原作にはない水の剣(みずこだち)で相手を斬りつける。
最後の切りふだしのびのひおうぎたたみがえしで相手を空中に巻き上げた後、満月をバックに連続で素早く切り刻むという忍者のイメージを前面に押し出した技。

なお、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DSポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイアを両方とも購入し(後者はどちらか一方)、クラブニンテンドーでポイント登録すると、スマブラで使用するワザを覚えた特殊なゲッコウガを入手できるというキャンペーンが2014年11月21日から2015年1月20日まで行われていた。

また、キャラ選択時やリザルト画面でやたらゲッコウガ関連のナレーションが恍惚としている事でもネタにされる。『ゲッコウガァ・・・
更に某所のミュウツー参戦(後で本当に参戦するが)を期待する海外の反応動画にてまさかのゲッコウガ参戦が決まった時の外国人達の驚きと感嘆と畏怖の言葉『グレニンジャ!?』がゲッコウガの英名:Greninjaを一躍広めるきっかけになった…のかもしれない。


大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALも続投が決定。水小太刀(みずこだち)を使っていた通常攻撃ワザはXY&Zでサトシゲッコウガが使用した水苦無(くない)に変わり、まさかのアニメに逆輸入される事となった。最後の切りふだ「しのびのひおうぎ」も最新作を取り入れてサトシゲッコウガに変身するようになる。

勝ち上がり乱闘「タイプ攻略リーグ!」は順番ずつほのお→でんき→かくとう→くさ→エスパー→みずタイプのポケモンと似たタイプのファイターが登場。原作のゲッコウガにおける隠れ特性「へんげんじざい」を基づいた内容となっている。

余談

ゲッコウガは商標登録の関係でXY発売前から名前だけは判明していたが、もちろん容姿などの情報はなかった。
そこで一部ファンの間では”ゲッコウガ=月光蛾”と推測されて、むしタイプの新たなポケモンであると勘違いされていた時もあった。
もちろんJanne_Da_Arcの月光花や∀ガンダム月光蝶も全く関係ない。

また現実世界においてカエルの天敵はヘビだが、実はイッシュ御三家タイプ相性的にも天敵の蛇ポケモンが既にいる。
対面したら素早さの関係上ゲッコウガの方が先手は取れるが、睨まれたら一気に不利になるので逃げるべし。

関連イラスト

ゲッコウガYHEEEEE!!
ゲッコウガ=サン


おすわりゲッコウガたん
今夜は夜桜日和



関連タグ

ポケモン一覧 みずタイプ あくタイプ
カエル 忍者 月光 甲賀 水遁 和風

他のカロス御三家最終進化形
ブリガロン マフォクシー

水タイプ御三家


忍者ポケモン
ストライク
フォレトス
ツチニン テッカニン ヌケニン
アギルダー

スマブラシリーズ参戦ポケモン
ピカチュウ ピチュー ミュウツー ルカリオ ポケモントレーナー(スマブラ)(ゼニガメフシギソウリザードン) ガオガエン

関連項目があからさまにニンジャなのだ!
ニンジャスレイヤー
ムーンタスク・・・上記ネタに関連するゲッコウガ専用タグ。

フロッグマン
千手扉間(卑劣様)・・・水遁の使い手。ゲッコウガを卑劣様と呼ぶプレイヤーもいる。
ニンジャブラック・・・ゲッコウガの色違いが黒、ニンジャブラックは召喚するロボがカエルという意味では共通。
ジライヤ
ドロロ兵長・・・青いカエル忍者。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲッコウガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13169565

コメント