ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サダイジャ

さだいじゃ

サダイジャとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ編集

全国図鑑No.0844
ガラル図鑑No.313
パルデア図鑑No.271
ローマ字表記Sadaija
分類すなへびポケモン
タイプじめん
高さ3.8m
重さ65.5kg
せいべつ50%♂・50%♀
通常特性すなはき/だっぴ/すながくれ(隠れ特性)
タマゴグループりくじょう/ドラゴン

各言語版での名称編集

ドイツ語Sanaconda
英語・イタリア語・スペイン語Sandaconda
フランス語Dunaconda
韓国語사다이사

進化編集

スナヘビサダイジャ(Lv36)

スナヘビちゃんとサダイジャちゃん


キョダイマックス編集

キョダイサダイジャ

詳細はキョダイマックスサダイジャにて


概要編集

ポケットモンスター ソード・シールド』で初登場したポケモン。


スナヘビの進化形。首を覆う大きな砂袋とバネ状に巻いた塒により、まるで大きなコロネパンのようなシルエットをしている。

名前の由来は恐らく「砂(さ)」+「大蛇」。


主に砂漠地帯に生息し、体に砂を貯める砂袋を持つ。この砂袋は頭部を守る役目があるほか、100kgもの砂を凝縮して蓄えられる。しかも分厚く優れた伸縮性があり、アイアントの牙すら通さないほど丈夫。実際にエサとしてアイアントの卵を狙う際、彼らの反撃から身を守る防具になる。


戦闘になると、大きな鼻の孔から砂を激しく噴射して攻撃する。砂の中には唾液でくっつき固まって歪で鋭く危険な刃と化した砂利も混じっているため、相手を最悪裂傷に陥れる。前述のバネのような塒の巻き方は、砂を効率よく発射するためのものであり、スプリングアクションで勢いを付けて遠くの敵に飛ばすという狙いもあるのだろう。その勢いは最大パワーでダンプカーすら押し流されるという。


砂が溜まっている間は強気ではあるが、砂袋が空になったり、砂が無い地域ではメイン武装を無くすに等しいらしく、急に弱気になってしまう。元来の表情が気怠げという事もあり、戦いは好んでしなさそうなタイプなのかもしれない。

実際ワイルドエリアの「砂塵の窪地」にシンボルで出没する個体はこちらを見ても積極的に襲いかかって来ない。しかしヨロイ島の「鍋底砂漠」のサダイジャは好戦的。砂漠というだけあり砂の面積が広いため、より元気いっぱいということか。


ヘビ系ポケモンの例に洩れずタマゴグループが陸上の他にドラゴンも含まれているためか、ドラゴンジムリーダーであるキバナの手持ちにも入っている。


モチーフはアナコンダと思われる(英語名が"Sandaconda"なのでそこから確認が取れる)が、キョダイマックスした姿や砂漠に住むという性質からサイドワインダーなどの要素もあると思われる。

ヘビなだけにアイアントの巣を襲うという生態には違和感を覚える人も多かっただろうが、実は蟻の巣に侵入するヘビは実在し、テキサスホソメクラヘビという種がそれに該当。乾燥帯に生息し、化学物質を放って蟻を回避するという習性を持ったヘビである。



ゲームにおける性能編集

種族値編集

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
72107125657071510

「こうげき」「ぼうぎょ」が高く、他は平均的といった物理アタッカー。


サダイジャ系統の固有特性のすなはきは攻撃でダメージを受けた時にすなあらしを発生させる特性。接触・非接触に関わらず発動できる。

同じすなあらしを発生させる特性の「すなおこし」とは違い、攻撃を受けた後に発動し、何度でも発動するという特徴がある。相手がいくら天候を変化させようとも、攻撃さえ食らえば簡単にすなあらしに塗り替えられるため、天候の上書き合戦には滅法強い。

発動タイミングが攻撃でダメージを受けた後なので、ダイマックス技の追加効果による天候変化も、発動直後にすなあらしで塗り潰せる。

その他の特性は「だっぴ」と「すながくれ(隠れ特性)」で、それぞれ自身の覚える強力な積み技の「とぐろをまく」や「ちいさくなる」との相性が良い。


また、先述の2つの積み技以外にも、有用な変化技「へびにらみ」・「てっぺき」・「ステルスロック」等を覚え、特にへびにらみは自身の71という少し遅いくらいの素早さを大きく補う事が可能。具体的には、ドラパルトアギルダーといったかなり早い相手であっても努力値の振り方次第で先手を奪う事が出来るようになる。


他に、てっぺきは自身の高い防御を生かしたボディプレス戦法のお供に、ステルスロックは汎用的な削り技として役立つ。但しステルスロックに関しては、同じくじめんタイプで、ステルスロックとの相性が良いあくびを覚えるカバルドンマッギョがいるので、彼らには一歩劣る事になってしまうのだが。


攻撃技も、タイプ一致では高火力安定技「じしん」を始めとして、相手のダイマックスを枯らすのに有用な「あなをほる」や急所狙いの「ドリルライナー」等を覚え、サブウェポンではひこうタイプむしタイプには通りが悪いじめん技と相性の良いいわ技の「ストーンエッジ」や「いわなだれ」、先述の自身の高い防御を生かせる「ボディプレス」等も覚える。

他にも割と様々なタイプの攻撃技を覚えるが、優秀な変化技を覚える故に攻撃技の枠が狭くなりがちな上に、多くのタイプに抜群を取れるじめんタイプなので、使われる事は少ないかもしれない。

キョダイマックスでは、キョダイマックスわざによるダメージに加え、相手をすなじごくに捕らえ拘束しつつスリップダメージを与える追加効果があるので、がんじょうきあいのタスキ等によってHPを1だけ残して耐えてくる相手でも倒し切る事が可能。

ちなみにキョダイサジンによる交代封じはこちらが交代しても効果が継続するため相手を倒さないためにどろかけをベースにするのも立派な戦術である

マルヤクデとは特性や耐久・耐性で差別化可能。


使用トレーナー編集

ゲーム版


アニメ版


漫画版


アニメ版編集

アニポケサトシの旅シリーズ編集

  • ライラのサダイジャ
    • プロジェクト・ミュウに参加している少女・ライラの手持ちとして新無印113話に登場。さだめのいせきでシュンヤのデスバーンと共にシゲルのカメックスとゴウのエースバーンと対峙するが、敗北した。

関連イラスト編集

センシティブな作品サダイジャVSドリュウズ

サダイジャ。センシティブな作品


関連タグ編集

ポケットモンスター ポケモン ポケモン剣盾

ポケモン一覧 じめんタイプ


0843.スナヘビ0844.サダイジャ/キョダイマックスサダイジャ→0845.ウッウ/うのみのすがた/まるのみのすがた


蛇ポケモン編集

アーボ/アーボック

イワーク/ハガネール/メガハガネール

ノコッチ/ノココッチ ハブネーク

ツタージャ/ジャノビー/ジャローダ

ジガルデ(50%フォルム)


その他編集

左大臣:名前の響きでこれを連想する人も

関連記事

親記事

スナヘビ すなへび

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193290

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました