ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第4世代
タイプむし 
ぶんるい物理
いりょく70
めいちゅう100
PP20
直接
範囲相手1匹
備考攻撃後、手持ちのポケモンと入れ替わる。
英語名U-turn

概要

第4世代ことDPtで登場した技。

相手を攻撃した後、ボールに帰って別の控えに交代するというかなり変わった技。

むしタイプはもちろん、ひこうタイプや身のこなしが軽そうなポケモンが覚えられる傾向にある。

ポケモンBWではでんきタイプ特殊版の技としてボルトチェンジが、剣盾ではみずタイプ版の技としてクイックターンが登場した。


一見癖のある効果のように見えるが、実際は様々な用途で扱える技。

特にこだわり系統の持ち物とは相性がよく、即座に手持ちに変えることで技の切り替えを行いやすい。


相手の交代を読んで使えば、相手の交代先を見た上で交代できるのでアドバンテージを取りやすい。

また、先制で使えば、相手の攻撃は後続のポケモンで受ける事になる事を利用して最低限のダメージ、ひいては無傷降臨(後続を無傷で場に出す事)を狙う事も出来る。

放った次のターンでねむり状態になってしまう「あくび」を喰らってもこの技で逃げられるという利点も大きい。

相手の攻撃に耐えてから使う事前提ならば、後続の無傷降臨が確実になる。

「攻撃だけして交代しない」ということは控えポケモンがいる限りできないので、シナリオ攻略で普通の攻撃技として使うのは難しい。


これらを考えると、どのようなポケモンも気軽に採用できる、と言える。

どちらかと言うと、場作りを済ませたポケモンが逃げる時の採用がやや多め。

むしタイプには更に優秀な技が多いので、メインよりサブウェポンとして置かれる事が多い。

さらに、ボルトチェンジやクイックターンと違い、じめんタイプ、「よびみず」といった無効にされるタイプや特性が存在しないのも優秀。

まもるみきりで防がれてはしまうが、それはどの技でも同じことなのであまりデメリットにはならない。


なお、技による交代の為か特性かげふみ」やくろいまなざし等の交代封印技の影響を受けない

またきっちりおいうちされるので乱用に注意。


シングルではなかなかの有用性を持つとんぼがえりだが、一方ダブルバトルでは、まもるやみきりで攻撃どころか交換までスカされるリスクがあるためそこまで人気はない。使ってもたまに読みの上手い勇者が数人程度。

「かげふみ」から脱出するなどどうしても交換する必要がある場合、上記の理由から味方に打つのが安定だったりする。


ちなみに、処理の都合かは不明だが、相手が「だっしゅつボタン」を所持している場合相手だけ交代して自身は交代できない仕様になっている。また相手が「レッドカード」を所持していると技自体は成功するが交代先を選べなくなるので注意。


なお、第6世代のポケモンXYポケモンORASでは何故か遠距離攻撃のモーションになる。

ゲッコウガ辺りのとんぼがえりは見ていて何かシュールさを感じてしまう。

ついでにボルトチェンジは近距離攻撃のモーションであり、逆転してしまっているように見える。


英語名は「U-turn」。直訳である。

このせいで「どうしてU-turnするだけの技がBug-Typeなんだ?」と外国人トレーナーを困惑させることに。

まぁ元々日本語の慣用句から来ている技名なので、ニュアンスまで含めて訳すのが非常に難しい技の一つなのだが…。


関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技絵 ポケモン技一覧

むしタイプ わざマシン一覧

バトンタッチ ボルトチェンジ すてゼリフ クイックターン


蜻蛉


外部リンク

とんぼがえり - ポケモンWiki

蜻蛉返り - デジタル大辞泉

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76085

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました