ピクシブ百科事典

ポケモン剣盾

ぽけっともんすたーそーどしーるど

正式名称は『ポケットモンスター ソード・シールド』。「ポケットモンスター」シリーズ第8世代のソフト。2019年11月15日発売。
目次[非表示]

商品情報

機種ニンテンドーSwitch
ジャンルRPG
発売日2019年11月15日(金)
価格各5,980円+税
販売元 任天堂
発売元 株式会社ポケモン
開発ゲームフリーク
CEROA


概要

正式名称は『ポケットモンスター ソード』『ポケットモンスター シールド』
2019年2月27日の『Pokémon Direct』にて、株式会社ポケモン社長の石原恒和氏から発表されたポケットモンスターシリーズ本編の完全新作。初代から数えて第8世代の作品となる。

「色」「」「アルファベット」「天体」ときて今度は、つまり武器の名を冠している。

ハードはニンテンドーSwitch。携帯機で誕生し活躍してきたポケモンシリーズが、いよいよ本格的に据置機に移行することとなる。
ただし、ニンテンドーSwitch自体が「据置機にも携帯機にもなる」という特殊なコンセプトを売りにしているハードであり、本作に先立って携帯機としての特性に特化したタイプのニンテンドーSwitch派生機であるNintendoSwitchLiteが発売されてもいる(本作仕様の特別版の発売も決定している)ので、携帯機種からの完全な移行とは言い切れない面もある。

Switchでのポケモンシリーズは既にLPLEがあるが、PVで明かされた内容からシステム的には第7世代であるサン・ムーンUS・UMの型式を受け継ぐ形である事が予想されていた(ジムリーダーの存在が明かされているので第6世代までの様式に戻ったとも言える)。
実際のゲームは従来のポケモンシリーズの形式にLPLEの要素を追加しつつ、ジム戦の形式(ジムリーダー戦とジムごとの仕掛けが完全に切り離された段階式になっている)や作中内での設定(ジムを回る順番とその理由が明確に決められており、各ジムリーダーの間には実力による序列がある)に以前のシリーズとは違った要素を加えた内容となっている。
これまでのシリーズ同様のオンライン要素もあるが、その他のNitendo Switch向けソフト同様、オンラインサービスを利用するには有料サービスNintendo Switch Onlineの利用権購入が必須となる。

記事名の「ポケモン剣盾」は公式Twitterがハッシュタグに使用している公式略称。略称に漢字が使われるのは、ポケモン金銀以来20年ぶりである。
過去作のようにアルファベットを使用する場合は「ポケモンSWSH」と呼ばれる。
リメイク作品・USUM以外に合わせて略称をアルファベット1文字ずつにすると「SS」となるが、銀のリメイク版「ソウルシルバー」と被ってしまうため、このようになったと思われる。

製作陣曰く『最強のポケットモンスター』をテーマにしているとの事。
これは「最強のグラフィック」と言う意味らしいが、育成・対戦面にも大幅なテコ入れが行われており、旅パのポケモンも対戦の第一線で戦える様に考えたと語られている。またシリーズで初めてオートセーブが導入される

ゲームデータだけのダウンロード販売も行われている為、パッケージ版や付随する特典等に拘らなければ入手困難になる事態は基本的に無い販売形式になっている。

購入特典が複数用意されている。ソード・シールド同梱版ではダイマックス仕様のヨーギラス&ジャラコのデータコード。セブンネットショッピング購入特典は主人公衣装のドレスコード、ポケモンセンター購入特典はグッドスマイルカンパニー制御三家フィギュア&イメージボードである。その他の店舗でも特典が異なる。

2019年5月29日の事業戦略発表会に於いて、3DSを含んだポケモンバンク及びLPLEPokémon GOのハードウェア枠の垣根を越えたアプリ「Pokémon HOME」が発表され、翌年2月から実装されている。

2020年1月9日に配信されたポケモンダイレクトにおいて、シリーズ初となる有料追加コンテンツ「鎧の孤島」「冠の雪原」の配信が発表された(既存の作品でいうところのマイナーチェンジ版に相当するものと思われる)。後者では歴代の伝説のポケモンも登場する予定。
「鎧の孤島」は同年6月、「冠の雪原」は同年11月にそれぞれ配信が予定されている。
プレイするには、ニンテンドーeショップで販売されている「エキスパンションパス」の購入が必要となる。

因みに対応言語はサン・ムーンで使用された言語(日本語フランス語スペイン語ドイツ語英語韓国語イタリア語中国語)のみだが、ニックネームなどではスイッチの仕様上、ロシア語ポルトガル語オランダ語を入力する事が可能となっている。

舞台

物語の舞台はガラル地方
マップの下方に田園風景が、上方に雪山やレトロチックな近代都市が存在し、公式では「さまざまな表情を持つ地方」と紹介されている。ミステリーサークルルーン文字に似た文字が刻まれた石碑など、伝説の手がかりと思わしき遺跡が其処彼処に見受けられる。

ポケモンバトルが最大のエンターテイメントとなっており、各地にポケモンジムが存在する。ジムリーダーとのバトルはテレビ中継をされるほど。

主人公やNPCの服装から見て寒冷な気候と思われ、モデルはグレートブリテン島……つまりイギリスを南北逆転させたものと思われる。

登場キャラクター 

主要人物

ソード/シールド


今作の主人公かつ、プレイヤーの分身。
主人公が幼い印象だった7世代と比べると、ポケモンXYカルムセレナの様な身長が高めでスマートな出で立ち。

秋物や冬物と捉えられるファッションをしている(服装はブレザー系やポケモンロゴが入ったシャツ、スカジャン、ベレー帽など)。当然衣装替えも可能だが、今回からは髪型の変更やヘアカラー、コンタクトレンズの装着だけでなく眉毛のセットアップも可能となった。
特に女の子は典型的なスコットランド風ファッションをしているため、海外ではよくネタにされているようだ

PVではマサル/ユウリの名前がメインで使用されており、ファンからもこれらの通称で呼ばれる。

今作のポケモン博士。ポケモンの巨大化現象「ダイマックス」を研究している。
女性の博士はアララギ博士以来であり、ナナカマド博士以来の高齢の博士。

ソニア


マグノリア博士の孫娘で、助手も務める若きポケモン研究者。

ライバル

ホップくん〜


往年のライバルに相当するキャラクター。
後述のダンデの弟で、兄のような立派なチャンピオンになるために主人公と一緒に旅に出る。
性格はやんちゃで元気ハツラツ。

ビートくん


主人公のライバルの1人の青年。
ローズから推薦状を貰っているので、高いプライドを持っているが、とそれに見合った実力を持っており、主人公には不遜な態度を取っている。
チャンピオンになるのを目指している一方、各所で「ねがいぼし」という石を根こそぎ集め回っていたりと、内なる野心を秘めているようで…。

マリィ


主人公のライバルの1人の可憐な少女。
パートナーのモルペコと共に旅をしており、とある目的を達成する為にチャンピオンを目指している。その見た目から繰り出される冷静な試合運びから彼女に魅了されるファンも多く、後述するエール団は彼女の熱狂的なファンでもある。

ジムリーダー

ジムリーダー


くさタイプの使い手。
バトルを楽しむことをモットーとする生粋の農家。

みずタイプの使い手。
スポーティーな装いの褐色肌の女性。
一見穏やかだが、負けず嫌いで熱い闘志を心に宿している。

ほのおタイプの使い手。
真面目な性格の壮年の男性。ホウエン地方出身。
プレイヤーがはじめて対峙するキョダイマックス使いのジムリーダーで、一種の登竜門的な存在。

かくとうタイプの使い手。『ソード』バージョンのみでバトルできる。
100年の歴史を誇るガラルカラテの申し子。
非常にストイックな性格で、感情を表に出すことはあまりない。

ゴーストタイプの使い手。『シールド』バージョンのみでバトルできる。
幼くしてジムリーダーになった優秀なトレーナー。
極度な対人恐怖症で、人目を避けるために顔に仮面をつけている。

フェアリータイプの使い手。
魔術師の異名を取る老齢の女性。
高齢となった自分の後継者を探しているようだが…?

いわタイプの使い手。『ソード』バージョンのみでバトルできる。
無骨な印象の強い自身の専門タイプへのイメージを払拭するべく、クールな戦いを繰り広げる。

こおりタイプの使い手。『シールド』バージョンのみでバトルできる。
上記のマクワの母親でもある。

あくタイプの使い手。
ダイマックス嫌いであり、バトルでもダイマックス無しの真剣勝負を仕掛けてくる。
歌手活動もしており、その歌声は多くの聴衆やポケモンたちを引き付ける。

ドラゴンタイプの使い手。
ガラルのトップジムリーダーであり、ダンデとは自他ともに認めるライバル同士。
天候操作を駆使した独特の戦法を編み出しており、ジムチャレンジ最後の壁として主人公の前に立ちはだかる。
ナックルシティの宝物庫の番人としての役職も持つ。

チャンピオン

ダンデ


公式戦無敗の実力を持つ、ガラル地方のポケモンリーグチャンピオン。通称「無敵のダンデ」。
人柄も優れガラル地方では絶大な人気を誇る。パートナーはリザードン
弟は主人公のライバル・ホップで、マグノリア博士の孫娘・ソニアとは幼馴染。

悪の組織

pkm


ジムチャレンジを行うトレーナーの妨害行為を行うトレーナーの集団。マゼンタと黒をあしらったパンクロッカー風のコスチュームを身に纏っている。
マリィをチャンピオンにする為に様々な妨害行為を働き、ブブゼラやマリィが描かれたタオルを掲げてマリィの事を全力で応援している。

マクロコスモス

ローズとオリーヴ


ガラル地方の企業グループ「マクロコスモス」の社長にして、ガラルポケモンリーグの委員長。スーツ姿と髭が特徴の中年ほどのダンディな男性。
ダイマックスを導入したバトルによりガラル地方のポケモンリーグを世界的な物にした。
才能を見抜く目も持ち、ダンデやビートをジムチャレンジに推薦したのも彼。

ローズの秘書。冷静沈着な性格の持ち主。
ローズの会社で副社長も兼任し、実質的な経営を任されている。

鎧の孤島

「ヨロイじま」で、主人公たちに修行をつけてくれる老人。ダイマックスバトルが導入される前のガラルポケモンリーグで18年間もの間チャンピオンの座を守り続けた生きるレジェンド。
ダンデとは師弟関係で、ダンテの才覚を一番最初に見抜いた。

クララとセイボリー


マスタードの道場に修行に励むトレーナーの女性。どくタイプの使い手。『ソード』バージョンのみの登場。
人気者になるためにかわいらしさを追求しているが、計算高くて腹黒い一面も持つ。

マスタードの道場に修行に励むトレーナーの男性。エスパータイプの使い手。『シールド』バージョンのみの登場。
紳士的な性格だがプライドも高く、主人公のことをライバル視している。

新ポケモン

ガラル御三家

ありがとう


カロス御三家と同様に、今回は単タイプで統一されている。

くさタイプのこざるポケモン。ヤナップではない。
サルらしい身軽さに加え、木の枝を道具のように扱うことができる知能を持つ。

ほのおタイプのうさぎポケモン。鼻の所の絆創膏のような部分が特徴的。
カートゥーンに登場しそうなウサギに似て、アチャモニャースホルビーなどを思わせるデザイン。

みずタイプのみずとかげポケモン。シャワーズ同様に水に溶け込む能力を持つ。
みずとかげ…ではあるものの、ヒトカゲキモリとはまた違う、両生類にも似た姿にも見える不思議なデザインのポケモン。

ガラルのすがた

前作の『SM』から登場した、現地の環境に適応するため独自の姿へと変化したリージョンフォームのポケモン達。
姿も生態も大きく異なるほか、他の地方には無いガラル独自の進化を遂げる種類も確認されている。

伝説のポケモン

剣盾


『ソード』版に登場する伝説のポケモン。
黄金の剣のようなものを咥えている。
繰り出される華麗な攻撃は、相対するものをも魅了する。

『シールド』版に登場する伝説のポケモン。
盾のような鉄壁の鬣を身に纏う。
威風堂々とした振る舞いは、相対するものを圧倒する。

鎧の孤島』で登場する伝説のポケモン。
鍛錬を重ねることでダクマはウーラオスに進化し、2種類のフォルム「いちげきのかた」と「れんげきのかた」が存在する。

冠の雪原』で登場する伝説のポケモン。
太古の昔、ガラル地方一帯を統べていたポケモン。極めて高い知能を持ち、過去・現在・未来の出来事すべてを見通すともいわれている。

その他の追加ポケモンはポケモン一覧を参照。

新システム

ダイマックス

ガラル地方で確認されている、特定の場所でのみポケモンが巨大化する現象。特別なトレーナーだけが持てる道具ダイマックスバンドが必要であるが、特殊な鉱物を用いる。
全てのポケモンに適用され、能力が飛躍的に上がり、技もダイマックス技へと強化されるが、1試合につき1匹かつ3ターンまでという制限付き。

キョダイマックス

ダイマックス出来るポケモンの内、特定のポケモンのみに発生する現象。姿が大きくなるだけでなく、メガシンカの様に姿形も変化するのが特徴で、「キョダイマックスわざ」という専用のダイマックスわざを使う事が可能。
アーマーガアや、カジリガメなど今作で初登場するポケモンだけでなく、ピカチュウをはじめ第1世代の1部にも確認されたが、発動出来る個体はごく限られた確率でしか遭遇できない。

ワイルドエリア

見渡す限りの自然が広がり、複数の街に繋がっているという広大なエリアで、ポケモンでは初のオープンワールドとなっている。
ガラル地方で最も多くのポケモンが生息しており、場所や天気によって出会える種類が変化する他、様々なポケモンや道具を探すために、カメラを操作することができる。また"ワット(W)"と呼ばれるポイントを貯められ、一定量でボールや技マシンと交換可能。

スマホロトム

今作のポケモン図鑑は、前作『サン・ムーン』に登場したロトム図鑑 の進化版。
ポケモン図鑑としての機能以外に、自転車に装着することで地上をより早く移動したり、水上を移動することもできる。

マックスレイドバトル

特定の野生ダイマックスポケモンに4人のトレーナーで協力して挑むバトル。
その内の1人のみ1回だけしかポケモンをダイマックスやキョダイマックスがさせられず、仲間との協力が非常に重要となる。
おそらく『ポケモンGO』のレイドバトルを意識していると思われる。

ポケジョブ

企業や大学からの依頼を手持ちやボックスのポケモン達が手伝うシステム。公募はパソコンから随時行われており、得意分野があるポケモンに任せた方が優位に進めやすい。
ポケジョブに送り出したポケモンは経験値やきそポイントを入手できるのみならず、珍しい道具をもらえることもある模様。発注にはポケモンセンターのパソコンに常駐するナビ『ロトミ』に介してもらう。

ランクバトル

『USUM』までのレーティングバトルに似た、新たな通信対戦システム。
基本的にはレーティングバトルと同様である。
「シーズン」という基準が新たに設けられており、そのシーズンごとに細かいルールが変更される。また、シーズン内に一度でもランクバトルに参戦した者には、シーズン終了後にBPやおうかんなどの報酬が与えられる(報酬はランクが上なほど高い一方で、最低ランクであろうとも参戦さえしていればミント2つ、50BP、とくせいカプセルが与えられる)。

ポケモンキャンプ

冒険中に自分のテントを設置して、いつでもどこでも自分の手持ちポケモンと触れ合う事が出来るシステム。
また、きのみや食材を使ってガラル地方で大流行している不思議な料理「カレーライス」を作り、ポケモン達と一緒に食べる事が可能。

マジカル交換

ロトミがいるパソコンに任意のポケモンを預けプレイし続けると、その最中に意中に合ったポケモンがやって来る通信交換の一種。

あかし

捕獲された野生ポケモンの内に紛れてごく希に持っているリボンの一種。『ときどきみる』『はらぺこ』などいくつかの名称がある。所謂おまけ要素。

過去作からの変更点

使用できるポケモンの制限化

過去作から本作に連れていくことができるポケモンはガラル図鑑に登場するポケモンのみとなる。23年続いたポケモンでは2回目の実質的な互換切りであり、以前からユーザー間で噂されていたリストラが現実になったと言える。

これは総数が800種を超え、グラフィックの向上によって表現も豊かになったポケモン全てを、限られた開発期間内に十分なクオリティとバトルバランスの元で仕上げる事が厳しくなった為と説明されており、本作からは一つの世代で全てのポケモンを使う事は出来なくなるとの事。

これにより既存の御三家・伝説のほぼ全てがリストラされているが、事前の告知通りヒトカゲ系は続投。また、唯一、ゲーム中で入手可能な準伝説ポケモンがいる
なお、登場しなかったポケモンも『Pokémon HOME』を介して別の作品で活躍させようとは企画しており、決してないがしろにはしないと語られている。

この大々的な変更は2019年6月12〜13日のインタビューで説明され、長い議論や熟慮の末に踏み切った苦渋の決断であったと説明されている。

なお、20年に展開予定のDLCではこれら出ていないポケモンの一部が復活することが明かされており、ポケモンホームで連れてくることも可能になるとのこと。

一部技の削除・習得手段消滅

ポケモンだけではなく、技も一部リストラされたものがある。
登場しないポケモンの専用技を筆頭にデータ自体が含まれていない技が存在している
著名な技ではめざめるパワーおいうちねこのておんがえしやつあたりなど。
この為、今回はめざパ判定の人がいない

一部の技もデータ上は存在するが、習得は不可能となっている(此方はゆびをふるで見る事は可能)。
ビークインの専用技の1つであるかいふくしれいはデータ自体削除されるなど、一部のポケモンはアイデンティティすらもぎ取られてしまっている。

これに加えどくどくかげぶんしんなどのおなじみだったわざマシンが削除され、限られたポケモンしか覚える事ができなくなっている。

この為ポケモンホームで第7世代以前のポケモンを連れてこられるようになった際の扱いが気になっていた所だが、実際は戦闘で使えない上に技説明も見られず、忘れさせることを促される(削除された技のみを覚えさせているとわるあがきになる)。

また、過去作のみで覚える事ができた技も、ランクマッチでは過去作のポケモンが解禁されてないため対戦では使えなくなる。
なお、技の効果自体はメガシンカと共に閲覧できる事から、シリーズから完全廃止するというわけではない様子(外伝作品では廃止されたメガシンカと技が採用されている為)。

なお、これにより新たなバグも発生しており、フェアリーロック(剣盾にデータ自体が存在しないクレッフィの専用技)がゆびをふるで出すとエラーが発生し強制終了してしまう

メガシンカ、Zワザ、レート対戦の廃止

上記のダイマックスが、メガシンカとZワザの要素を掛け合わせた様なシステムの為か、本作ではそれらの強化手段は登場しないとの事。

性格補正と遺伝わざの後天的な変更

今作でも性格の違いは続投するも、「ミント」というアイテムを使用する事で性格補正が可能になった。
厳密に言うと、「性格」そのものは変えないままで、能力補正だけを別の性格のものに変更できる。旅パのポケモンや、その辺でゲットした色違いや高個体値のポケモンはしばしば対戦に向かない性格(まじめ等)をしており、対戦をする人からは敬遠されていたが、これからは手間さえかければこうしたポケモンも対戦に出せるようになる。

また、遺伝技は性別関係なく2匹の同じポケモンを預け屋に預けていると、タマゴ技を覚えている方のポケモンが覚えていないポケモンの技を覚えるようになった。

一部のポケモンの進化条件変更

前世代まであった場所による進化を遂げるポケモンの進化が、進化の石を使っての進化に変更された。
該当するのはクワガノン、イーブイの進化系2
ただ完全にこの仕様がなくなった訳では無く、一部のポケモンはとある場所に行かないと進化しない。

技レコード

第5世代で無限に使用できるようになった技マシンの仕様は本作でも引き継がれているが、それとは別に赤/緑など1回しか使用出来なかった世代の技マシンの仕様を再現したレコード版として登場する「旧世代版技マシン」。
旧来の技マシンとは異なり、技レコードで覚えさせた技は忘れさせても再び思い出す事が出来る。

LPLEから受け継いだ要素

フィールド上でのポケモンとの遭遇がシンボルエンカウント式になり、エンカウントの回避や戦う相手を任意で選べるようになった。
なお、シンボルエンカウントはポケモンの生体に合わせて挙動が変わっている。まず、格闘タイプやネコ科等の肉食系は大体が勢いよく襲い掛かってくる。また、縄張り意識が強いポケモンも同じ傾向にあり、心優しい性格のオノノクス等も縄張りを荒らしたと判断されてしまうので、戦闘を回避したいときは注意しよう。

当然のことながら人間の存在を気にしないポケモンもいれば、逆に逃げ回るポケモンもいる。また他人の気持ちを察知するポケモンは人間を観察するように近くまで寄ってくる挙動を取ることもある。ワイルドエリアではそれらを観察するだけでも十分に楽しめるだろう。

草むらなどではランダムエンカウントもあり、!マークが出て草むらが揺れた場所に近づくと戦闘になる。シンボルでは出現せずランダムのみで出現するポケモンもいる。

また、過去作における道具「がくしゅうそうち」のように、実際に戦闘していないパーティーポケモンも経験値が得られるような効果が特殊な道具無しで常時発揮されるようになった。

加えて、(使用出来ないエリアもあるが)パソコンがなくてもいつでもどこでもボックスにアクセスしポケモン入れ替えができる仕様(本作ではそれが出来るアイテムの入手で解禁されるという違いがある)も引き継がれている。ただし、ポケモンをボックスから消去する際の扱いは「オーキド博士に送る」では無く従来作どおり「逃がす」となっており、各種アメを入手する事は出来ない。

スピンオフ

薄明の翼

2020年1月より展開。
『剣盾』の登場人物たちに焦点を当てた群像劇で、テレビアニメ版とは別枠(ネットアニメ)での展開となる。
全7話予定で、1ヶ月に1話ペースでYoutubeのポケモン公式チャンネルにて最新話が配信されている。

余談

ポケットモンスターギルガルド
ポケモン剣盾 ギルガルド


剣と盾が融合したポケモン「ギルガルド」はタイトルや地方のモチーフ的にも本作にピッタリであり、当然ながらタイトル発表時トレンドに上がる事となった。
ただ前作の例と違い作中で入手が可能であり、ダンデの手持ちにもいるものの、対戦面では弱体化の措置を受けている(との兼ね合いだろうか?)。

また今作では、今までのシリーズよりもネット通信の自由度や性能が大幅に低下しており、ポケモンの収集をGTS等の検索機能に頼っていたユーザーは諦めろと言わんばかりの、リアルフレンド通信推奨なゲームバランスになっている。
ポケモンHOMEである程度GTSの代用は出来るが、マックスレイドバトルにおける募集の滞りは解決が難しく、Twitter等のSNS上では自身のIDを公開し、フレンド登録を積極的に行おうとする動きが起きている。
批判の声も多いが、これもまた上記のポケモンや技のカット同様、シリーズ全体に今までついてきたものを削り落とし、新しい風を呼び込み続ける方向性にシフトした事を示していると思われる。

今作の新ポケモン全体の特徴なのだが、ダイマックスの影響か、妙に『たかさ』がデカい奴が多い。特に序盤鳥最大の大きさを誇るアーマーガア(2.2m)や600族で最も大きいドラパルト(3.0m)、更に禁止級どころかホエルオーを越えて全ポケモン最大の大きさを持つ伝説のポケモン(20.0m)等が代表的である。

体長が長くなりやすい蛇型ポケモンを除いても今作は見た目以上にデカいポケモンが特に多い。また、逆に見た目以上に小さいポケモンも特に多い事から分かる様に、今作は他の世代と比べてもデカいポケモンと小さいポケモンの差が特に激しい。


近年のポケモンシリーズは割と人間側の描写やストーリーにも重きが置かれる傾向になってきているが、本作もそうした流れを継承している。
加えて、グラフィックの向上により、キャラクターの動きや表情などがより生き生きと描かれるようになったこともあり、本作ではポケモンだけでなく人間側のキャラクターに惹かれるファンも増加している模様
特にマリィは男性プレイヤーから、キバナは女性プレイヤーから圧倒的な人気を獲得しており、2人を目当てに購入したという声も聞かれる他、pixivにおいても多数のファンアートが投稿されている。

関連イラスト

ポケモン剣盾
けんたて~
剣楯
ポケットモンスターギルガルド
ガラル



関連動画

『ポケットモンスター ソード・シールド』初公開映像(2019年2月)


『ポケットモンスター ソード・シールド』プロモーション映像(2019年6月)


関連タグ

ポケモン ポケモンシリーズ一覧
  イギリス
ScottishPokemonTrainer
ポケモンカップリングタグの一覧

その他のシリーズのタグ


外部リンク

関連記事

親記事

ポケモンシリーズ一覧 ぽけもんしりーずいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモン剣盾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 441467442

コメント