ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キバナ

きばな

『ポケットモンスター ソード・シールド』に登場するドラゴンタイプのジムリーダー。
目次 [非表示]

「荒れくるえよ! オレの パートナー

 スタジアムごと やつを 吹きとばす!」


概要

ポケットモンスター ソード・シールド』に登場する、ガラル地方のジムリーダーの一人。

キャッチコピーは「ドラゴンストーム」。背番号は「241」。おそらく「強い」(つよい)とかけていると思われる。


ナックルシティのジムリーダーで、ドラゴンタイプの使い手。

ガラル地方において有数の実力を持つトップジムリーダーであり、その強さは一部では他の地方であればチャンピオンになれていると噂されるほど。

ガラルリーグのチャンピオンであるダンデとは自他共に認めるライバル関係で、他の地方でチャンピオンになるよりもダンデに勝つ事の方が大事らしい。

戦績としては10連敗中ながらも、ダンデのポケモンを最も多く倒したトレーナーとして称賛されてもいる。


ゲームのオープニングではローズによる解説の後、チャンピオンであるダンデに相棒のジュラルドンと共に挑んでおり、それをスマホロトムで主人公が視聴する形で本編が始まる。



人物像

一人称は「オレさま」「キバナさま」「オレ」「キバナ」と様々。

普段は笑みを絶やさない温厚な性格で、面倒見が良い兄貴肌な一面を見せるが、ポケモン勝負では一変して燃え上がり、垂れ目がちだった目も吊り上がってかなり威圧感のある面構えになる。

咆哮するように天を仰ぎながらポケモンに指示を出したり、ポケモンの行動に合わせて両腕を振り乱したりするなどのような挙動を取る。

ハイパーボールを愛用しており、フォームは大きく振りかぶってからのサイドスロー


自撮り

日々鍛錬を重ねる傍ら、趣味のファッションやSNSを楽しんでいるようで、常にスマホロトムを持ち歩き、勝負中でも自撮りをしている。

リーグカードによると、自撮りを始めたきっかけは「敗北の悔しさを忘れないようにするため」。


元々は特に目立ちたい訳ではなかったはずだが、レアリーグカードによると、最近はトレーニング風景やファッションなどをアップしていたり、チャンピオンリーグ再戦で主人公に敗れると最初に気にするのが「負け姿をアップしてもSNS映えする」事だったりと、手段と目的が逆転しつつある様子もある。本人も気づいてはいるようで、「オレさま、目的を見失ってないか?」と自分でツッコんでいる。



容姿

キバナさん

褐色肌スレンダーな青年。緑がかった青い瞳のタレ目で、耳にゴールドのピアスが光る。側頭部と後頭部を刈り上げた髪型の上にオレンジ色のバンダナを巻いている。口を開くとドラゴンのような鋭い八重歯が見える。

ネイビーのユニフォームの上にはドラゴンをモチーフにしたようなダボついたパーカーを着ており、フード部分は牙のようなデザインになっている。


ポケモンスケールワールドのサイズから計算すると身長は約195cm。


ジムミッション

彼が待ち構える「ナックルスタジアム」のジムミッションは、宝物庫にてジムトレーナー3人とダブルバトルを行うという、これまでに比べて非常にシンプルなもの。

ただしこの3人、これまでのジムトレーナーとは異なり、ドラゴンタイプではないポケモンを手持ちに混ぜている。

正確に言えば、自分が有利になる天候を持っているドラゴンポケモンを、その天候を始動できる&その天候で強くなる別のタイプのポケモンと組ませているのだ。


手持ちポケモン

📷

ドラゴンタイプの使い手であると同時に、天候を切り替えながら戦う。天候を変化させると、それぞれの天候に対応した特殊な台詞が見られる。手持ちのポケモンもどちらかといえばドラゴンタイプよりも天候に関連した技やポケモンが多い。


特に初戦ではドラゴンらしさはあまり感じられず、手持ちのうち2匹がドラゴンタイプではない。その上、ジュラルドンについては通常のドラゴンとは弱点が異なるため、本来のドラゴンタイプへの対処法が通じにくい(フェアリータイプでドラゴンは無効などとたかをくくっていると、複合タイプであるはがねタイプの技で弱点を突いてくる)。


また、初戦ではジムチャレンジと同様、ダブルバトルの形式を取るため、弱点をカバーしあったり、片方がもう片方をうまくサポートできるような絶妙な組み合わせでポケモンを出してくるのも厄介な点である。

はがねのつばさ」を覚えたフライゴンや、「ボディプレス」を覚えたギガイアスと言った具合に、ちゃんと相手もこちらの弱点を突いてくるポケモンへの対策を徹底しているため、攻略は一筋縄ではいかない。しかもこちらが天候を変えても特性すなはき持ちのサダイジャが再び天候を砂嵐で塗り替えてくるので油断は禁物。



トーナメントではいつも通りのシングルバトル形式での試合になる。相手のポケモンのレベルも相応に上がっている点には注意。


クリア後のトーナメントでも強豪として登場。基本的に参加者の中ではトップクラスに強く、ダンデ・ホップと当たると負けるが、それ以外のジムリーダーやモブトレーナーにはほぼ勝つため、出たらほぼ確実に主人公と戦う事になる。

ただしメロンとの勝負では一度も勝てていないらしく、『シールド』では彼女相手にも負ける。

またダンデ・ホップのような明確な別格扱いではないようで、メロン以外のジムリーダーに負ける事も低確率ながらある。


マスタード撃破後、ヨロイ島のどこかにランダムで出現するようになる。ヨロイ島には観光と修行を兼ねて来訪している。連れているポケモンはジュラルドンで、主人公に熱中症に気を付けるよう忠告してくれるなど、兄貴肌は健在である。


ジムバトル(ダブルバトル)


チャンピオンカップ ファイナルトーナメント


トーナメント再戦

  • コータス♂ Lv.60
  • ヌメルゴン♀ Lv.60
  • バクガメス♂ Lv.61
  • フライゴン♂ Lv.61
  • ジュラルドン♂ Lv.62(キョダイマックス)

ガラルスタートーナメント

タッグバトルの対戦相手またはパートナーとして登場。

  • ヌメルゴン♀ Lv.74
  • フライゴン♂ Lv.75
  • ジュラルドン♂ Lv.76(キョダイマックス)

トーナメント再戦(ガラルスタートーナメント初回挑戦後)

  • コータス♂ Lv.74
  • ヌメルゴン♀ Lv.74
  • バクガメス♂ Lv.75
  • フライゴン♂ Lv.75
  • ジュラルドン♂ Lv.76(キョダイマックス)

名前について

他のキャラクターの名前も植物の名前が由来になっていることから、キバナも名前の由来は植物と考えられる。但し特定はされておらず、いくつか説がある。


キバナコスモス

現在最も有力な説。花言葉は「野生的な美しさ」であり、美しさと荒々しさを兼ね備えるキバナのイメージにもピッタリ。


キバナシュクシャ

こちらの説はあまり有名ではない。花言葉は「信頼」「豊かな心」「慕われる愛」等、キバナの愛されキャラに合う言葉ではある。

ハワイ語名は「カヒリジンジャー」であり、前作四天王の一人・カヒリの名前の由来となった花でもあ る。


キングサリ(キバナフジ)

イタリア版のキバナの名前「Laburno」から。日本語でキングサリを意味し、別名はキバナフジ。花言葉は「淋しい美しさ」「儚い美」「哀愁の美」。


スイートバジル

英語版のキバナの名前「Raihan」から。スイートバジルは白い花を咲かせるので、考察の粋を出ない。花言葉は「好意」「好感」「幸運」「神聖」。


キバナリュウゲ

オミナエシの漢名「黄花竜牙」から。ドラゴンタイプジムリーダーである事を考えるとこちらも有力か。花言葉は「親切」「美人」


※なお、花言葉はすべて日本でのものなので、国ごとに意味が変わる可能性がある。


他媒体のキバナ

アニポケ

CV:鈴木達央/松岡禎丞(82話から担当)


ポケットモンスター21話以降のPVに先行登場し、27話で初登場する。ゲーム本編と同じくナックルジムのジムリーダーにして、飛び級マスターズエイト7位にランクインして末席に名を連ねた実力者。ダイマックスもアニメならではの演出が行われている。

その後、「ソード&シールド編」の第44話終盤で登場。ソニアに襲い掛かるオリーヴの部下4人のポケモン達を一蹴。その後は、ダイマックス暴走しているポケモン達相手に奮闘していた。

パートナーはゲーム本編と同様ジュラルドン(CV:中村悠一)。


27話ではダンデと対戦するが、ゲーム版と違い、本人の言動から彼とはこのバトルが初対面の可能性が高く、バトル後は彼をライバル視するようになる。44話・45話ではソニアにナンパをするようなチャラさも見せた。


82話ではアラベスクタウンのジムリーダー・ポプラ主催のお菓子作りの大会にダンデと共に参加する。ポプラとは古い付き合いのようで頭が上がらない場面が多くあり苦手意識を抱いている。しかし、本人曰く、「断るともっと面倒な事になる。」との事で誘われては毎回参加している。

この話から、最初にキバナ役を務めていた鈴木達央氏は大人の事情で降板し、代役として松岡禎丞氏が務めていく事になる。


108話の段階では8位に入れ替わっており、サトシとマスターズエイトの入れ替わり戦で参加する運びとなった。

サトシとの戦いに向けてファンサービスとトレーニングに勤しむ中、過去に初めてダンデと戦い敗れた時を思い返す。その時キバナは偶然窓に映った自分の姿を見て自分の「情けない顔」を垣間見、その時に味わった代え難い悔しさを決して忘れないために自撮りを始めるようになった事が明かされた。そのダンデとのバトルに敗けた後、悔しさの余り石壁をパンチで大きくへこますと言う凄まじいパワーを見せている。


そして翌第109話でサトシと対戦。この時の使用ポケモンは、フライゴン・ヌメルゴン・ジュラルドンの3匹。原作ゲーム通り、天候を駆使した戦いでサトシを追い詰めるも、最後はキョダイマックスしたジュラルドンとルカリオ(メガシンカなし)の一騎討ちの末、惜敗した。

それでもキバナはサトシの勝利と実力を認め、「お前(サトシ)とダンデを倒すのは俺様だ。だから、それまで負けるんじゃねぇぞ。」と激励した。また、キバナはバトル後にサトシとツーショットで自撮りしている。


服装について

ナックルシティジムのユニフォームはHGSS版のワタルの服のものと酷似しているが、アニメ版では「ワタルがかつてナックルジムで修行をしたことがあり、ナックルジムに敬意を表して自分の服をナックルシティのユニフォーム風にアレンジした」という理由付けがなされている(あくまでアニメ版での設定であり、原作でも同様の理由によるものかは不明)。


薄明の翼

「遅ぇよ、ダンデ。尻尾巻いて逃げたのかと思ったぜ。」


CV:鳥海浩輔


第4話でダンデと共に雑誌の表紙を飾って以降、最終話冒頭でジムリーダーが出揃った場面にも顔を出さず、シュートスタジアムにおけるダンデとの勝負で満を持しての登場となった。

道に迷った末、試合会場にギリギリの時間まで姿を現さなかったダンデを「尻尾巻いて逃げたのかと思ったぜ」と挑発しながらも、余裕の表情で佇む貫禄はトップジムリーダーの面目躍如である。試合開始時のがおーポーズも完全再現。

試合は夜のスタジアムで行われており、最後にキョダイマックスさせたリザードンとジュラルドンが激突するという流れから、ゲームのOPで断片的に描かれていたエキシビションマッチだった可能性が高い。

手持ちとして繰り出したのは、ヌメルゴン、フライゴン、キョダイマックスジュラルドン(ダンデはギルガルドドラパルトリザードン)。

ダンデをして「強敵」と言わしめる存在感、チャンピオンに切り札を繰り出させるトレーナーとしての実力、勝負の環境を利用する強かさも描き出され、その戦いぶりで観衆と共に多くの視聴者を魅了した。


ダブルバトル

「尻尾巻いて逃げたのかと思ったぜ」という台詞も、初代におけるワタルの「それとも いまから シッポ まいて かえるかい!」へのオマージュではないかという見方がある。


MV『GOTCHA!

終盤のガラルジムリーダー総出演のシーンで登場。

恒例の威嚇ポーズをドアップで披露してくれる。

しかもそれだけではなく、カメラが離れていく際に笑顔で優しく手を振ってくれるサービスっぷり。

登場シーンはきわめて短いながら、彼の人となりがきちんと表現されている。


ポケットモンスターSPECIAL

第15章(ソード・シールド編)に登場。ジムチャレンジ8番目・ナックルシティのジムリーダー。


ダンデとは自他共に認めるライバル関係。ファンサービス濃厚で、上半身裸のベッドの寝起き姿を写真集に載せたりしている。チャンピオンに匹敵する実力の持ち主で、創人達5人のジムチャレンジャーに注目している。ゲームと比較するとややドライな性格で、情報収集に余念がなく、いずれ自分と戦うことになると見込んだトレーナーに関しては、トレーナーの生業からポケモンのニックネームに至るまで調べて分析するようにしている。


「宝物庫」の調査でナックルシティに来た創人を出迎え、情報集めと見栄えする写真を撮るためバトルをした後に宝物庫に案内した。そしてソニアとも意見を交換するうちに、創人が1年前に出会ったという謎のポケモンの話を聞いて、その2体が建国神話の災厄に関係している可能性に気づき、他の地方で起きたような大事件がガラルでも起こらないとは限らないと考え、ローズが「ねがいぼし」を使って自分自身のために災厄を起こそうとしているのではないかと疑念を持つ。


ナックルスタジアムの地下エネルギープラントから爆発音が起きた際、ダンデに住民の避難を任せて施設に忍び込むが、先に入っていたローズとオリーヴに見通されていて、1000年後のエネルギー枯渇対策でねがいぼしを使った実験に失敗したと言われる。その場では引き下がったが全て本当の事を言っていたとは信じておらず、ネズと接触すべきかと考える。だが、信用されていない事はローズにも勘付かれていた。その際、ローズには『横紙破り』と称される。


スパイクタウンに向かいネズと話していた時にアーマーガアタクシーが墜落し、乗っていたソニアの治療のためダンデにフライゴンを貸して自分はダンデのリザードンに乗り、ナックルシティに向かう。

ブラックナイトが起きた際、ナックルシティに来ていたソッド・シルディを追ってダンデとソニア、ルリナとエネルギープラントに入ろうとしたが点検口を塞がれていたために入れず、ローズタワーから来た創人達と合流、ビートがオリーヴに開けさせたことでプラントに入り、最上階でムゲンダイナと戦うが、本気になったムゲンダイナに弾き返されたことで毒に直接触れ、「こんらん」状態に陥る。


手持ちポケモンはサダイジャ、ヌメルゴン、フライゴン、ジュラルドン。


ポケモンカードゲームやろうぜ~っ!(ソード・シールド編)

キバナをモデルとした、牙凪砂(きば なぎさ)が登場する。

閉じ込められたキバにゃん

ニックネームは「キバにゃん」で、あだ名の通り髪型が猫耳のようで、高身長のキバナとは違い、かなり小柄(2頭身ほど)。自称・伊達の弟子で生意気な性格だが、泣き虫。伊達を慕っている主人公・伊吹ケンマからは伊達とのスキンシップぶりに羨ましがられ、ヤキモチを焼かれることも。


ポケットモンスター ~サトシとゴウの物語!~

アニポケのコミカライズ版。人物像はアニポケの新無印とほぼ同様。ポケモンWCSのマスターズエイトで、ダンデとバトルした。


ポケモンマスターズ

キバナさんが来る!!

CV:鳥海浩輔


2021年4月28日にフェス限定バディーズとして実装。

バディはジュラルドン。タイプははがね特殊アタッカー。

レアリティがEXになるとジュラルドンに合わせた灰白色+黒を基調としたカラーリングの衣装が追加される。

実装時にはタイムアタックイベント「王者に挑み続ける者」が開催された。

また、Twitterへの投稿企画として「キバナと撮ろうスクショ投稿キャンペーン」が実施。

彼の自撮り風フレームが配布されるだけでなく、抽選で当たるプレゼントもイベントで獲得できるエンブレムデザインのオリジナルスマホリングというなかなか手の込んだキャンペーンとなっている。


ジムリーダーがフェス限定となることや自身の専門タイプ以外のタイプで実装されるのは、マジコスや季節限定等の衣装違いを除けば初。


CVは『薄明の翼』からの続投。鳥海氏は既に同作のタケシのCVも務めており、バディーズ間での兼役は初となる。



余談

ゲームが発売されてから主に女性層の間で人気を博し、twitterやSNSでも大きく盛り上がる。

この現象は各ネットニュースにも取り上げられる程になり、ついには「キバナの女」というキバナファンの女性を指すネットスラングまで生み出すに至っている。

ここpixivでも女性の検索ランキングでは11月22日以降、何度も1位を獲得。運営はこれを受けてpixivisionでファンアートを特集した記事を掲載している。掲載記事

顔面600族も併せて参照。




関連イラスト

********

ポケモン剣盾ログキバナさん・・・

いちばん よわい ドラゴンポケモンキバナ:Twilog


関連タグ

ポケモン剣盾 ジムリーダー(ガラル) ナックルシティ

ドラゴンタイプ ジュラルドン


キバゴ:一文字違いのドラゴンタイプのポケモン。


他のドラゴンタイプの使い手

ワタル イブキ(トレーナー) ゲンジ(トレーナー) シャガ アイリス(ポケモン) ドラセナ(トレーナー) リュウキ(トレーナー) ハッサク(トレーナー) カキツバタ(トレーナー)


他のダブルバトルのジムリーダー

フウとラン ライム(トレーナー)

関連記事

親記事

ジムリーダー(ガラル) じむりーだーがらる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 256648019

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました